研究シーズ・産学連携

共同研究・受託研究の手順について

申請フロー

  • ※1 共同・受託研究の実施に必要な直接経費と間接経費が必要です。(具体的な額は担当教員及び学部事務と相談の上、決定することとし、原則として研究開始日までに納付していただきます。)
  • ※2 大学に共同研究員を派遣して行う共同研究の場合は、上記直接経費とは別に、研究員一人当たり432,000円/年(26年4月現在)の研究料納付が必要です。
  • ※3 教員の知的財産権の持分が県に承継された場合の取扱いについては、以下のとおりです。
    • 共同研究の場合は、原則として、貢献度に応じて大学と民間企業等が持分を共有。
    • 受託研究の場合は、原則として、大学に帰属。ただし、特許権又は実用新案権の一部譲渡を認める場合もあります。
    教員の知的財産権の持分が県に承継されなかった場合の取扱いについては、教員と個別に協議いただき、決定していただくこととなります。

ピックアップコンテンツ

ページ先頭へ戻る