公立大学法人兵庫県立大学 環境人間学部/大学院環境人間学研究科

学部長・研究科長挨拶

学部長挨拶

 21世紀を担う人材の育成をめざして、環境と人間の関わりを追求しています。
 環境人間学部の教育・研究は広い範囲にわたっています。
旧来の専門領域では解決しにくい課題をさまざまな視点で捉え直し、複合的に探究していきます。
そこにはそれぞれの専門領域の協力と共同があり、そこから環境と人間の関わりが追求されます。
人間と人間、モノと人間、自然と人間、これらの関わりをさらに融合する諸学問を学び、さまざまな課題解決の糸口を探っていくことに環境人間学の意義があるのです。環境人間学部は自然・地域・社会・生活・文化などを対象として、協調・共生・共感のための理論と実践を追求しています。
 環境人間学部の学生は、1年次に姫路書写キャンパスで教養的知識やグローバルコミュニケーションを学び、2年次以降は樹木の緑に囲まれた姫路新在家キャンパスで専門的知識や実践を学びます。3年次からはより深い専門領域を学ぶための少人数の専門ゼミに所属して卒業研究へ進みます。
 環境人間学部は、学生と教員とが和やかな関係を築きながら、懇切丁寧な教育と深い研究に取り組むことができるきめ細やかな体制を整え、21世紀を担う人材の育成をめざしています。
未来を切り拓く熱意のある学生諸君に期待しています。

研究科長挨拶

 本研究科は、「人間学」を基軸としながら、科学・生活・社会構築などの環境創造に関わる「技術学」と、環境に関する「政策学」を考究しています。・・・つまり「環境人間学」というキャンバスに向かって、「技術学」といういろいろな筆を持ち、「政策学」というカラフルな絵具を着けて、「人と自然」という未来の絵模様を描いていく・・・そんな夢のある研究科です。
 本研究科は、社会ニーズに応える高度の専門知識と問題発見能力を持ち、環境創造を担い、かつ環境に関する諸問題を体系的・総合的に分析・解明できる専門職業人の養成を目指しています。環境人間学の深化・高度化、高度専門教育、地域課題連携、社会人再教育、生涯研究、国際協力などの課題を設定し、異なる分野の教員や学生が協力してこれらの課題の解決と発展に取り組んでいます。
 本研究科は、環境と人間に関わる研究を行っている日本で唯一の独創的・先駆的な研究科です。Objective(目標)とOriginality(独創性)を持って、Only one(研究のスリーオー)の絵模様を描き、夢のある環境人間学研究を世界に発信してみませんか。