新着情報

平成29年2月2日

本学の寺西信一特任教授が日本人初となるエリザベス女王工学賞を受賞しました

2月1日、本学の寺西特任教授がエリザベス女王工学賞を受賞しました。
エリザベス女王工学賞はイギリスが工学分野でのノーベル賞を目指して2013年に創設され、2年に1度の割合で画期的な技術革新によって世界に恩恵をもたらした技術者を表彰しています。
3回目となる今回の受賞者に日本人では初となる本学の寺西特任教授他3名が受賞者に選ばれました。

寺西特任教授らはデジタルカメラに使用されているイメージセンサの開発に携わり、デジタル映像の画質の大幅な向上に貢献しました。結果、デジタルカメラやスマートフォンだけではなく、医療現場でのデジタル映像の活用につながったことが評価されました。

ページ先頭へ戻る