大学概要

University Report

平成30年10月30日

みなと銀行との連携講座「地域企業の戦略と経営」第4回目を実施

神戸商科キャンパスの経営学部等の学生を対象に、県内企業の経営者等から自社の戦略と経営を講義いただく連携講座「地域企業の戦略と経営」の第4回目が、平成30年10月26日(金曜日)に行われました。

今回は、淡路市に本社を置く撹拌(かくはん)機メーカー、プライミクス㈱の古市尚代表取締役社長にお越しいただき、「プライミクスのブランド戦略~夢をもつこと~」と題し、ご講義いただきました。

化粧品や食品の製造になくてはならない撹拌機の専門メーカーとして、業界トップクラスのシェアを誇るプライミクス㈱は、1927年(昭和2年)の創業以来88年間、大阪市福島区に本社及び主幹工場を置いておられましたが、2015年(平成27年)に本社機能、国内製造拠点、研究所機能を淡路市の夢舞台に集約されました。

講義では、300年先を見据えた職住共存の次世代ワーク・ライフ・スタイルの実現を目指した本社移転プロジェクトのほか、Work Hard、Play Hard、Eat Well、Live Wellをコンセプトに、社員が楽しく生き生きと生活することで、お客様からベストパートナーとして認めていただけることを目指したブランド戦略など、夢を持つことの大切さを熱く語っていただきました。学生たちも、熱心にメモをとりながら、講義を受講していました。

古市社長、ありがとうございました。

   
ページ先頭へ戻る