大学案内 Outline

新聞記事 2019年6月

6月30日(日) 新聞 毎日新聞(朝刊24面)
▶昨年の西日本豪雨で被害を受けた、広島県三原市市民を対象に開かれる防災ワークショップで、本学の阪本真由美准教授による福祉避難所運営のシミュレーションゲームが行われることが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 阪本真由美准教授
6月29日(土) 新聞 産経ニュース
▶本学の大谷英之准教授が、研究者としての自分を形作った3つの出会いについて執筆しました
担当 シミュレーション学研究科 大谷英之准教授
6月29日(土) 新聞 神戸新聞(但馬版・朝刊25面)
▶野生動物による農作物の被害に悩む住民の取り組みの一環で、本学の横山真弓教授が豊岡市但東中学校で、動物の生態や対策などについて講義を行ったことが掲載されました
担当 自然・環境科学研究所 横山真弓教授
6月28日(金) 新聞 神戸新聞(朝刊21面)連載
▶ 本学の五百旗頭真理事長が、連載記事「未来をつむぐ歴史」において、災害の多発する今日、「全ての人を救う」ことの困難と、そのために備えることの重要性について執筆しました
担当 五百旗頭真理事長
6月28日(金) 新聞 神戸新聞(姫路版・朝刊29面)
▶本学環境人間学部の1年生15人が、NPO法人「ママの働き方応援隊姫路校」が企画した、乳幼児を連れてバスで移動し、母親の視点で社会の課題を考える体験をしたことが掲載されました
担当 環境人間学部
6月28日(金) 新聞 神戸新聞(朝刊)
▶本学付属附属高校3年生の伊藤百花さんが、文化祭などで寄付を呼び掛け、文房具約70キロを南アフリカの貧困地域の子どもたちに送ることが掲載されました
担当 ―
6月27日(木) 新聞 日本経済新聞 電子版
▶明治9年に開通した日本初の「高速産業道路」ともいわれる「銀の馬車道」(朝来市~姫路市)について、本学の中元孝迪特任教授のコメントが掲載されました
担当 中元孝迪特任教授
6月26日(水) 新聞 読売新聞(朝刊1・4面)
▶複雑化する世界情勢の中で、日本が今後国際社会においてどうあるべきかについて、本学の五百旗頭真理事長の談話が掲載されました
担当 五百旗頭真理事長
6月26日(水) 新聞 日本経済新聞(朝刊37面)
▶従来の医療現場だけでなく、災害時や外国人への対応、医療と芸術の橋渡しなど様々な視点から看護に携われる人材育成が求められていることを受けて、本学の看護学研究科の学生が、減災復興政策研究科の学生とともに「災害看護学」を学ぶ様子が掲載されました
担当 環境人間学部 教育改革室
6月26日(水) 新聞 読売新聞(朝刊23面)
▶2014年の丹波豪雨で被災した丹波市市島町下鴨阪地区で、本学の環境人間学部の学生と住民らが、民家と山裾の間に隙間を作って土石流被害を抑える「余裕域」の整備に取り組んだことが掲載されました
担当 環境人間学部
6月26日(水) 新聞 読売新聞(朝刊11面)
▶平成の大合併を経て、被災地域の役場の権限や職員が大幅に減ったことなどにより、大きな被害を出したケースが相次いだことについて、本学の室﨑益輝教授の「支所に災害対応の権限を与えるべきだ」という提言が掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
6月26日(水) 新聞 読売新聞(朝刊31面)
▶8月17~21日に県立いえしま自然体験センターで開催され、本学の竹内和雄准教授と学生も指導役として加わる、スマートフォンの使い方を見直す「オフラインキャンプ」のお知らせが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
6月25日(火) 新聞 神戸新聞(朝刊33面)
▶相次ぐ高齢ドライバーによる事故で、運転免許証の自主返納の流れが高まる中、本学地域資源マネジメント研究科も参加するシンクタンク「北近畿地域連携会議」のアンケートによると、自動車学校で講習を受けた70歳以上の74%が「返納したくない」と回答したことが掲載されました
担当 地域資源マネジメント研究科
6月25日(火) 新聞 デイリースポーツ
▶神戸市で開催された「第19回日本蛋白質科学会年会/第71回日本細胞生物学会大会合同年次大会」の、大会長である本学の城宜嗣教授と京都産業大学の遠藤斗志也教授の顔写真が、告知ポスターに掲載され、当日顔出しパネルとして設置され話題を呼んでいることが掲載されました
担当 生命理学研究科 城宜嗣教授
6月24日(月) 新聞 デイリースポーツ
▶ひきこもりから脱却するために必要な理解・サポートについて、本学の川田美和准教授のコメントが掲載されました
担当 看護学部 川田美和准教授
6月23日(日) 新聞 神戸新聞(朝刊26面)
▶本学の創立15周年・新学部開設を記念して22日に開催された、シンポジウムの様子が掲載されました
担当 法人本部 大学教育改革室
6月22日(土) 新聞 神戸新聞(朝刊23面)
▶8月6日に看護学部が小中学生に向けて開く講座「人の体の不思議~このちがいってなぁに?」の参加者募集のお知らせが掲載されました
担当 看護学部
6月21日(金) 新聞 神戸新聞(淡路版・朝刊)
▶20日に淡路景観園芸学校で開催された、緑環境を軸とした景観づくりを学ぶ特別講演会を受けて、本学の嶽山洋志准教授のコメントが掲載されました
担当 緑環境景観マネジメント研究科 嶽山洋志准教授
6月21日(金) 新聞 神戸新聞(淡路版・朝刊)
▶本学緑環境景観マネジメント研究科の吉野咲さんが、里山に根付く淡路島の文化を記した小冊子「ちょっとうらやましい暮らし」を制作したことが掲載されました
担当 ―
6月20日(木) 新聞 神戸新聞(三田版・朝刊22面)
▶県の天然記念物に指定された皿池湿原で、神戸市と三田市の共催する観察会が開かれ、参加した本学の中島広樹さんのインタビューが掲載されました
担当 ―
6月19日(水) 新聞 朝日新聞(朝刊21面)
▶フィンランド発の、父親のための子育て支援の小冊子「パパカード」を日本精神科看護協会が和訳し、作成に携わった本学の西池絵衣子講師のコメントが掲載されました
担当 看護学部 西池絵衣子講師
6月18日(火) 新聞 神戸新聞(朝刊23面)
▶8日に神戸ユニバー記念競技場で開催された神戸市陸上競技記録会において、本学の八尾知典さんが800メートルで1位となり、記録が掲載されました
担当 ―
6月18日(火) 新聞 福井新聞 ONLINE
▶ニホンザルの出没が相次ぐ福井県福井市清水西地区で、小学生の下校を見守る「見守り隊」が結成され活動していることを受けて、本学の山端直人教授のコメントが掲載されました
担当 自然・環境科学研究所 山端直人教授
6月16日(日) 新聞 神戸新聞(朝刊26面)
▶デザインの学内公募を行った「県大バス」が運行を開始し、出発式の様子のほか、太田勲学長のコメントが掲載されました
担当 法人本部 経営戦略課
6月15日(土) 新聞 神戸新聞(朝刊16面)
▶関西実業団記録会兼兵庫実業団記録会が尼崎市ベイコム陸上競技場で開催され、本学の平田泰一さんが円盤投げで1位となり、記録が掲載されました
担当 ―
6月14日(金) 新聞 神戸新聞(朝刊24面)
▶阪神・淡路大震災から来年で25年となることから、30日に「ひょうご安全の日推進県民会議」が開かれ、本学の室﨑益輝教授が進行役を務めることが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
6月13日(木) 新聞 神戸新聞(朝刊28面)
▶本学と河合塾が23日、看護職に興味を持つ中高生、高卒生を対象に特別講義「広がる看護の多様性」を開催することが掲載されました
担当 看護学部
6月12日(水) 新聞 神戸新聞(明石版・朝刊25面)
▶水害を想定した「明石市総合防災訓練」が行われ、クレーンやヘリコプターを使った救助訓練のほか、本学看護学部学生による心肺蘇生訓練が行われたことが掲載されました
担当 看護学部
6月12日(水) 新聞 日本経済新聞(朝刊33面)
▶相続人以外に財産を残す「遺贈」について、みなと銀行、兵庫県、本学が連携し、遺贈の相談があった場合、みなと銀行が手続きを支援する取り決めを行ったことが掲載されました
担当 法人本部 総務人事課
6月10日(月) 新聞 神戸新聞(夕刊11面)
▶留学先での経験をきっかけに、本学減災復興政策研究科で災害支援について学ぶ立部知保里さんが、神戸の災害NGO「CODE海外災害援助市民センター」でインターシップに参加していることが掲載されました
担当 ―
6月10日(月) 新聞 河北新聞オンラインニュース
▶東日本大震災から10年の設置期限を迎える復興庁の後継組織について、本学の五百旗頭真理事長による「防災復興庁」の必要性についての提言が掲載されました
担当 五百旗頭真理事長
6月10日(月) 新聞 朝日新聞デジタル
▶本学の山端直人教授が参加する研究グループの開発した、害獣を捕獲するおりをスマホやパソコンで遠隔操作する装置が、7月から全国で発売されることが掲載されました
担当 自然・環境科学研究所 山端直人教授
6月9日(日) 新聞 神戸新聞(朝刊3面)
▶阪神・淡路大震災を機に立ち上がり、海外の被災地支援に取り組む非政府組織「CODE海外災害援助市民センター」の代表理事に、本学の室﨑益輝教授が選出されたことが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
6月8日(土) 新聞 日本経済新聞 電子版
▶本学の中山愛理さんが、オートバイの全日本ロードレース選手権J-GP3クラスの今季開幕戦で女性としては26年ぶりに2位となり、初の優勝を目指していることが掲載されました
担当 ―
6月8日(土) 新聞 宇部日報
▶山口県宇部市が炭鉱で栄えた名残でもある「桃色れんが」の塀が急速に姿を消していることを受けて、保存やリユースを呼び掛ける本学の内平隆之教授のコメントが掲載されました
担当 地域創造機構 内平隆之教授
6月8日(土) 新聞 山陽新聞デジタル
▶東京都江東区で教育関係者に向けて開催された、スマートフォンの中学・高校内への持ち込みを考えるセミナーで、コーディネーターを務めた本学の竹内和雄准教授のコメントが掲載されました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
6月7日(金) 新聞 神戸新聞(夕刊1面)
▶「第73回神戸新聞平和賞、文化賞、社会賞、スポーツ賞」の表彰式が開催され、本学の五百旗頭真理事長が平和賞を受賞したことが掲載されました
担当 五百旗頭真理事長
6月6日(木) 新聞 神戸新聞(朝刊14・20面)
▶「兵庫の大学へ行こう 2020」のコーナーで、本学の紹介が掲載されたほか、太田勲学長・工学部4年生の大島卓巳さんのインタビューが掲載されました
担当 法人本部 経営戦略課
6月6日(木) 新聞 日本経済新聞(朝刊29面)
▶日本経済新聞社と就職・転職支援の日経HRが実施した大学イメージ調査で、本学が近畿の大学イメージで第9位となったことが掲載されました
担当 ―
6月5日(水) 新聞 神戸新聞(朝刊8面)
▶神戸商工会議所と産業技術総合研究所が、人工知能(AI)の技術をビジネスに生かすために連携するのを記念し28日に開催するセミナーにおいて、本学がデータ活用の研究について説明することが紹介されました
担当 法人本部 産学連携・研究支援課
6月5日(水) 新聞 神戸新聞(朝刊8面)
▶兵庫労働局の畑中啓良局長が本学を訪れ、国際商経学部の学生に労働法制の基礎を教える講義をしたことが掲載されました
担当 国際商経学部
6月3日(月) 新聞 神戸新聞(朝刊23面)
▶連合兵庫主催の「2019地域フォーラムin兵庫」において、本学の三崎秀央教授が、「外国人労働者」との共生を考えるパネル討論に参加し、現状と課題について説いたことが掲載されました
担当 政策科学研究所 三崎秀央教授
6月3日(月) 新聞 朝日新聞(朝刊25面)
▶LINEなどのSNSによるいじめ自殺を受けて、その特徴と対処の方法について、本学の竹内和雄准教授のコメントが掲載されました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
6月2日(日) 新聞 神戸新聞(北播版・朝刊25面)
▶小野市市民安全部ヒューマンライフグループが主催し、本学の横山由紀子教授が講師を務める「おのウィメンズ・チャレンジ塾」(7~9月開催)の受講生募集案内が掲載されました
担当 国際商経学部 横山由紀子教授
6月2日(日) 新聞 神戸新聞(朝刊23面)
▶本学の学生も参加する「防災学生ボランティア」(兵庫県警災害対策課が学生に防災への意識を高めてもらうために実施)の委嘱式が1日に開催されたことが掲載されました
担当 ―
6月1日(土) 新聞 神戸新聞(但馬版・朝刊23面)
▶31日に「豊岡市空家等対策協議会」の第1回目の会合が開催され、本学の安枝英俊准教授が会長に選出されたことが掲載されました
担当 環境人間学部 安枝英俊准教授
6月1日(土) 新聞 神戸新聞(夕刊8面)
▶2020年春卒業予定の大学生に対する面接が解禁され、みなと銀行で面接を受けた本学の男子学生のコメントが掲載されました
担当 ―
 

カテゴリーメニュー

ピックアップコンテンツ


   
ページ先頭へ戻る