2017年度以前学部学生用サイト
公立大学法人兵庫県立大学 環境人間学部/大学院環境人間学研究科

教員紹介

学部:食環境栄養課程

〇:研究指導教員 △:研究指導補助教員

教員氏名 職階 研究内容 卒業
研究
指導
大学院環境人間学研究科
修士課程
指導
博士課程
指導
有満秀幸 准教授 1. 食中毒細菌の病原因子に関する基礎研究、2. 食品中微生物の迅速検出法の開発、3. 食品を利用した感染症の制御法の開発
石坂朱里 助教 機能性食品成分の生体内動態と活性発現メカニズムに関する研究
伊藤美紀子 教授 カルシウム・リン代謝調節機構の解明
加藤陽二 教授 老化や様々な疾病に関連する活性酸素による生体成分の傷害機構の解明と食品成分によるその抑制 (予防) 、食品成分による認証に関する研究を行っている。
木村幸子 准教授 環境や食品中の変異原物質および発癌物質について、主に微生物を用いた試験によって作用機序の解明と防御に関する研究を行っている。
坂上元祥 教授 近年増加が著しい糖尿病と肥満について遺伝的要因と環境的要因の両面から解析している。手法として分子生物学的・細胞生物学的をおもに用いている。本学では日本やアジア地域の医療システムや衛生についても研究をすすめ、その方面で の活動を目指す方々の力となりたい。
坂本 薫 教授 調理・食品加工における味・テクスチャー向上に関する研究
澤村弘美 助教 栄養素のうち、特に微量栄養素に関して、摂取から体内の代謝過程を分子レベルで解明する分子栄養学的研究
田中更沙 助教 脂質代謝と微量栄養素の相互関係に関する研究
永井成美 教授 実験室での栄養生理学実験やフィールド(病院、学校、途上国など)での調査や実践的研究を行い、妊娠期(胎児期)・小児期・若い女性・高齢者などの、さまざまなライフステージにおける栄養課題の解決をめざしています。
中出麻紀子 准教授 大学生における朝食欠食の現状とその関連要因について、および肥満と食行動との関連について研究を行っている。
村上 明 教授 ストレス応答に着目した食品機能性成分の作用機構解析
森井沙衣子 助手 基礎代謝に関する研究
吉村美紀 教授 人にやさしい食品を目指し、咀嚼・嚥下や嗜好、健康に及ぼすテクスチャー (物性) を食品加工面から研究を行っている。