先端医療工学研究所の開設~令和4年4月

 県立はりま姫路総合医療センターの開設にあわせ、県立大学が長年にわたり積み重ねてきた医工学連携の実績を活かし、医療関連機器の研究開発やイノベーションなどに貢献する附置研究所として、令和4年4月に先端医療工学研究所を開設しました。
 県立大学が有する工学、理学、看護学、環境人間学、情報科学などの分野の知見・技術シーズを活かして、医療機関をはじめ、産業界、自治体とも積極的に連携し、医療関連機器、デジタルヘルスなどの研究開発を加速化させていきます。
 あわせて、大学院生が履修できる共通科目を設定し、所属する研究科が単位認定できる制度を設けることとしています。
 地域の医療関係者のリカレント教育を推進するなど、人材育成にも積極的に取り組んでいきます。

県立はりま姫路総合医療センター教育研修棟完成予想図
県立はりま姫路総合医療センター教育研修棟

研究所の概要

規模等
場所 県立はりま姫路総合医療センター・教育研修棟3階
面積 1,436㎡
整備内容 研究室、実験室、講義室 等
開設時期 令和4年4月開設
体制
教員 専任教員2(医用電子情報工学・デジタルヘルス工学)
兼務教員 26(工学8、理学2、環境人間6、看護7、情報科学3)
スタッフ リサーチアドミニストレーター(URA)、コーディネーター等
教員・スタッフ一覧 リンク(後日掲載)
設置する研究設備等(一例)
  • 3Dプリンタ(器具、臓器模型などを製作)
  • ハンズオンAIナビ開発用機器(モーションキャプチャー、視線計測装置)
  • 生化学実験室(バイオハザード対策用実験器具を整備)
  • 食品関連分析装置(食物物性試験、体成分分析、筋電測定)
  • 医療処置トレーニング用シミュレーター[乳幼児対応] 

人材育成

オープン大学院の開設

この研究所を拠点に、各研究科の学生が研究活動を行うことができるオープン大学院として位置づけ、医療関連機器、デジタルヘルスなどの分野における人材育成に取り組みます。 工学、理学、看護学、環境人間学、情報科学研究科が医療関係分野の科目を提供し、全研究科共通で履修できるようにしています。 当該科目は各研究科における修了単位として認定されます。取得できる学位の名称は各研究科の学位名称となります(将来に向けて、医療系の大学院の検討も進めていきます)。

【開講科目(7科目)】
  • 医療健康工学概論(工学)
  • 機器分析学(理学)
  • 分子細胞構造学(理学)
  • 人間健康科学特論(環境人間学)
  • 臨床食環境栄養特論(環境人間学)
  • 看護と保健政策(看護学)
  • 病院情報システム特論(情報科学)
認定看護管理者養成コースの西サテライトの設置

看護師などの医療関係者のリカレント教育にも積極的に取り組みます。

主な研究テーマ(例)

  • 高齢者脆弱性骨折のAI 読影支援プログラム医療機器の実用化研究【工学】
  • 内視鏡手術シミュレータへのハンズオン機能付加に関する研究【工学】
  • 標的細胞の選択、濃縮、融合、回収を可能とする細胞チップの開発【理学】
  • プレシジョン栄養学を用いた効果的な栄養療法と給食管理の開発と実践【環境人間学】
  • 看護の質評価・改善ツールによる臨床実践モデル開発、効果的なリコメンド作成【看護学】
  • リハビリテーション評価システムの開発【看護学】
  • 県下の自治体の市民PHR(Personal Health Record)活用支援【情報科学】
  • 診療データ(EHRシステム)との突合などの次のステップへの支援【情報科学】

リンク

問い合わせ先

先端医療工学研究所準備室
兵庫県立大学事務局内

e-mail :
kaikaku@ofc.u-hyogo.ac.jp
TEL :
078-794-6635
 

ピックアップコンテンツ


   
ページ先頭へ戻る