大学案内 Outline

新聞記事 2017年8月

8月31日(木) 新聞 神戸新聞(朝刊3面)
▶公立大学法人化した本学の取組を評価する「兵庫県公立大学法人評価委員会」の石川委員長が、井戸敏三知事に評価報告書を手渡したことが取り上げられました
担当 ―
8月31日(木) 新聞 神戸新聞(朝刊10面)
▶本学の西岡正教授のゼミ生が企業を訪問し、仕事内容や強みなどをインタビューする企画に参加した本学3年生の上田駿さんの活動が取り上げられました
担当 ―
8月31日(木) 新聞 毎日新聞(朝刊25面)連載
▶県立大西はりま天文台の連載記事に、加藤則行専門員が、6個の恒星が互いをまわり合う多重連星「さそり座β星」について執筆しました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台) 加藤則行天文科学専門員
8月31日(木) 新聞 毎日新聞(播磨・姫路版)
▶環境人間キャンパスで開催された、相生市野瀬地区の名産である「野瀬のかんぴょう」作りを伝える「かんぴょうむき講習会」について取り上げられました
担当 環境人間キャンパス
8月30日(水) 新聞 読売新聞(淡路版)
▶9月3日に南あわじ市内で開催される、南海トラフ巨大地震による津波に備える防災イベント「福良うずまるフェスタ」と「津波防災フォーラム」で、本学の学生が県立舞子高校の生徒と防災劇を行うことが取り上げられました
担当 ―
8月29日(火) 新聞 神戸新聞(淡路版)
▶9月3日に南あわじ市内で開催される、南海トラフ巨大地震による津波に備える防災イベント「福良うずまるフェスタ」と「津波防災フォーラム」で、本学の学生が県立舞子高校の生徒と防災劇を行うことが取り上げられました
担当 ―
8月29日(火) 新聞 毎日新聞(朝刊12面)
▶本学がふるさと納税を活用し、ボランティア活動やグローバル化、地域創生への取組等を行っていることが取り上げられました
担当 法人本部 総務人事課
8月29日(火) 新聞 神戸新聞NEXT
▶8月28日に丹波市内で開催された、環境人間学部の学生13名と、丹波豪雨で被災した市島町下鴨阪地区の住民が村おこし等について意見交換を行ったワークショップについて取り上げられました
担当 環境人間学部
8月28日(月) 新聞 日刊工業新聞(28面)
▶本学とダイセルが、互いの知見と人材の活用を図り、連携協力の推進に関する協定を締結したことについて取り上げられました
担当 法人本部 産学連携・研究支援課
8月28日(月) 新聞 毎日新聞(朝刊26面)
▶成人に比べ中学生はインターネットでの告白に対し肯定的であるという調査を、本学の竹内和雄准教授らが行ったことが取り上げられました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
8月28日(月) 新聞 神戸新聞(朝刊23面)
▶8月27日に神戸市内で開催された、本学の竹内和雄准教授がコーディネーターとして参画し、中学生と神戸市長等がスマートフォンの利用方法を話し合ったフォーラムについて取り上げられました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
8月27日(日) 新聞 神戸新聞(朝刊28面)
▶8月26日に神戸防災キャンパスで開催された、防災教育について全国の教職員が議論する「防災学習実践研究会」について取り上げられました
担当 減災復興政策研究科
8月26日(土) 新聞 神戸新聞(朝刊8面)、日経新聞(朝刊39面)
▶本学とダイセルが、互いの知見と人材の活用を図り、連携協力の推進に関する協定を締結したことについて取り上げられました
担当 法人本部 産学連携・研究支援課
8月25日(金) 新聞 京都新聞
▶中高生が小遣い稼ぎで児童ポルノ画像を動画共有アプリに投稿していることについて、本学の竹内和雄准教授のコメントが掲載されました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
8月22日(火) 新聞 毎日新聞(朝刊28面)
▶兵庫県立舞子高等学校環境防災科の初代科長を務めた、本学の諏訪清二特任教授の防災教育の普及活動が取り上げられました
担当 減災復興政策研究科 諏訪清二特任教授
8月22日(火) 新聞 読売新聞(朝刊31面)
▶女子高校生を違法に働かせるJKビジネスについて大阪府が高校生に意識調査を行い、調査を分析した本学の竹内和雄准教授のコメントが掲載されました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
8月21日(月) 新聞 神戸新聞(朝刊19面)
▶神戸空襲の語り部から話を聞いた、本学3年生の大谷翠さんのコメントが掲載されました
担当 ―
8月20日(日) 新聞 産経新聞(朝刊18面)
▶国内で見つかったヒアリの鑑定や分析を行っている、本学の橋本佳明准教授のインタビューが掲載されました
担当 担当 自然・環境科学研究所(人と自然の博物館) 橋本佳明准教授
8月19日(土) 新聞 神戸新聞(朝刊8面)
▶本学の上瀬昭司准教授のゼミ生が企業を訪問し、仕事内容や強みなどをインタビューする企画に参加した本学3年生の小谷綾里さんの活動が取り上げられました
担当 ―
8月17日(木) 新聞 毎日新聞(播磨・姫路版)
▶9月16日に姫路環境人間キャンパスで開催する公開講座「城のあるまちとツーリズム」が取り上げられ、講師を務める本学の石倉和佳教授のコメントが掲載されました
担当 環境人間学部 石倉和佳教授
8月15日(火) 新聞 神戸新聞(朝刊17面)
▶8月11、12日にアサダスタジアムで開催された「明石市夏季陸上競技記録会」において、男子一般・高校・中学200メートルで本学の宮下大河さんが1位となり、記録が掲載されました
担当 ―
8月14日(月) 新聞 読売新聞(朝刊19面)
▶8月9日に神戸市内で開催された、県内の団体による九州豪雨のボランティア活動の報告・情報交換会で、参加した本学の室﨑益輝教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
8月14日(月) 新聞 神戸新聞(朝刊18面)
▶県立大西はりま天文台等の兵庫県内の天文関連施設が連携し、「星空案内人」を育成する「はりま宇宙講座」を開催することが取り上げられました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台)
8月12日(土) 新聞 神戸新聞NEXT
▶8月12日に県立大西はりま天文台で開催された、ペルセウス座流星群の観望イベント「スターダスト2017」が取り上げられました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台)
8月11日(金) 新聞 毎日新聞(朝刊4面)
▶PwCあらた監査法人が、東芝の2017年3月期有価証券報告書に限定付き適正意見を出したことについて、本学の林昌彦教授のコメントが掲載されました
担当 会計研究科 林昌彦教授
8月11日(金) 新聞 神戸新聞(朝刊3面)
▶9月6日に神戸市内で開催される、防災をテーマにしたセミナーで、本学の冨永良喜教授が「減災の心理学と復興の心のケア」と題して講演することが取り上げられました
担当 減災復興政策研究科 冨永良喜教授
8月11日(金) 新聞 神戸新聞(朝刊3面)
▶8月9日に神戸市内で開催された、県内の団体による九州豪雨のボランティア活動の報告・情報交換会で、参加した本学の室﨑益輝教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
8月11日(金) 新聞 神戸新聞NEXT
▶8月11日に三木市内で開催されたミツバチの観察会で、本学の大谷剛名誉教授が講師を務めたことが取り上げられました
担当 自然・環境科学研究所(人と自然の博物館) 大谷剛名誉教授
8月10日(木) 新聞 神戸新聞(朝刊21面)
▶8月24日から宝塚市内で開催される「ソーシャルビジネス」を学ぶ講座で、本学の西井進剛教授が講師を務めることが取り上げられました
担当 経営学部 西井進剛教授
8月9日(水) 新聞 産経ニュース
▶本学の平田富士男教授が、宮城県石巻市で採取した樹木の種を育成し、震災復興のシンボルとなる「石巻南浜津波復興祈念公園」に植樹する活動が取り上げられ、コメントが掲載されました
担当 緑環境景観マネジメント研究科 平田富士男教授
8月8日(火) 新聞 日本海新聞(25面)
▶本学の松原典孝講師が香美町村岡区板仕野の住民と共に、「日本の秘境百選」に選ばれた瀞川渓谷の散策マップを作成していることが取り上げられました
担当 地域資源マネジメント研究科 松原典孝講師
8月8日(火) 新聞 山陽新聞digital
▶8月8日に岡山市で開催された「OKAYAMAスマホサミット2017」で、パネルディスカッションの司会を務めた本学の竹内和雄准教授のコメントが掲載されました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
8月5日(土) 新聞 神戸新聞(朝刊3面)
▶経済学部と経営学部の再編方針について取り上げられました
担当 経済学部、経営学部
8月4日(金) 新聞 産経ニュース
▶本学の澤田佳宏准教授が、ミニガイド「瀬戸内海の海浜植物」を刊行したことが取り上げられました
担当 緑環境景観マネジメント研究科 澤田佳宏准教授
8月4日(金) 新聞 神戸新聞(朝刊22面)
▶8月3日に明石看護キャンパスで開催された、子ども向け公開講座「からだのふしぎ体験」が取り上げられました
担当 看護学部

ピックアップコンテンツ

 
   
ページ先頭へ戻る