大学概要

University Report

平成30年10月25日

自然・環境科学研究所天文科学センターが宇宙NOW 2018年10月号を発行

天文科学センターは、兵庫県の西の端、佐用町にある西はりま天文台で、教育研究活動と生涯学習活動を行っています。天文台には、日本最大級の望遠鏡「なゆた望遠鏡」があり、この望遠鏡を使い、天文台のロッジに宿泊される方などを対象にした観望会を、毎晩夜7時半から9時まで行っています。一般の方が覗くことができる望遠鏡としては、「なゆた望遠鏡」は世界最大級の大きさです。

さて、このたび天文科学センターでは、マンスリーレポート宇宙NOW 2018年10月号を発行しました。宇宙NOWは今回で343号となります。

今号では、大島誠人天文科学専門員による西はりま天文台エッセイ「ロングテイルの彼方に」のほか、おもしろ天文学のページでは「天高く、しかし、灼熱の惑星」と題し、伊藤洋一センター長が、ちょっと「コア」な天文学を楽しく紹介しています。

さらに、注目の話題を解説したAstro FOCUSやfrom西はりま、スタッフ活動日記など、盛りだくさんな内容となっています。皆様もこのレポートをお読みいただき、ぜひ、西はりま天文台に足をお運びください。

   
ページ先頭へ戻る