大学案内 Outline

新聞記事 2018年7月

7月31日(火) 新聞 信濃毎日新聞
▶8月4日から3日間、木曽町内で天文に関係する催しがあり、6日には、本学の鳴沢真也天文科学専門員が「火星と生命」と題して講演することが取り上げられました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台) 鳴沢真也天文科学専門員
7月31日(火) 新聞  神戸新聞(朝刊23面)
▶29日にウインク体育館で開催された「姫路市バスケットボール一般優勝大会」において、本学が女子の部で優勝し、記録が掲載されました
担当 ―
7月31日(火) 新聞 神戸新聞(朝刊32面)
▶30日に神戸市内で開催された「ひょうご震災記念21世紀研究機構の研究成果報告会」で、討論会に参加した本学の室﨑益輝教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
7月31日(火) 新聞 神戸新聞(姫路版・朝刊31面)
▶3年後に地域の住みやすいまちづくり指針を作るため、「城の西エリアマネジメント準備会」を設け、自治会や本学などが「あなたはこのまちで生き残れるか?城の西サバイバル」の取り組みを発案したことが取り上げられました
担当 ―
7月30日(月) 新聞 神戸新聞(朝刊24面)
▶「ひょうご防災リーダー講座(全12回)」を、9月から「地域防災力向上を目指して」をテーマに開講し、第2回は、本学の阪本真由美准教授が「災害時要援護者対策」の説明をすることが取り上げられました
担当 減災復興政策研究科 阪本真由美准教授
7月29日(日) 新聞 神戸新聞(北播版・朝刊23面)
▶ヒメハルゼミについて、本学の服部保名誉教授のコメントが掲載されました
担当 服部保名誉教授
7月28日(土) 新聞 神戸新聞(但馬版・朝刊28面)
▶21日の掲載に引き続き、「山陰海岸ジオパーク」について本学の松原典孝講師のインタビューが掲載されました
担当 地域資源マネジメント研究科 松原典孝講師
7月28日(土) 新聞 日本経済新聞電子版、産経ニュース、Web東奥
▶28日に福岡市内で開催されたシンポジウム「災害時の地域社会の役割」にて、本学の室﨑益輝教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
7月27日(金) 新聞 毎日新聞(朝刊6面)、読売新聞(朝刊10面)
▶本学がタイガー魔法瓶と共同開発した、高齢者が食べやすいご飯を炊くことができる「さらっとご飯クッカ―」が8月21日より発売することが取り上げられました
担当 環境人間学部
7月26日(木) 新聞 毎日新聞、高知新聞
▶本学の坂本薫教授がタイガー魔法瓶と共同開発した、高齢者が食べやすいご飯を炊くことができる「さらっとご飯クッカ―」が8月21日より発売することが取り上げられました
担当 環境人間学部 坂本薫教授
7月26日(木) 新聞 SankeiBiz
▶ハザードエリアの地図判読結果の作成を本学の減災復興政策研究科が協力したことが取り上げられました
担当 減災復興政策研究科
7月26日(木) 新聞 朝日新聞(朝刊27面)
▶夏休みに星空観望会の予定がある施設や星祭りを開催するとして、本学の西はりま天文台が取り上げられました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台)
7月25日(水) 新聞 山陽新聞digital
▶24日に岡山県内で開催された「OKAYAMAスマホサミット2018」で、本学の竹内和雄准教授が司会を務めたことが取り上げられました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
7月24日(火) 新聞 YOMIURI ONLINE
▶姫路市が世界遺産・姫路城の公式ガイドブックを初めて発行することについて、本学や福井工業大学、千葉大学などの研究者らが協力したことが取り上げられました
担当 ―
7月24日(火) 新聞 日経新聞(朝刊23面) 連載
▶やさしい経済学の連載記事に、本学の川上昌直教授が、サブスクリプションモデルの拡大に伴い、企業は顧客との関係を長期的に継続する重要性について執筆しました
担当 経営学部 川上昌直教授
7月23日(月) 新聞 産経新聞(夕刊)
▶本学の西はりま天文台が撮影した、15年ぶりに地球へ大接近している火星の写真が取り上げられました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台)
7月23日(月) 新聞 日経新聞(朝刊25面) 連載
▶やさしい経済学の連載記事に、本学の川上昌直教授が、新しい価値の提供が必要であることについて執筆しました
担当 経営学部 川上昌直教授
7月22日(日) 新聞 産経ニュース
▶本学の西はりま天文台が撮影した、15年ぶりに地球へ大接近している火星の写真が取り上げられました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台)
7月22日(日) 新聞 神戸新聞(北播版・朝刊27面)
▶21日に加西市内で開催された「はりまの里山フォーラム」で、本学の服部保名誉教授が「里山の重要性と保全方法」と題して基調講演したことが取り上げられました
担当 服部保名誉教授
7月22日(日) 新聞 読売新聞(朝刊33面)
▶西日本豪雨で情報の意味が十分浸透していない実態について、本学の室﨑益輝教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
7月22日(日) 新聞 東京新聞
▶西日本豪雨の被災地で、長引く避難生活で体調を崩す人も出始めたことについて本学の阪本真由美准教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 阪本真由美准教授
7月21日(土) 新聞 神戸新聞(但馬版)
▶山陰海岸ジオパークについて、本学の松原典孝講師のインタビューが掲載されました
担当 地域資源マネジメント研究科 松原典孝講師
7月20日(金) 新聞 日経新聞(朝刊25面) 連載
▶やさしい経済学の連載記事に、本学の川上昌直教授が、定額制のサブスクリプションは企業に複数のメリットをもたらす可能性があることについて執筆しました
担当 経営学部 川上昌直教授
7月20日(金) 新聞 産経新聞(朝刊23面)
▶8月10日に姫路工学キャンパスで開催される「工学ガールのためのサマーカフェ」について取り上げられました
担当 姫路工学キャンパス
7月19日(木) 新聞 日経新聞(朝刊25面) 連載
▶やさしい経済学の連載記事に、本学の川上昌直教授が、サブスクリプションモデルの導入がものづくり企業に広がっていることについて執筆しました
担当 経営学部 川上昌直教授
7月19日(木) 新聞 神戸新聞(朝刊26面)
▶神戸大百年記念館で開催された「サイエンスカンファレンス」にて、参加した県立大西はりま天文台のシュテファン・バール研究員が英語で天文学の講義をしたことが取り上げられました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台)
7月19日(木) 新聞 読売新聞(朝刊15面)
▶18日に第11回「大学の実力」調査結果がまとまり、本学も取り上げられました
担当 ―
7月18日(水) 新聞 神戸新聞(朝刊10面)
▶本学の山口隆英教授のゼミ生3年生の中田結季子さんと大槻憲司さんが「Mラボ事業」の一環として企業を訪ね、経営者に話を聞いたことが取り上げられました
担当 ―
7月18日(水) 新聞 日経新聞(朝刊23面) 連載
▶やさしい経済学の連載記事に、本学の川上昌直教授が、消費者を引き付ける定額制について執筆しました
担当 経営学部 川上昌直教授
7月17日(火) 新聞 朝日新聞(朝刊5面)
▶山階芳麿賞を受けた本学の江﨑保男教授のインタビューが掲載されました
担当 地域資源マネジメント研究科 江﨑保男教授
7月17日(火) 新聞 日本経済新聞電子版
▶17日に名古屋市内で開催された、「自画撮りの被害を防ごうと高校生向けのシンポジウム」にて、本学の竹内和雄准教授が講師を務めたことが取り上げられました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
7月17日(火) 新聞 毎日新聞(朝刊13面) 連載
▶本学の竹内和雄准教授が、ネットとリアルの境界が薄れていることについて執筆しました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
7月17日(火) 新聞 日経新聞(朝刊11面) 連載
▶やさしい経済学の連載記事に、本学の川上昌直教授が、最近の若者は「所有から利用へ」の傾向が強まっている背景について執筆しました
担当 経営学部 川上昌直教授
7月17日(火) 新聞 神戸新聞(朝刊22面)
▶16日にユニバー記念競技場で開催された「兵庫選手権」において、男子400メートルリレーと1600メートルリレーで本学がそれぞれ3位となり、記録が掲載されました
担当 ―
7月17日(火) 新聞 静岡新聞
▶16日に静岡市内で開催された「地域包括ケアシステム推進セミナー」で、意見交換に参加した本学の筒井孝子教授のコメントが掲載されました
担当 経営研究科 筒井孝子教授
7月16日(月) 新聞 読売新聞(朝刊28面)
▶西日本豪雨で大きな被害を受けた広島、岡山、愛媛の3県で公立小中学校計153校のうち、約8割で再開時期が決まっていないことについて、本学の冨永良喜教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 冨永良喜教授
7月16日(月) 新聞 神戸新聞(姫路版・朝刊23面)
▶20日から姫路市内のウィンク武道館で、夏休みに小中学生向けに準備室を開放し、本学の体育会に所属している学生と夏休みの宿題に取り組むことができることについて取り上げられました
担当 ―
7月15日(日) 新聞 高知新聞
▶13日に高知市主催で開催された「防災人づくり塾」で、本学の木村玲欧准教授が災害への備えを講演したことが取り上げられました
担当 環境人間学部 木村玲欧准教授
7月14日(土) 新聞 宮崎日日新聞
▶宮崎市教委が行った実態調査で、1日3時間以上ネットに接続している中学3年生女子が約3割に上ったことについて、調査を監修した本学の竹内和雄准教授のコメントが掲載されました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
7月13日(金) 新聞 神戸新聞(朝刊3面)
▶西日本豪雨で、晴れ間の「大雨警報」に疑問続出だったことから、情報発信の在り方の課題について、本学の阪本真由美准教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 阪本真由美准教授
7月13日(金) 新聞 産経新聞(朝刊15面)
▶過酷な避難所生活での子どもの健康について、本学の増野園恵教授のコメントが掲載されました
担当 地域ケア開発研究所 増野園恵教授
7月13日(金) 新聞 読売新聞(朝刊11面)
▶西日本豪雨の突きつける課題として、本学の木村玲欧准教授のインタビューが掲載されました
担当 環境人間学部 木村玲欧准教授
7月13日(金) 新聞 下野新聞
▶那須水害が20年を迎える前に那須町東陽小学校で公開授業が行われ、那須町教委が本年度から試験的に取り組む新教科について、本学の木村玲欧准教授が協力して指導案を作成したことが取り上げられました
担当 環境人間学部 木村玲欧准教授
7月13日(金) 新聞 中日新聞、東京新聞
▶インターネット(SNS)で知り合った友人らに会いに行こうとする子どもについて、本学の竹内和雄准教授のコメントが掲載されました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
7月13日(金) 新聞 神戸新聞(北播版・朝刊27面)
▶21日に加西市内で開催される「はりまの里山フォーラム」で、本学の服部保名誉教授が「里山の重要性と保全方法」をテーマに講演することが取り上げられました
担当 服部保名誉教授
7月13日(金) 新聞 神戸新聞(朝刊3面)、毎日新聞(朝刊27面)
▶12日に神戸国際会館で開催された「県政150周年記念式典」にて、本学の五百旗頭真理事長が「近代日本と兵庫の150年」をテーマに講演したことが取り上げられました
担当 五百旗頭真理事長
7月12日(木) 新聞 神戸新聞、神戸経済ニュース
▶12日に神戸国際会館で開催された「県政150周年記念式典」にて、本学の五百旗頭真理事長が「近代日本と兵庫の150年」をテーマに講演したことが取り上げられました
担当 五百旗頭真理事長
7月12日(木) 新聞 読売新聞(朝刊39面)
▶「月刊大学 7月号」にて、データサイエンスが学べるコースを置く主な学部として、本学の社会情報科学部が取り上げられました
担当 ―
7月12日(木) 新聞 日経新聞(朝刊39面)
▶西日本豪雨でハザードマップを生かしきれず、避難が遅れたことについて、本学の室﨑益輝教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
7月12日(木) 新聞 神戸新聞(朝刊4面)
▶兵庫県政150年特集で、神戸に近代スポーツが定着した経緯について、本学の棚田真輔名誉教授が解説したことが取り上げられました
担当 棚田真輔名誉教授
7月11日(水) 新聞 朝日新聞(朝刊35面)
▶被災者支援に尽くした看護師の故・黒田裕子さんの活動や考えを紹介した評伝「災害看護の本質 語り継ぐ黒田裕子の実践と思想」が発行され、第1部「黒田裕子の思想」で、本学の室﨑益輝教授らが執筆したことが取り上げられました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
7月10日(火) 新聞 神戸新聞(朝刊30面)
▶養父市が、関西の大学生らでつくるイベント企画グループ「キャンパスコレクション」と協力し、クーポン付き冊子第2弾を発売することについて、取材に参加した本学3年生の池田みずきさんのコメントが掲載されました
担当 ―
7月10日(火) 新聞 西日本新聞
▶9日に宮崎市内で開催された「中学生自身がスマホの利用方法について話し合うスマホサミット」で、本学の竹内和雄准教授が講師を務めたことが取り上げられました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
7月8日(日) 新聞 読売新聞(朝刊31面)
▶本学は、現在の経済学部と経営学部を再編し、国際商経学部とともに2019年4月に社会情報科学部を開設すると発表したことが取り上げられました
担当 ―
7月7日(土) 新聞 神戸新聞(但馬版)
▶養父市が、関西の大学生らでつくるイベント企画グループ「キャンパスコレクション」と協力し、クーポン付き冊子第2弾を発売することについて、取材に参加した本学3年生の池田みずきさんのコメントが掲載されました
担当 ―
7月6日(金) 新聞 神戸新聞(朝刊26面)、産経新聞(朝刊22面)、日経新聞(朝刊33面)
▶本学は、5日に現在の経済学部と経営学部を再編し、国際商経学部とともに2019年4月に社会情報科学部を開設すると発表したことが取り上げられました
担当 ―
7月5日(木) 新聞 日経新聞電子版
▶本学は、5日に現在の経済学部と経営学部を再編し、2019年4月に社会情報科学部を開設すると発表したことが取り上げられました
担当 ―
7月5日(木) 新聞 神戸新聞(姫路版)
▶7日に県立姫路労働会館で開催される、本学のストリングオーケストラ部のサマーコンサート2018が取り上げられました
担当 ―
7月5日(木) 新聞 神戸新聞(但馬版)
▶6日に開催される「城崎歴文会議」で、本学の室﨑益輝教授が「震災復興と城崎温泉」と題して講演することが取り上げられました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
7月4日(水) 新聞 読売新聞(朝刊13面)
▶大阪北部地震で、2万棟を超える大阪府内の被災家屋への支援が課題になっていることについて、本学の青田良介教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 青田良介教授
7月4日(水) 新聞 神戸新聞(西播版)
▶15日に本学の西はりま天文台で、天文講演会が開催されることが取り上げられました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台)
7月3日(火) 新聞 神戸新聞(朝刊1面)
▶昨年5月、女児が自殺した問題で、要因となったとする調査内容を発表したことについて、本学の尾崎公子教授のコメントが掲載されました
担当 環境人間学部 尾崎公子教授
7月3日(火) 新聞 日経新聞(朝刊39面)
▶大阪北部地震から2週間が経ち、罹災証明書を発行する現地調査の時間がかかることについて、本学の室﨑益輝教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
7月3日(火) 新聞 神戸新聞(朝刊12面)
▶6月23日にベイコム陸上競技場で開催された「尼崎ナイター陸上競技記録会」において、男子円盤投げ2キロで本学の平田泰一さんが1位となり、記録が掲載されました
担当 ―
7月2日(月) 新聞 中日新聞
▶1日に福井県立歴史博物館で開催された「福井震災から学ぶ、未来への防災の備え」で、本学の木村玲欧准教授が講演したことが取り上げられました
担当 環境人間学部 木村玲欧准教授
7月1日(日) 新聞 神戸新聞(丹波版・朝刊25面)
▶30日に篠山市内で開催された「地域活性化につながる獣害対策を考える研修イベント」で、本学の山端直人教授が事例報告したことが取り上げられました
担当 自然・環境科学研究所(森林動物研究センター) 山端直人教授
7月1日(日) 新聞 神戸新聞(東播版・朝刊23面)
▶30日に加古川市内で、地域課題について解決策を探る交流・研究拠点「東播磨フィールドステーション」の開所式があり、東播磨県民局、神戸大学、京都大学、本学が連携協定を結んだことが取り上げられました
担当 ―
 

カテゴリーメニュー

ピックアップコンテンツ


   
ページ先頭へ戻る