2017年度以前学部学生用サイト
公立大学法人兵庫県立大学 環境人間学部/大学院環境人間学研究科

教員紹介

自然・環境科学研究所

〇:研究指導教員 △:研究指導補助教員

教員氏名 職階 研究内容 大学院環境人間学研究科
修士課程
指導
博士課程
指導
赤澤宏樹 教授 緑環境や暮らしの表出を中心とした景観づくり,公園を中心としたまちづくりを通して,人と自然が共生する環境創出を実践・研究する
秋山弘之 准教授 花をつけない陸上植物の代表であるコケ植物ならびに大型菌類を対象として,野外で種多様性を深く認識する手法等について実践的な演習を行う.
石田弘明 教授 森林群落、特に人間との関わりの深い照葉樹林、ブナ林、里山林の生物多様性とその保全・再生にする研究
太田英利 教授 脊椎動物、なかでも爬虫類や両生類を対象に、その進化、種分化の過程やその結果としての現在の多様性の把握や保全、こうした多様性を反映するための分類体系の構築などについて研究する。
栗山武夫 講師 野生動物の保護管理を行うための基盤となる生息状況や農業・生活・生態系被害状況のモニタリングやその手法開発を行っています。得られたデータと周辺の環境状況などを地理情報システムで統合し、統計解析することで、より効果的な保護管理を目指しています。
黒田有寿茂 講師 植物の生活形、生活史、成長と繁殖、植物群落の種組成、構造、遷移といった植物・植生に関わる生態的特性とその多様性ならびに成因について論じる
三枝春夫 准教授 兵庫県の下部白亜系篠山層群より産出する恐竜を中心とした脊椎動物化石を発掘・調査している。これら化石のうち、とくに丹波うち特に丹波市山南町より発掘された竜脚類恐竜を詳しく研究している。また、アジア、アフリカの新生代後期の地層から発見される長鼻類(ゾウの仲間)の化石を研究している。
佐藤裕司 教授 過去に学び、現在を知り、未来へ生かす自然史の視点から、陸・水圏の環境変遷と環境保全のあり方について演習する。
高木 俊 講師 野生動物の個体群動態に関する生態学的研究
高橋 晃 教授 植物分類学、形態学、植物地理学等の手法により、おもに野生植物の種多様性の認識方法について演習し、その貴重性評価や多様性保全方法を研究する
高橋鉄美 教授 タンガニイカ湖に生息するシクリッド科魚類の生態と分類、ティティカカ湖に生息するオレスティアス属魚類の系統と進化
橋本佳明 准教授 昆虫(とくに,アリ類やカリバチ類)を対象に,生物多様性の解析や記述,さらには多様性創出や維持機構の基盤となる種間相互作用や共進化などについての演習や研究を,里山や熱帯雨林などをフィールドに行う。
藤木大介 准教授 森林生態系管理に関する研究。特に、ニホンジカが森林生態系に及ぼしている影響の解明と森林生態系保全のための適切な管理のあり方についての研究。
三谷雅純 准教授 人と非ヒト霊長類を対象に行動や社会の多様性を研究する.生物学的なヒトと象徴性をそなえた人間という,「人」に認められる不可分なふたつの側面から,いわゆる「障がい」呼ばれる人間行動を基礎科学の立場から探る.あるいは非ヒト霊長類に見られる行動様式や発達過程,社会の多様性の進化史的側面を探る.
森光由樹 准教授 遺伝的多様性を把握するために必要な、サンプルの収集、DNA分析および解析、遺伝的多様性回復の方法など実践的な手法について研究する。
山内健生 准教授 節足動物を中心とした無脊椎動物の分類、系統、多様性などについて研究する。
山端直人 教授 被害対策や捕獲手法に関する実証的研究
横山真弓 准教授 野生動物の健全な個体群を維持し、人との軋轢を低減するための野生動物の保全と管理を実施するための基盤となるモニタリング手法について演習する。
和田年史 准教授 海洋生物(おもに頭足類・甲殻類・魚類等)を対象に、それらの多様性や生きざま(生活史や繁殖等)を調べて、沿岸生態系や自然環境の保全につなげる取り組みを探究する。