大学案内 Outline

新聞記事 2018年8月

8月27日(月) 新聞 神戸新聞(姫路版・朝刊21面)
▶姫路市が、大学と企業の研究を支援する産学協同研究助成事業で、本学を含む6グループを補助すると発表したことが取り上げられました
担当 工学研究科
8月27日(月) 新聞 神戸新聞(西播版・朝刊20面)
▶県立大西はりま天文台等の兵庫県内の天文関連施設が連携し、「星空案内人」を育成する「はりま宇宙講座」を開催することが取り上げられました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台)
8月27日(月) 新聞 山陽新聞digital
▶岡山県内でツキノワグマの出没件数が増加していることについて、本学の横山真弓教授のコメントが掲載されました
担当 自然・環境科学研究所(森林動物研究センター) 横山真弓教授
8月26日(日) 新聞 神戸新聞(姫路版・朝刊27面)
▶25日、26日に姫路工学キャンパスで開催されている「青少年のための科学の祭典」について取り上げられました
担当 姫路工学キャンパス
8月26日(日) 新聞 神戸新聞(姫路版・朝刊27面)
▶「城の西サバイバル」に挑戦した5家族の結果発表が25日に姫路市内で開催され、企画した本学などが取り上げられました
担当 ―
8月22日(水) 新聞 神戸新聞(但馬版・朝刊21面)
▶豊岡ジオ・コウノトリキャンパスで開催された、但馬地域の高校生向け進学説明会が取り上げられました
担当 ―
8月22日(水) 新聞 読売新聞(朝刊29面)
▶本学が、来年度に新設する国際商経学部の留学生を確保するため、タイ王国の教育省と覚書を締結したことが取り上げられました
担当 ―
8月21日(火) 新聞 神戸新聞(朝刊23面)
▶11、12日に明石公園陸上競技場で開催された「明石市夏季陸上競技記録会」において、一般・高校5000メートルで本学の白髭一翔さん、一般・高校やり投げで本学の森下達也さんがそれぞれ1位となり、記録が掲載されました
担当 ―
8月21日(火) 新聞 毎日新聞(朝刊18面) 連載
▶本学の竹内和雄准教授が、「デートDV」に気付き始めた若者たちについて執筆しました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
8月20日(月) 新聞 山陽新聞digital
▶20日に岡山市内で災害検証委員会の初会合が開催され、本学の木村玲欧准教授のコメントが掲載されました
担当 環境人間学部 木村玲欧准教授
8月20日(月) 新聞 神戸新聞(丹波版・朝刊23面)
▶19日に丹波市内で開催された、丹波市豪雨災害復興4年イベント「和一処」で、本学の澤田雅浩准教授が基調講演したことが取り上げられました
担当 減災復興政策研究科 澤田雅浩准教授
8月19日(日) 新聞 神戸新聞(朝刊7面)
▶自然災害への楽観主義をどう乗り越えるのかについて、本学の木村玲欧准教授のインタビューが掲載されました
担当 環境人間学部 木村玲欧准教授
8月18日(土) 新聞 神戸新聞(姫路版・朝刊25面)
▶国内最大の公開望遠鏡「なゆた」をのぞくことができる観望会を開催する、本学の西はりま天文台が取り上げられました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台)
8月17日(金) 新聞 神戸新聞(丹波版・朝刊23面)
▶19日に丹波市内で開催される、丹波市豪雨災害復興4年イベント「和一処」で、本学の澤田雅浩准教授が基調講演することが取り上げられました
担当 減災復興政策研究科 澤田雅浩准教授
8月17日(金) 新聞 産経WEST
▶8月2日「パンツの日」に大阪府内で開催されたイベントで、本学の川上昌直教授がトークショーに参加したことが取り上げられました
担当 経営学部 川上昌直教授
8月16日(木) 新聞 神戸新聞(西播版・朝刊20面)
▶18日に開催される「光都夏祭り」で、本学の学生がジャズや弾き語りを披露することが取り上げられました
担当 ―
8月16日(木) 新聞 日刊工業新聞(18面)
▶本学と共同研究に取り組む兵庫県下の中小企業3社に、「ひめしん研究開発支援助成金」が贈られたことが取り上げられました
担当 ―
8月12日(日) 新聞 神戸新聞(朝刊7面)
▶スポ―ツに内在する価値について、本学の伊藤克広准教授のインタビューが掲載されました
担当 経済学部 伊藤克広准教授
8月11日(土) 新聞 山陽新聞digital
▶西日本豪雨で甚大な浸水被害を受けた倉敷市の住民が、水害に備えをしていなかった人が84%を占めることについて、結果を分析した本学の阪本真由美准教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 阪本真由美准教授
8月11日(土) 新聞 神戸新聞(朝刊3面)
▶10日に神戸市内で開催された、本学の加藤恵正教授が座長を務めた「兵庫県地域創生戦略会議」について取り上げられました
担当 減災復興政策研究科 加藤恵正教授
8月11日(土) 新聞 神戸新聞(朝刊3面)
▶10日に神戸国際会議場で開催された「日本災害看護学会の第20回年次大会」で、本学の増野園恵教授が「看護のリーダーシップ」をテーマに講演したことが取り上げられました
担当 地域ケア開発研究所 増野園恵教授
8月11日(土) 新聞 山陰中央新報
▶「赤ちゃん先生プロジェクト」が山陰両県にも広がっていることについて、本学の野津隆志教授のゼミが試験的に「赤ちゃん先生」を実施し、土台づくりに貢献したことが取り上げられました
担当 経済学部 野津隆志教授
8月10日(金) 新聞 日経新聞(朝刊12面)
▶徳島県内で白亜紀前期(約1億3千万年前)の恐竜の歯の化石を含む地層が確認されたことについて、本学の三枝春生准教授のコメントが掲載されました
担当 自然・環境科学研究所(人と自然の博物館) 三枝春生准教授
8月10日(金) 新聞 山陽新digital
▶岡山県が、西日本豪雨での県の初動対応や防災体制を検証する「災害検証委員会」を設置すると発表し、本学の木村玲欧准教授が委員となったことが取り上げられました
担当 環境人間学部 木村玲欧准教授
8月10日(金) 新聞 毎日新聞(朝刊1面)
▶災害リスクが住民に周知されていなかったことが被害を大きくした可能性があることについて、本学の木村玲欧准教授のコメントが掲載されました
担当 環境人間学部 木村玲欧准教授
8月9日(木) 新聞  毎日新聞(朝刊24面)
▶本学は、2019年4月に開設する「社会情報科学部」の概要を発表したことが取り上げられました
担当 ―
8月9日(木) 新聞 山陽新聞digital
▶岡山県では、避難所で過ごさず、被災した自宅で暮らす「在宅避難者」が少なくないが、支援の手が届かないケースがあることについて、本学の木村玲欧准教授のコメントが掲載されました
担当 環境人間学部 木村玲欧准教授
8月8日(水) 新聞 神戸新聞(朝刊26面)
▶7日に神戸市内で開催された、本学の室﨑益輝教授が委員長を務める会合「災害救援ボランティア活動支援関係団体連絡会議」で、南海トラフ巨大地震の備えについて本学の阪本真由美准教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授、阪本真由美准教授
8月8日(水) 新聞 中国新聞
▶避難情報を基にどう行動するかは、個人の判断に委ねられるケースが多いことついて、本学の室﨑益輝教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
8月7日(火) 新聞 読売新聞(朝刊3面)
▶西日本豪雨で特に被害が大きかった岡山、広島、愛媛の3県では、避難所解消のめどが立っていないことについて、本学の室﨑益輝教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
8月7日(火) 新聞 産経新聞(朝刊1面)
▶国、自治体、住民の3者で、命を守るための情報が伝達できていない現状について、本学の室﨑益輝教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
8月7日(火) 新聞 神戸新聞(朝刊29面)
▶西日本豪雨から1ヶ月が経ち、避難生活の長期化で被災者の疲労はピークに達しようとしていることについて、本学の阪本真由美准教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 阪本真由美准教授
8月7日(火) 新聞 神戸新聞(西播版・朝刊24面)
▶3日に理学部の学生有志が「光都サイエンス喫茶」を開いたことが取り上げられ、本学4年生の村田大夢さんのコメントが掲載されました
担当 理学部
8月7日(火) 新聞 神戸新聞(朝刊24面)
▶5日に神戸市内で開催された、小中学生と神戸市長等がスマートフォンの利用方法を話し合うフォーラムにて、本学の竹内和雄准教授らが小中学生とスマホ利用への考えを深めてきたことが取り上げられました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
8月7日(火) 新聞 神戸新聞(朝刊19面)
▶8月4日に加古川運動公園陸上競技場で開催された「加古川ナイター陸上競技記録会」において、男子共通200メートルで本学の藤原和輝さん、共通1500メートルで本学の林幸佑さん、一般円盤投げで本学の平田泰一さんがそれぞれ1位となり、記録が掲載されました
担当 ―
8月6日(月) 新聞 神戸新聞(夕刊8面)
▶減災復興政策研究科の学生ボランティアが、7月14日から8月末まで広島県内にある避難所の運営に携わるなどの活動について取り上げられました
担当 減災復興政策研究科
8月6日(月) 新聞 毎日新聞(朝刊24面)
▶5日に人と防災未来センターで開催された、本学の減災復興政策研究科の教員や大学院生による西日本豪雨と大阪北部地震の被災地での支援活動や被害調査の緊急報告会が取り上げられ、本学の室﨑益輝教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
8月6日(月) 新聞 神戸新聞(朝刊24面)
▶5日に人と防災未来センターで開催された、本学の減災復興政策研究科の教員や大学院生による西日本豪雨と大阪北部地震の被災地での支援活動や被害調査の緊急報告会が取り上げられ、本学の宮本匠講師のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 宮本匠講師
8月5日(日) 新聞 神戸新聞(朝刊7面)
▶コウノトリ野生復帰を目指す取り組みについて、本学の江﨑保男教授のインタビューが掲載されました
担当 地域資源マネジメント研究科 江﨑保男教授
8月5日(日) 新聞 読売新聞(朝刊19面)
▶最大級の警戒を呼びかける特別警報について、本学の木村玲欧准教授のコメントが掲載されました
担当 環境人間学部 木村玲欧准教授
8月4日(土) 新聞 毎日新聞
▶倉敷市が、豪雨で川の堤防の決壊を対応に追われ、県に通報していなかったことについて、本学の室﨑益輝教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
8月4日(土) 新聞 東京新聞
▶西日本豪雨から1ヶ月近くがたち、被災した子どもの心身の変調を訴える保護者からの相談が増えていることについて、本学の冨永良喜教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 冨永良喜教授
8月3日(金) 新聞 神戸新聞(朝刊23面)
▶5日に学園西町のユニバードームで開催される、学生の力で昨年復活した「学園夏まつり」で、本学の学生らも協力していることが取り上げられました
担当 ―
8月3日(金) 新聞 産経新聞(朝刊2面)
▶西日本豪雨で甚大な被害を受けた岡山県は、自主防災組織率が最下位レベルで安全な県というイメージが避難の遅れにつながった可能性があり、県民の防災意識向上という課題について、本学の室﨑益輝教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
8月3日(金) 新聞 神戸新聞(北播版)
▶本学の学生が考案した健康レシピが西脇病院の入院患者に提供されたことが取り上げられました
担当 ―
8月3日(金) 新聞 神戸新聞(西播版・朝刊22面)
▶佐用町内は、町の活性化として「ご当地グルメスタンプラリー2018」を実地しており、本学の西はりま天文台も参加していることが取り上げられました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台)
8月2日(木) 新聞 日経新聞(朝刊29面)
▶1日に大阪市内で開催されたシンポジウム「事業承継の気付きと決断」にて、パネル討論に参加した本学の西岡正教授のコメントが掲載されました
担当 経営研究科 西岡正教授
8月1日(水) 新聞 京都新聞
▶1日に立命館大朱雀キャンパスで開催されたフォーラム「子どものインターネット利用について考える」にて、本学の竹内和雄准教授が指導したことが取り上げられました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
8月1日(水) 新聞 神戸新聞(朝刊10面)
▶本学の西岡正教授のゼミ生が企業を訪問し、仕事内容や強みなどをインタビューする企画に参加した本学3年生の池田みずきさんと工藤七海さんの活動が取り上げられました
担当 ―
 

カテゴリーメニュー

ピックアップコンテンツ


   
ページ先頭へ戻る