新着情報

平成25年10月17日

本学陸上競技部が第75回関西学生対校駅伝競走大会へ出場します!

10月5日(土)関西大学千里山グランドにおいて第75回関西学生対校駅伝大会の予選会が行われ、昨年大会のシード校(8校)を除いた21校が出場しました。
各校10名の選手が10,000mのタイムトライアルを行い、上位8名のタイムにて順位が決定することとなっており、本学は、村本一樹選手(理・2年)が出場選手(約200名)中、1位(タイム30分3秒07)となったことを始めとし、胸永拓也選手(工・4年)が、10位の選手と僅か0.36秒差31分24秒90で11位となるなど各選手が活躍の結果、 チーム成績で見事4位となり上位12校に与えられる本大会の出場権を獲得しました。本大会への出場は、兵庫県立大学としては、第73回大会以来、2年ぶり、2回目となります。
駅伝主将の長島俊泰選手(経営・3年)によると、「各人の活躍でいい成績が残せました。 本大会でも上位に食い込むチャンスはあるので、チーム一丸となって頑張っていきたい。個人的には、予選を怪我で出場できなかったので、本大会では必ず出場し、チームに貢献したい。」 と、力強いコメントがありました。
本大会は、丹後建国1300年記念事業 丹後大学駅伝として、11月24日(日)8時より、京都府京丹後市の浜公園をスタート地点として、京都府宮津市役所前をゴール地点とする81.2キロメートルのコースで開催されます。是非、頑張る選手及びサポートのメンバーに温かい声援をお願いします。

本大会出場に向け、士気あがる陸上競技部の選手たち

10月23日長島駅伝主将(中央右)を始めとする陸上競技部の選手たちは
清原理事長兼学長(中央左)に結果報告を行いました。
(右端は陸上競技部顧問の松村准教授、なお、撮影者はカメラが趣味の髙坂理事兼副学長です!)

予選会の結果等については、関西学生陸上競技連盟のホームページをご覧下さい。

ページ先頭へ戻る