大学概要

University Report

令和2年3月16日

環境人間学部 石倉和佳教授がラジオ関西に出演

3月9日(月曜日)放送のラジオ関西「時間です!林編集長」に、本学の環境人間学部石倉和佳教授が出演しました。

石倉教授は19世紀初頭のイギリスの詩人、思想家であるサミュエル・テイラー・コールリッジを中心に研究を続けてきました。
英語の詩も日本語の詩も、言葉で世界を紡ぎ、心を語るということにおいて、本質的には同じであるという石倉教授の言葉がとても印象的でした。
1990年代のインターネットの登場により、私たちと「言葉」の関係は少しずつ変化してきています。常に変化し続ける情報の流れの中に、言葉が現れて溢れていく。目の前の言葉を、私たちは自分の「心」でつかもうとしているのでしょうか。

石倉教授の問いは、言葉との向き合い方について、私たちに考えるきっかけを与えてくれます。


言葉と心について話をする石倉教授

放送内容は下記リンクからお聞きいただけます。

(本部経営企画部経営戦略課)

ピックアップコンテンツ

   
ページ先頭へ戻る