公立大学法人 兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科

文字サイズ

 

第1回 地域資源マネジメント教室 テーマ「自然災害と地域資源マネジメント」(受講者募集)

(ちらし)2017年7月16日,8月20日開催,地域資源マネジメント教室

このたび当研究科は、持続可能で心豊かな地域づくりに資する「地域資源マネジメント教室」を新たに開講いたします。本研究科が蓄積してきた人と自然の関係論にもとづく地域づくりの方法論の講義と演習を組み合わせた学びの場です。地域課題の解決に必要な科学の知識と実践の技法を習得されたい方ならどなたでも受講していただけます。第1回のテーマは「自然災害と地域資源マネジメント」。水害や土砂災害など自然災害が起きるメカニズムの理解と、災害時の避難に役立つ防災マップ作成の方法論を習得することを目的とします。

1.日時と概要
■第1講:2017年7月16日(日)13:00~16:30
場所:兵庫県立大学豊岡ジオ・コウノトリキャンパス(豊岡市祥雲寺128)
1)講義(13:00~14:30)
・「氾濫と河川生物」:わが国で失われてきた氾濫原と河川生物の適応
講師:佐川志朗(兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科教授)
・「豊岡盆地の地質特性と災害」:豊岡周辺で起こる自然災害から地形地質の特徴を考える。
講師:松原典孝(兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科講師)
2)フィールドワーク(14:30~16:30)
「豊岡市赤石、玄武洞、豊岡市田結をバスで移動しながら、豊岡の地形地質の特徴と人の暮らしの関係性、および地域資源の価値を考える」

■第2講:2017年8月20日(日)10:00~15:30
場所:じばさんTAJIMA 第1交流センター(豊岡市大磯町1-79)
講義・演習(10:00~11:00)
「災害図上訓練(DIG)」:地域の災害特性とその対応策について考える。
講師:菊池義浩(兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科講師)
フィールドワーク(11:00~12:30)
「防災まち歩き」:災害発生時の危険個所および避難場所・避難経路の点検(じばさんTAJIMAの周辺地域を予定)
休憩(12:30~13:30)
演習(13:30~14:30)
「防災マップ作成」:地域防災の取組方法を学習し、地域資源への理解を深める。
成果発表(14:30~15:30) 修了証をお渡しいたします

2.募集人数
先着順で20名(第1講・第2講とも受講できる方)

3.参加費:無料(ただし、第2講日の昼食は各自でご用意ください)

4.申込締切 7月12日(水)

5.申込み方法
タイトルを「地域資源マネジメント教室参加」とし、次の事項を記入した電子メール(rrm@ofc.u-hyogo.ac.jp,@を半角に)または、FAX(0796-22-5200)にてお申し込みください。
記入事項:氏名、住所、電話番号、E-Mail

6.申込み先・問合せ先
兵庫県立大学豊岡ジオ・コウノトリキャンパス経営部学務課