環境人間学部 school of human science and enviroment 公式サイトへ

環境人間学部

人口減少、経済格差、多文化共生、環境保全など、私たちは多くの課題に直面しています。これらの課題を克服し、真に豊かな暮らしを営める地域をいかに創造していくか。未来への挑戦が各地で広がっています。 環境人間学部では、人間と生活環境、社会・文化環境、自然環境といった多層的な環境とのかかわりを座学とフィールドワークを通して学んだうえで、4つの系、1つの課程に分かれて環境と人間の暮らしをデザインするための専門力を身につけるとともに、多様な関係者と話し合い、行動していくための高いレベルのコミュニケーション能力を育み、地域に貢献できる実践力のある人材を育成しています。

学部長メッセージ

21世紀を担う人間の育成をめざして

環境人間学部は、環境と人間の暮らしの関わりについて探究・行動できる、21世紀を担う人材の育成をめざしています。

本学部の教育・研究の目標は、今日の社会が抱える環境を巡る諸課題を個々の学問領域を超えた視点で捉え直し、その理論と実践を他者との協働の中で追求できる人材を育てることです。​

一方で、今日の日本は人口減少、経済のグローバル化、AI(人工知能)といった科学技術の進歩が引き起こす社会の急激な変化に直面しています。こうした社会の変化の中にあって、人間の暮らしを支える豊かな環境をデザインするという社会ニーズを踏まえ、学部教育を再構築することが必要となっています。このため、環境人間学部は2018年度(平成30年度)からは基盤教育の充実を図るとともに、学部の教育目的・育成する人材像に沿って専門教育プログラムを6コース・1課程から4系・1課程に再編しました。

環境人間学部は、学生と教員とが和やかな関係を築きながら、懇切丁寧な教育と深い研究に取り組むことができるきめ細やかな体制を整えて、未来を切り拓く熱意のある学生諸君の入学を待っています。​​

学部長 土川 忠浩​

環境人間 学びのポイント

  • 「人間」から未来を構想する

    未来の暮らしを構想するためには、人間についての深い理解が不可欠です。このために、専門教育の前に、人間と多層的な環境との関わりを座学とフィールドワークを通して学びます。

  • 「専門」で未来を創造する

    未来を具体的に創造していくためには専門性が必要です。本学部には文理にまたがる5つの専門分野があり、さらに、違う分野どうしで刺激し合える空間があります。

  • 「自分」から未来に近づいていく

    教員から一方的に教えてもらうのではなく、学生が自分自身で学びをデザインし、自分の未来を作り出す力を身につけるサポートシステムを設けています。

環境人間 学科のご紹介

■ 環境人間学科

多彩な教育プログラムを提供

環境人間学科は、人間学を基軸として学びながら、環境に関わる技術と方策に関する専門知識を身につけ、創造的能力を発揮できる人材の育成を目指しています。そのために、2年生から各自が選択した4系に分かれて専門的な教育を受けます。ただし、各系には人数制限があります。食環境栄養課程は独立した入学試験及び入学定員となっています。系・課程によって進路は様々ですが、大学院への進学により、より専門性を高める道もあります。

■環境人間学科:系・課程の教育目標と想定される進路

アクセスマップ

〒670-0092 姫路市新在家本町1丁目1-12

姫路環境人間キャンパス周辺地図

環境人間学部公式サイト

兵庫県立大学 環境人間学部のさらに詳しい情報をお求めの方は、以下のボタンより環境人間学部公式サイトへアクセスしてください。

環境人間学部公式サイトはこちら
   
ページ先頭へ戻る