大学概要

University Report

令和元年12月9日

グローバルサイエンスキャンパス全国受講生研究発表会における国際的科学技術育成挑戦プログラム受講生の受賞について

本学では、神戸大学、関西学院大学、甲南大学と共同で高校生等を対象とした「根源を問い直す改新を生む国際的科学技術人材育成挑戦プロクラム」(ROOTプログラム)を実施しています。

このプログラムは、科学技術振興機構(JST)の次世代人材育成事業「グローバルサイエンスキャンパス」の一環として、将来国際的に活躍できる科学技術人材の育成を目的として、地域で優れた資質を持つ高校生等を対象とし、研究活動を含む高度で体系的な理数教育プロクラムを、開発・実施しています。

令和元年11月16日、17日に日本科学未来館で開催された「グローバルサイエンスキャンパス」令和元年度全国受講生研究発表会で、ROOTプログラム受講生の三井愛理さん(研究アドバイザー:生命理学研究科 梅園教授)が文部科学大臣賞を、矢野七虹さん(研究アドバイザー:甲南大学フロンティアサイエンス学部 西方教授)が優秀賞を受賞されました。この研究発表会には、全国の15大学で実施されるプログラムから発表があり、ROOT受講生の今後の一層の成長と活躍が期待されます。

〇文部科学大臣賞受賞の研究
  • 課題名:プラナリアの体長の測定方法の確立
  • 発表者:三井愛理さん(啓明学院高等学校3年生)
  • 研究アドバイザー:兵庫県立大学生命理学研究科 教授 梅園良彦
  • 〇優秀賞受賞の研究
  • 課題名:発現組織から考察するホヤグロビン遺伝子の機能
  • 発表者:矢野七虹さん(白陵高等学校2年生)
  • 研究アドバイザー:甲南大学フロンティアサイエンス学部 教授 西方敬人
  • 〔リンク先〕
  • 科学技術振興機構報 第1405号 令和元年11月18日
  • 「グローバルサイエンスキャンパス(GSC)」 令和元年度全国受講生研究発表会開催 受賞者を発表
  • 〔ROOTプログラムについて〕
  • ROOTプログラムは、国立研究開発法人科学技術振興機構のサポートのもと、神戸大学を実施機関とし、兵庫県立大学、関西学院大学、甲南大学との共同で運営されています。また、兵庫県に位置する国際的研究機関等も連携しています。

(本部産学連携・研究支援課)

 

カテゴリーメニュー

ピックアップコンテンツ

   
ページ先頭へ戻る