研究シーズ・産学連携

受託研究・共同研究・寄附金

兵庫県立大学には、以下の産学連携に関する制度があります。ニーズに応じた研究方法、最適な研究体制等、積極的に、柔軟に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

区分 内容 取扱方法
共同研究 企業等から研究者や研究経費等を受け入れて、大学教員と企業等の研究者が対等の立場で共通の課題について研究を行います。
  • ○大学と共同研究企業等の双方にとって有意義と認められる場合に実施することができます。
  • ○共同研究を希望される方は、共同研究申請書を作成の上、依頼しようとする教員を通じて手続きをとってください。
  • ○研究料
    • ①共同研究遂行のため必要となる研究経費
    • ②共同研究員受入経費(共同研究のため民間企業等から派遣される研究員を受入れる際の経費)
      共同研究員1人あたり432,000円/年(26年4月現在)※研究員を本学に派遣しない場合は不要です。
  • ○研究成果は原則として大学と共同研究企業等との共有とし、その貢献度に応じた持分割合とします。
受託研究 企業等から研究費を受け入れ、委託された課題について研究を行います。
  • ○大学の教育研究上有意義である場合に実施することができます。
  • ○受託研究を希望される方は、研究等委託願を作成の上委託しようとする教員を通じて手続きをとってください。
  • ○研究成果は大学への帰属を原則とします。
寄附金 本学における教育及び学術研究への助成を目的とした寄附金をお受けしています。
  • ○大学の教育研究に支障を及ぼさないと認められる場合にお受けしています。
  • ○寄附を希望される方は、寄附申込書を作成の上、寄附しようとする教員を通じて手続きをとってください。
  • ○寄附金をもとに生み出された研究成果は大学へ帰属します。
寄附講座・
寄附研究分野
企業等からの奨学を目的とする寄附金により、寄附講座又は寄附研究分野を設置することができます。 <寄附講座>
講座において行われる教育研究に相当するものを実施するもので、民間等からの寄付金により、当該寄附講座の教育研究の実施に伴う諸経費を賄うものをいいます。
<寄附研究分野>
研究分野において行われる研究に相当するものを実施するもので、民間等からの寄付金により、当該寄附研究の実施に伴う諸経費を賄うものをいいます。
  • ○寄附講座等の寄附をしようとする方は、寄附申込書を提出してください。
  • ○寄附講座等には、寄附者が明らかになる名称を付加することもできます。
技術相談 技術相談事項について対応するとともに、必要に応じて関連する専門分野の教員を紹介します。
  • ○センターに来所又は電話等でご相談ください。センターのコーディネーターが対応いたします。
研修員制度 企業等から派遣された研究員を、指導・援助する研修員制度があります。
  • ○研修料(26年4月現在)
    実験がある場合:36,300円/月額
    実験がない場合:18,100円/月額
研究機器・
装置の活用
共同研究を実施する過程において、本学の機器・装置を活用することができます。


カテゴリーメニュー

ページ先頭へ戻る