研究科紹介

修士課程 育成する人材像

修士課程 育成する人材像

地域に内在する「自然・社会・文化のつながりと関係性」を科学的に解明し、構造的に理解・認識する能力、つまり「人と自然に関する高度な教養」を身につけた上で、住民との連携・協働のもと、成果を地域に還元することのできる人材。

 1)修了者が身につける能力・素養

○地域資源を理解する基盤的な素養 (自然、社会、文化についての深い教養)

○マネジメントを実践するスキル  (課題発見・解決の能力/社会還元のためのコミュニケーション力)

○地域資源マネジメントの高度な理論と方法論

○新たな分野を切り開く論理性と独創性

 

2)修了者が貢献する分野

○地形地質多様性と生物多様性の活用を通した保全と再生

○「健全な生態系」の再生・創出

○社会的課題の整理、新たな魅力の発掘、地域の問題発見と課題解決

○地域資源を利用した「良き人のつながり」の再生

○ジオ・エコツーリズムの開発などの実践

○地域資源を元にした産業振興

○総合として「心豊かな共同体としての持続可能な地域社会」の実現