シミュレーション学研究科 シミュレーション学専攻 公式サイトへ

シミュレーション学研究科

教育理念

Simulation Studies「シミュレーション学」は、理論や実験と並ぶ方法論として、自然科学だけにとどまらず、社会の持続可能性や環境問題など現実の課題解決への応用が期待されています。

本研究科におけるシミュレーション学とは、自然科学から社会科学まで科学的な方法論としてシミュレーションを活用していくものです。

シミュレーション技術に加えて、問題発見から解決に至るまでの物語をつくりながら、一定の仮定やシナリオの下で、対象の本質と全体像を描くこと、それを専門でない人々に適切に伝えることができるような人材を育てます。

学部長メッセージ

シミュレーション学研究科長永野康行

本研究科は、スーパーコンピュータ「京」が神戸ポートアイランドに設置されたことを契機に隣接する立地において、独立した大学院として2011年4月に開設されました。

シミュレーションは、実験や理論という古典的な手法とならぶ第3の手法として大きな役割を担っています。スーパーコンピュータの性能向上に伴い、シミュレーションによって解決できる問題のサイズや領域が格段に大きくなってきています。また扱う問題の領域も、自然科学のみならず政策問題、産業、自然環境といった様々な分野へと広がりを見せています。

このシミュレーション学を習得し、自分自身の智恵と力で未知の分野を開拓していこうという意欲ある学生を求めています。

シミュレーション学研究科長 畑 豊

学生定員

シミュレーション学専攻

博士前期課程 40名(1学年20名)

博士後期課程 12名(1学年4名)

教育研究内容

教育研究内容

シミュレーション学研究科 シミュレーション学専攻

兵庫県立大学 シミュレーション学研究科 シミュレーション学専攻のさらに詳しい情報をお求めの方は、以下のボタンより公式サイトへアクセスしてください。

シミュレーション学研究科公式サイトはこちら
   
ページ先頭へ戻る