大学概要

University Report

令和元年8月28日

物質理学研究科 田中義人教授がラジオ関西に出演

8月19日(月曜日)放送のラジオ関西「時間です!林編集長」に、本学の物質理学研究科田中義人教授が出演しました。

播磨理学キャンパスのある「光都」には、大型放射光施設SPring-8や、X線自由電子レーザー施設SACLA、兵庫県立大の放射光施設NewSUBARUがあります。

田中教授は、光と物質の相互作用についての基礎研究を行っています。

光は電磁波の一種で、私たちが見ることのできる可視光だけでなく、ラジオの電波も、X線も波長が違うだけで物理的には同じものです。

カメラのストロボ撮影で動くものの瞬間の姿を捉えることができるように、物質に一瞬とても強い光を照射すると、これまで見えなかった現象を観測することができるのです。
可視光のもとで見ていたものは、物質の本当の姿なのか?番組では、そんな問題提起もありました。

田中教授の話を聞いて、光の研究から広がる新しい世界を垣間見てみませんか?

林編集長と話す田中教授
放射光について話をする田中教授

放送内容は下記リンクからお聞きいただけます。

(本部経営企画部経営戦略課)

   
ページ先頭へ戻る