大学概要

University Report

平成31年2月6日

科学技術振興機構(JST)・大阪府立大学・大阪市立大学と合同でスマートテクノロジー新技術説明会を開催

平成31年1月24日(木曜日)、東京市ヶ谷にある科学技術振興機構東京本部別館ホールにおいて、科学技術振興機構及び大阪府立大学、大阪市立大学と合同でスマートテクノロジー新技術説明を開催しました。

当日は、本学の物質理学研究科安川智之教授によるバイオ分野研究の「アプタマー修飾粒子の誘導泳動に基づく分離操作不要な簡易センサの開発」からスタートしました。その後、大阪市立大学、大阪府立大学のプレゼンテーションを順次はさみながら、午後からは、本学工学研究科佐藤邦弘特任教授による「ホログラフィック技術を用いた大面積ナノレベル平面度・形状・粗さ測定装置」、工学研究科飯村健次准教授による材料分野研究の「ケイ酸ガラス系繊維の簡易合成法とその応用」のプレゼンテーションを行いました。

会場には、企業関係者のみなさまを中心とした187名もの方にご参加いただき、研究者発表後は、研究者や研究者を支えるコーディネーターとの名刺交換や数組の個別相談を経て、午後4時頃に終了しました。

   
ページ先頭へ戻る