エンデラン大学語学研修

2022.11.14
フィリピンの入国要件の緩和について
2022.11.02
エンデラン大学語学研修の募集について

2022年度エンデラン大学語学研修(2023年2月実施)の募集について

エンデラン大学語学研修への参加学生を募集します。
※フィリピンの入国要件が緩和されましたので、追記しています。
応募者は、ユニバーサルパスポートに掲載の募集資料等をよく読み、指定のWebフォームより申込ください。
WebフォームのURL及びパスワードはユニバーサルパスポートにて確認してください。

募集締切:2022年12月2日(金曜日)

エンデラン大学ランゲージセンターは、大使館やインターナショナルスクールなどが立ち並ぶ治安の良い「マッキンリーヒル」に位置しており、多くの国から留学生を受け入れています。平日1日6時間(マンツーマンレッスン3時間とグループレッスン3時間)経験豊富な教師陣による会話を基本とした授業が受けられます。研修は2つのコースから選択でき、インターンシップ(1週間)付きのコースでは、インターンシップに必要なビジネス英語もマンツーマンレッスンで学ぶことができます。

実施機関 エンデラン大学ランゲージセンター(フィリピン メトロマニラ)
募集人数 20名(最少催行人数10名)
渡航期間 2023年2月26日(日曜日)~3月25日(土曜日)
~研修期間 2023年2月27日(月曜日)~3月24日(金曜日)~
研修内容 2コースより選択できます。
●Aコース:語学研修4週間
●Bコース:語学研修3週間+インターンシップ1週間
※Bコース(インターンシップ付)の参加には、TOEIC600相当以上の公式テストスコアの提出が必要です。
滞在先 エンデラン大学専用学生寮(4人部屋)
研修費用 約51万円(A・Bコース同料金)
(参加人数や円安の影響によって、研修費用が変わる場合があります。)

(研修費用に含まれるもの)
・研修費(教材代金含む)
・学生寮滞在費
・往復航空運賃
・現地空港送迎専用車費用(往復)
・特別就学許可証取得費用
・学生寮入寮時の抗原検査費用

(研修費用に含まれないもの)
・食費
・本学指定の学研災付帯海外旅行保険料及び旅行代理店付帯の海外旅行保険料(合計30,000円程度)
・燃油サーチャージ等空港諸税(53,000円程度) ※変動する可能性があります。
・フィリピン入国に必要な新型コロナウイルス検査費用
(新型コロナウイルスワクチンを2回以上接種している場合は不要)
(2022年11月4日現在)
・日本帰国に必要な新型コロナウィルス検査費用(新型コロナワクチンを3回接種している場合は不要)
・現地での交通費、お小遣い、通信費、雑費等

※ 単位の付与はありません

※ 大学の指定する海外旅行保険に入る必要があります。

※ フィリピン入国要件の緩和について(2022年11月4日現在)
・新型コロナウィルスワクチン2回接種者及び3回接種者:ワクチン接種証明書が必要
・新型コロナウイルスワクチン未接種者及び2回接種未完了者:入国前24時間以内の抗原検査の陰性証明書が必要。
・eARRIVAL CARDの登録

※ 詳しくはユニバーサルパスポートに掲載の募集資料でご確認ください。

応募方法について不明な点は、国際交流機構までお問い合わせ下さい。

エンデラン大学について
エンデラン大学のあるマッキンリーヒルは24時間警備員によって守られており、フィリピンの中でも比較的安全なエリアです。また専用車での空港送迎が付いているため安心です。
語学研修について
1日の授業は、グループレッスン3時間(60分×3)とマンツーマンレッスン3時間(60分×3)の充実した内容となっています。特に、毎日マンツーマンレッスンが取り入れられていることにより、英語を使う時間が非常に多く、語学力に合った指導を受けることができ、スピーキング力の向上にふさわしいプログラム内容となっています。
滞在先について
エンデラン大学の専用学生寮(4人部屋)
  • 学校から徒歩2分
  • 学生寮入口には常時2名の警備員
  • 設備(室内シャワー、トイレ、机、椅子、二段ベッド)
  • 学生寮3階の共有スペースに、ウォーターディスペンサー、冷蔵庫、電子レンジ
  • 学生寮1階に、コンビニエンスストア、マッサージ店、パン屋、レストラン
  • 入寮時に抗原検査を行います。
エンデラン大学公式日本語サイトについて

お問い合わせ:(国際交流センター)

兵庫県立大学 国際交流機構
TEL :078-794-6683

各回の紹介

実施日程 2019年3月3日(日曜日)~3月30日(土曜日)
参加人数 20名(男子11名、女子9名。経済7名、経営3名、環境2名、理学6名、看護2名)
研修費用 約23万円

参加者の声

英語を勉強する際、重要なのは、リーディング、スピーキング、リスニング、聞いた英語をコピーして真似すること、これを何度も何度も繰り返すこと。これらが大切だと教わりました。これからの英語学習のときはこれらを実行していこうと思います。

(経済学部、女子)

僕はジェロントラベルさんに一週間インターン生としてお仕事させて頂きました。基本的なお仕事は英語で書かれたフィリピン国内の旅行パッケージを日本語に翻訳することでした。この仕事を通して語彙力は格段に上がったと思います。

(経済学部、男子)

英語の先生と1対1で2時間続けて、英語で会話するというチャターボックスという授業である。…… テキストには毎回異なるテーマについて質問がたくさん書いてあるため、それについて話し合っていると、2時間という長い時間もあっという間に終わってしまうように感じた。

(看護学部、女子)

今まで生きてきた中で英語は勉強のためのツールでしかなかったが、初めてコミュニケーションをとるために使ったことはとても新鮮だった。授業を通じて、普段机の上でしか触れたことのない機械音のような英語は呼吸し生きているように感じた。

(経営学部、男子)

常に自分の考えを持つ、ということよりも常に自分の意思表示をするということが大事だと思いました。もちろんいつも自分の意見が言えるに越したことはありません。でもそれが出来ない人が自分に悲観的になる必要がない、ということを私は伝えたいです。

(経済学部、女子)

最終週、卒業式で私は英語スピーチをした。私は長文の、しかも英語だけでスピーチをしたことはなく、そんなもの書けるわけないと最初は思っていたが、いざ書き始めるとスラスラ書ける自分に驚いた。

(経営学部、男子)

上手く言えなくても、先生が適切な言い方にしてくれたり、とても勉強になりました。卒業式で、”The most improve award”をいただき、3週間の成果を評価してもらい嬉しかったです。

(理学部、女子)

語学研修はグループディスカッションを中心とするSocial Clubと、英語のネイティブスピーカーの先生とマンツーマンで話すChatter Boxで構成されており、どちらもスピーキングスキルを高めることに特化された授業でした。

(経済学部、女子)

入学オリエンテーション時にクラス分けに関する簡単なテストもあり、クラス分けに関しては満足でした。そのため、自分の能力にあった授業が受けられてとてもためになりました。授業では3種類の授業が用意されていました。

(理学部、男子)

体験レポート

  • 2018年体験レポート
クリックするとPDFが開きます
   
ページ先頭へ戻る