研究シーズ・産学連携

知的財産本部の目的・事業内容

目  的

大学で創出される知的財産を組織として適切に管理・活用し、技術移転等による社会・産業界への貢献に寄与することを目的として、「知的財産本部」を設置しています。
また、共同研究等の受け入れに際し、知的財産に関して教員に適切な助言をするとともに、企業等との円滑な契約締結を目指して支援しています。

業務内容

  • 知的財産に係る基本的な方針の企画及び立案
  • 知的財産の創出、保護、管理及び活用
  • 知的財産に係る財産管理
  • 知的財産をシーズとする共同研究、受託研究の企画及び推進
  • 知的財産の管理及び活用におけるTLO等外部機関との連携
  • 知的財産を経営資源とする大学発ベンチャーの創出及び支援

本学教員が発明を行った場合の事務の流れ

大学教員が発明を行った場合は知的財産本部へ発明届を提出することになっており、当該発明に係る権利の取扱いは、職務発明審査会での審査に基づき決定されます。(下図参照)。 連絡先はこちら(知的財産コーディネーター若しくは大学本部産学連携・研究支援課)まで

ピックアップコンテンツ

ページ先頭へ戻る