新着情報

平成25年12月02日

本学教員ラジオ関西出演シリーズ第五回放送!

(大変ご好評いただいております?)本学教員ラジオ出演シリーズ第5回!

本学シミュレーション学研究科長であり、医療健康情報技術研究センター長の畑教授が11月12日(火)にラジオ関西の朝の情報番組「三上公也の情報アサイチ」(番組放送時間5:50~9:00)に生出演しました。

最先端の医療技術について説明する畑教授(右奥)

まずは、シミュレーション(予測)学でどんなことが予想できるのか(例えば山の植生や我々の体重、最近では肺がんの進行など)から話は始まり、医療健康情報技術研究センター長として、工学技術を医療機具の開発・改良に役立たせるため、医師と協力した研究(男性の不妊治療に役立つ診断システムの開発など)を行っている話、また、メインパーソナリティの三上さんよりテラヘルツ波についての質問があり、その概要や今後の活用見込み(空港等で不審物の発見に活用されるのではないか)についての話でも盛り上がりました。

最後に、パーソナリティの西條さんより「病気にならないための手筈が大切では?」との話に、現在とてもホットなトピックスであり、例えば、歩き方でどんな病気になりそうかを判断する研究が進んでいる等、「病気にさせない、ならせない」予防医学が一番大切、そこが最初の体重予測にもつながる話で日々のコントロールが重要、ただ、自身については、体重を毎日朝晩測っても痩せず、意志の問題かと思う、とスタジオを笑いに包む話で終了しました。
病気にならないための医療技術の発展に期待しましょう!

(番組ホームページ:11月12日の記事に放送の模様が載っています)

(シミュレーション学研究科ホームページ)

ページ先頭へ戻る