地域連携・社会貢献

2019年度教員免許状更新講習

2019年度「教員免許状更新講習」を開講します

※本年度の募集は締め切りました。

教員免許更新制は、その時々で教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能を身につけることで、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目指すものです。本学は県内各地に整備された恵まれた教育環境のもと、各分野プロフェッショナルの講師陣による「2019年度教員免許状更新講習」を開設します。

2019年度受講対象者

今年度の受講対象者は下記文部科学省のホームページでご確認ください。

文部科学省 教員免許更新制

文部科学省 教員免許更新制〔解説〕 教員免許更新制のしくみ4.免許更新講習の対象者

文部科学省ホームページ教員免許更新制 終了確認期限をチェック

2019年度講習実施概要(選択領域)

各講習の時間割・担当講師・アクセス・講習当日の留意事項等は、「受講のご案内」に記載しています。下表の講習名をクリックしてご覧ください。

講習名〔領域〕 講習のポイント 対象者・対象職種 定員 開講日
〔選択領域〕
学校における防災教育の基礎
受講のご案内
児童・生徒に対する防災教育に関する基礎的知識の習得を目的とし、以下の内容について講義する。
  • 防災教育の目指す教育目標等について説明する
  • 防災教育に求められる視点について説明する
  • 災害メカニズムと避難行動:ハザードの種類に応じて求められる避難行動を分かりやすく説明する
  • 災害前後の心のケアと防災教育について説明する
  • 防災教育教材の体験:カードゲームなど、防災教育に役立つ教材について実際に体験する

対象者:幼稚園、小学校、中学校、高等学校又は特別支援学校の教諭

職種:教諭、養護教諭

80名

8月1日(木曜日)

〔選択領域〕
学校における地域教育の基礎
受講のご案内
幼児・児童・生徒に対する地域教育に関する基礎的知識の習得を目的とし、以下の内容について講義する。
  • 「地域資源」とは?:地域資源を生かした地域教育の目標、効果等について説明する
  • 地域資源の活用について
    (3つのプログラムに分かれる)
    • A.地域の自然資源活用-地質・地形資源と、その活用例
    • B.地域の自然資源活用-コウノトリの野生復帰と地域資源化
    • C.地域の社会・文化資源活用-歴史遺産
  • A、B、Cのプログラムごとに地域資源の活用の実習・演習を行なう
対象者:幼稚園・小学校・中学校・高等学校
職種:教諭
36名 8月2日(金曜日)
〔選択領域〕
データを活用した地域学習(基礎編)
受講のご案内
本講習では、統計データのグラフ表現手法の考え方や各グラフの長短を最初に講義形式で理解する。次いで、地方創生や政策立案や、学校教育でも利用されている「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」を中心に、客観的データの使い方を演習形式で学ぶ。また、実際に短時間のグループワークを行い、データを活用した教材づくりのあり方を考える。なお、本講習は、初級者向けに演習レベルを設定している。 対象者:社会科及び情報関係の教諭、地域学習に関心のある教諭
職種:教諭
20名 8月9日(金曜日)
〔選択領域〕
データを活用した地域学習(発展編)
受講のご案内
本講習では、地理情報システム(GIS)を活用した授業づくりの第一歩として、座学と演習からGISの可能性と課題を理解する。最初にGISの仕組みや学校教育とのつながりを説明し、その後、GIS(Arc GISかJstat MAPを予定)の操作方法の理解と、例題を解く形の演習に取り組む。なお、本講習は、日常的にPCを使い、オフィスソフトにも慣れている中級者向けに演習レベルを設定している。 対象者:社会科及び情報関係の教諭、地域学習に関心のある教諭
職種:教諭
20名 8月19日(月曜日)
〔選択領域〕
科学の最前線 2019
受講のご案内
  • (テーマ1)有機化合物は構造の多様性に富み、様々な機能性・物性を発現する。この講習では、有機π電子化合物が主役となる機能性色素、液晶、有機磁性体、有機電導体、有機電界効果トランジスタについて解説する。
  • (テーマ2)細胞の中には多くの細胞内小器官があり、それぞれ特有のタンパク質が存在し、独自の機能を可能としている。この講習では、タンパク質の配送と構造形成に関する新しい研究成果をわかりやすく解説したい。
対象者:中学校、高等学校の理科教諭
職種:教諭
50名 8月23日(金曜日)
〔選択領域〕
スマホ時代に対応する生徒指導
受講のご案内
スマートフォンの流行、少子化等、様々な要因から子供達が変化し、従来の生徒指導だけでは難しくなってきている。本講座では、具体的な事例を示しながら、これからの生徒指導について考える機会を提供する。 対象者:特に指定しない
職種:教諭、養護教諭、栄養教諭
50名 8月30日(金曜日)

受講対象者の証明

更新講習の受講には、受講対象者であることの証明が必要です。

受講対象者の証明方法について〔証明者記入様式〕
受講対象者の区分 証明の方法(※注)
教育職員・教育の職

教育職員(主幹教諭、指導教諭、教諭、助教諭、養護教諭、養護助教諭、栄養教諭、主幹保育教諭、指導保育教諭、保育教諭、助保育教諭、講師)(免許法第9条の3Ⅲ①)

校長(園長)、副校長(副園長)、教頭、実習助手、寄宿舎指導員、学校栄養職員、養護職員(免許状更新講習規則第9条Ⅰ①)

公立学校

校長の証明

※校長本人の場合は教育委員会

国立学校

校長の証明

※校長本人の場合は法人の長

私立学校

校長の証明

※校長本人の場合は法人の長

共同調理場に勤務する学校栄養職員

場長の証明

※場長本人の場合は教育委員会

指導主事、社会教育主事その他教育委員会において学校教育又は社会教育に関する専門的事項の指導等に関する事務に従事している者(免許状更新講習規則第9条Ⅰ②) 任命権者の証明
国・地方公共団体の職員等で、上記の者に準ずる者として免許管理者が定める者(免許状更新講習規則第9条Ⅰ③) 任命権者又は雇用者の証明
その他文部科学大臣が定める者(免許状更新講習規則第9条Ⅰ④) その者の任命権者・雇用者の証明
教員採用内定者・教員採用内定者に準ずる者 教員採用内定者(免許法第9条の3Ⅲ②) 任用又は雇用予定の者の証明

教員勤務経験者(免許状更新講習規則第9条Ⅱ①)

任用又は雇用していた者の証明
認定こども園及び認可保育所の保育士(免許状更新講習規則第9条Ⅱ②) 当該施設の長の証明
幼稚園と同一の設置者が設置する認可外保育施設に勤務する保育士(免許状更新講習規則第9条Ⅱ②) 当該施設の設置者の証明
教育職員となることが見込まれる者(臨時任用リスト搭載者等)(免許状更新講習規則第9条Ⅱ③) 任用又は雇用する可能性がある者の証明

(※注意)証明者については例示であり、受講申し込みを行う者の任命権者が定めた者による証明であれば差し支えない。(例えば、現職の公立学校教諭の証明者が校長ではなく教育委員会の教育事務所長であった場合など)

応募受付期間

2019年4月1日(月曜日)~5月31日(金曜日)17時00分必着

申込書類は各講習の対象職種の申込者を優先し、先着順で受付します。公平を期するため、募集期間以前にお申込みいただいても、登録は行いません。仮申込み後、大学事務局より仮登録通知を受けられたら、正式申込みの手続きを行ってください。受講決定通知送付時に受講料振込のご案内を同封しますので、期日までに指定口座に納付してください。

なお、申込時に定員を超えている場合は、お申込みをお断りすることがありますので、矛めご了承ください。

【留意事項】各講習の定員に余裕がある場合は、対象職種以外の申込も受け付けますが、この場合は、免許更新に必要な時間に含まれないことを踏まえたうえで申込みください。

受講料

6,000円/1講座
受講料納付期限日:2019年7月1日(月曜日)迄

  • ※「お振込みのご案内」記載の指定口座に金融機関備え付けの振込用紙を使用して受講料をお振込み下さい。(本学から請求書や振込用紙は送付しません。)
  • ※入学確認を円滑に行うため、振込名義は受講者本人名義でお振込みください。
  • ※振込は金融機関の窓口及びATM、ネットバンキングからも可能です。
  • ※振込手数料は各自にてご負担ください。
  • ※領収書の発行は承っておりません。
  • ※受講料納入後の受講取消しはできませんので、ご注意ください。
  • ※受講料納付をもって本学講習を正式に受講いただけます。

受講申し込みに必要な様式

ホームページからダウンロードしてください。

「学校における地域教育の基礎」受講を希望される方は、4.「学校における地域教育の基礎A・B・C」希望コース調査票をダウンロードしてください。

  • 仮申込書(PDFEXCEL
    • メール・Fax または、郵送にて申し込みください。
    • メール:menkyo@ofc.u-hyogo.ac.jp
    • 【件名】教員免許状更新講習仮申し込み
    • 【添付ファイル名】仮申込書(氏名・講座名等)
    • FAX:(078)794-5575
    • 郵送:〒651-2197 神戸市西区学園西町8-2-1
    • 兵庫県立大学 本部事務局 教育改革課 教員免許状更新講習担当
    • (注)82円切手を添付した返信用封筒を同封してください。
    • 受付後4~5日後(土・日・祝除く)に仮登録通知書を返信します。
    • 先着順に受付致します。定員になり次第、募集を終了致します。
    • 終了した場合、その旨をご連絡致します。
    • 仮登録通知書では受講決定しておりません。
    • 5日過ぎても返信のない場合は、お手数ですが下記までご連絡ください
    • (お問い合わせ先)TEL:078-794-6631
  • 受講申込書(正式申込用)(PDFWORD):郵送にて申し込みください。
    • (注)仮登録通知を受け取ったら、2週間以内に正式申込み手続きを行ってください。
    • (注)複数講習受講される場合は、講座分の顔写真を同封してください。
    • (受講申込書は一枚で可)
    • (注)返信用封筒2通を同封してください※切手貼付(定型82円、定形外120円切手)
    • (受講決定通知書と履修証明を送付する際に使用します)
    • 書類送付先:上記1.郵送住所と同じ
  • 事前アンケート(PDFWORD):正式申込の際、同封してください。複数の講習を受講される場合は、講習数分を記入して同封してください。
  • 「学校における地域教育の基礎A・B・C」希望コース調査票(PDFWORD):※豊岡ジオ・コウノトリキャンパス受講者のみ
  • 受講辞退届(PDFEXCEL):申込後、受講辞退される場合は、必ず提出してください。
    ※仮申込み・正式申込みを問わず、申込後に受講者の都合でキャンセルされる場合は、必ず電話で本部教育改革課・教員免許状更新講習担当宛に連絡してください。電話連絡後、受講辞退届に必要事項を記入の上、メール添付、Fax または郵送してください。

受講決定通知書・振込依頼書の送付

受講申込を確認後、受講決定通知書、受講料お振込みの案内を同封頂いた封筒で送付致します。豊岡ジオ・コウノトリキャンパス受講の方は「コース決定のお知らせ」も合わせて送付致します。

履修証明書の送付

講習終了後、履修認定試験の合否結果に基づいて、遅くとも2ヶ月以内に履修証明書を発送します。試験の成績等に関して、メールや電話ではお答えできません 。

キャンセルについて

やむを得ず受講ができなくなった場合は、本部教育改革課にお電話のうえ、FAXまたはメールで「受講辞退届」をご提出ください。

  • ※原則として、一旦振り込まれた受講料はお返しいたしません。受講辞退理由を本学が了承した場合のみ、受講料の返金を行います。
    例)・受講者本人が病気や事故等で入院している場合。
      ・申し込み時には予定されていなかった勤務校行事等に参加することになった場合で、所属長の証明が得られる場合など。
  • ※当該事情を証明する書類等の提出を求めることがあります。
  • ※開講日当日の欠席はいかなる理由でも返金対象になりません。
  • ※先着順で受付け、定員を超えた講習は募集を締め切ります。他の受講者の妨げとなりますので、安易な仮申込は差し控えてください。

講習当日の注意事項

  • 講習日程等は2019年度講習実施概要(選択領域)「受講のご案内」をご確認ください。
  • 文部科学省より、受講者は履修認定試験への受験と事後評価アンケートへの記入を義務づけられていますので、必ず提出してください。
  • 当日は本人確認のため、身分証明書のご提示をお願いすることがありますので、念のためご用意ください。
  • 遅刻、早退の場合は、履修認定出来なくなります。
  • 台風、洪水などの自然災害により講習が困難である場合は、講習を中止することがあります。

個人情報の取り扱い

受講者の個人情報は講習実施のためにのみ使用し、他の目的での使用や第三者へ提供することはありません。

修了確認申請

講習を受講して履修証明書等を受領しただけでは更新手続は終了しません。必修領域6時間、選択必修領域6時間、選択領域18時間、合わせて30時間以上の講習を受講・修了した後、定められた期限までに免許管理者(各都道府県教育委員会)へ修了確認の申請を行う必要があります。期限までに手続きをされなかった場合、お持ちの免許は失効しますのでご注意ください。詳しくは、各都道府県教育委員会の教員免許担当課にお問い合わせください。

免許状更新講習に関するお問い合わせ先・書類送付先

兵庫県立大学本部事務局教育改革課 教員免許状更新講習担当
〒651-2197 神戸市西区学園西町8-2-1
Tel : 078-794-6631(直通) ※土日祝日を除く9時00分~17時00分迄
Fax: 078-794-5575

   
ページ先頭へ戻る