公立大学法人兵庫県立大学 環境人間学部/大学院環境人間学研究科

食環境栄養課程

食環境栄養課程

実験を通して食や疾病の真実に
近づいていくー加藤ゼミ

 食環境栄養課程には様々な研究室がありますが、ひとつの研究室あたり数名の学生と教員1名から構成されます。この研究室では主に蜂蜜やベリー、わさびに含まれる食品成分の機能性や、活性酸素と老化・疾病(生活習慣病や認知症等)の関連を調べる実験研究をしています。実験系の他にも調査研究を行う研究室も有り、研究室ごとに様々な行事が企画され、学外に出かけることもしばしばあります。

コース概要

学びのテーマ

 「食」は、人間の健やかな成長や穏やかな老化を迎えるためには極めて重要であり、一生にわたって私たちの暮らしや健康に影響を与え続けます。また、現代社会において、「食」を取り巻く環境は、文化・社会・自然環境からも影響を受けており、たとえば、近年、食生活の欧米化が進み、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病が急増しています。こうした社会状況を改善するため、本課程では「食と健康に関するプロフェッショナル」を育成することで「食」を通した社会的貢献を果たすことを目指しています。

身につくチカラ

 食と健康に関する多彩な実験・実習や最先端科学を反映した卒業研究を経験することで、基礎知識だけでなく優れた技能や実践力を伴った専門家としての基盤を築くことができます。また、本学部の特色である人間と環境の関係性についても学ぶことで、豊かな人間性も身につきます。

ともに歩む教員陣教員ページ

有満秀幸 准教授
石坂朱里 助教
伊藤美紀子 教授
榎原周平 助教
加藤陽二 教授
木村幸子 准教授
坂上元祥 教授
坂本 薫 教授
澤村弘美 助教

田中更沙 助教
永井成美 教授
村上 明 教授
森井沙衣子 助手
吉村美紀 教授

カリキュラム

 1~2年次では、教養科目、英語や情報関連科目とともに、食品学、基礎栄基学に始まる栄養基礎科目群の講義と実験実習を受講し、基礎を身につけます。2~3年次には、解剖生理学に始まる臨床系科目、衛生に関する科目などとともに、管理栄養士の仕事に直結する臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論、栄養教育論とその実習、および病院や保健所などでの臨地実習を通して管理栄養士としての専門的実践能力を身につけます。4年次では、研究室での卒業研究が主ですが、インターンシップ(病院等)も選択できます。

※2015(H27)年入学生用のカリキュラムに基づいて作成したものであり、今後変更することがあります。
※履修登録は、必ず「履修の手引き」を参照して行ってください。

カリキュラム

進路・就職

 医療施設(病院・老健施設・クリニック等)、福祉施設(老人ホーム、保育所等)、行政機関(都道府県庁や保健所、保健センター)、食品関連企業、製薬会社、給食施設、教育・研究機関(栄養系の大学など)、研究所(国、企業)などでの活躍が期待されます。卒業後は栄養士の免許と管理栄養士国家試験受験資格が取得可能で、栄養教諭への道も開かれています。

進路・就職
学生 x 教員 ツーショット Two shot

#02

学生
廣松千愛さん
3年生
明光学園高等学校出身
教員
永井成美 教授
廣松さん x 永井成美 教授

Q1 この分野に進んだきっかけ、決め手は何ですか?

廣 松

中学から大学までの部活動でスポーツをしていた経験や、編入前に通っていた大学でスポーツ・健康科学について学んでいく中で、得意な料理を活かしてスポーツ選手を栄養面でサポートする仕事がしたい、と思ったことがきっかけです。

永 井

行政の管理栄養士をしていましたが、もう少し勉強したい気持ちがあり大学院へ。仮説が実験で検証できた時の達成感や、図書館で百年以上も前の論文をめくった時の紙の匂いなど、研究生活で出会った全てが好きになり、一生の仕事にしようと決めました。

Q2 先生の(学生の)印象は?

廣 松

難しい内容でも丁寧にわかりやすく伝えてくださったり、ご自身の豊富な経験を踏まえてお話してくださったりするので、ゼミに入って興味の幅が広がりました。卒業後の進路も見据えてご指導いただいていますし、相談にも親身なって応じてくださいます。

永 井

目標がはっきりしており、それに向かって努力を怠らず常に前を見てまっすぐ進んでいる、という印象が初対面の時からありました。その姿勢が、同級生やゼミの仲間にも良い影響を与えており、頼もしく思っています。

Q3 ゼミでの学びで印象深かったことは?

廣 松

栄養と運動を関連付けて学習し、その内容をもとに高齢者の方々にミニセミナーを行ったことです。みなさんとても興味を持ってくださり、想像以上の反響で嬉しかったです。また、ゼミでは先生が最新情報も提供してくださるので、自己学習にも活用させていただいています。

永 井

研究室では、ゼミでの学習や発表、実験室での測定以外に、学外での研究にも力を入れています。様々な立場や年代の方が心を開いてくださる接しかた、伝わる説明のしかたなど、社会に出る前に研究力と実践力をバランスよく身に着けることを目指しています。

Q4 今、一番力を入れていることは?

廣 松

様々な大学のスポーツ栄養に興味がある仲間と一緒に勉強したり、実際にスポーツチームでの栄養サポートもしています。自分が根拠を理解していることが、相手に正しい知識をわかりやすく伝えることにつながるので、論文なども読んで情報を得るようにしています。

永 井

スポーツ栄養は管理栄養士の活躍の場が少なく、研究によるエビデンスの蓄積もこれからですが、今後伸びる分野として期待されています。廣松さんがこれからのスポーツ栄養を担う人材として活躍できるよう、しっかり卒業研究で鍛えて行きたいと思っています。

#01

学生
小原理加さん
2012年入学
愛知高等学校出身
教員
加藤陽二 教授
小原さん x 加藤陽二 教授

Q1 この分野に進んだきっかけ、決め手は何ですか?

小 原

小学校の家庭科の授業をきっかけに、食と健康に興味を抱き、管理栄養士という職業に憧れました。授業、実習以外にも研究活動や地域連携の体験学習ができるのが魅力的です。

加 藤

小さい頃から生き物の仕組みに興味があり、大学の卒業研究で実験のおもしろさに打たれ、この道に。でも、管理栄養士養成課程の教員になるとは予想していませんでした。

Q2 先生の(学生の)印象は?

小 原

初めてお会いした時から今でも、真面目で優しい先生です。悩みを相談しても学生目線で親身に受け止め、いつも前向きなアドバイスを頂けます。信頼出来る自慢の先生です!!

加 藤

いつも研究室をとても楽しく明るくしてくれます。また、自分なりの考え方を持ち、自主的に、主体性を持って動く能力があり、助かっています。

Q3 ゼミでの学びで印象深かったことは?

小 原

ゼミでは、研究技術はもちろん、論文の読み方など研究に必要な能力を基礎から学べます。また、先生や学生間はとても仲がよく、行事も盛りだくさんでメリハリがあります。

加 藤

大学では、様々なことを学ぶことが大切です。協調性を持ち、ラボ(ゼミ)で楽しく過ごすことも教育の一環と捉えて、たくさんのイベントを皆で楽しんでいます。

Q4 今、一番力を入れていることは?

小 原

研究は失敗することも多いですが、成功した時は達成感と喜びを感じます。私は、大学院に進学し、研究者を目指します。食と健康の研究の発展に貢献出来たら、と思います。

加 藤

管理栄養士の卵なので国家試験を目指して勉強することも大切ですが、大学の醍醐味は、やはり「卒業研究」。さらに、大学院に進学して研究を掘り下げることもおすすめです!