大学案内 Outline

新聞記事 2019年8月

8月31日(土) 新聞 読売新聞(朝刊13面)
▶企業や自治体でビッグデータを活用する動きが加速する一方で人材の不足が深刻化する中、本学が今年4月に社会情報科学部を開設し、人材の育成に力を入れていることが掲載されました
担当 社会情報科学部
8月30日(金) 新聞 神戸新聞(朝刊25面)
▶30日に電源が落とされる神戸・ポートアイランドのスーパーコンピューター「京」の歴史を振り返り、神戸大学、甲南大学とともに本学も隣接地にキャンパスを新設し、研究に活用してきたことが掲載されました
担当 応用情報科学研究科、シミュレーション学研究科
8月29日(木) 新聞 毎日新聞(朝刊21面)
▶「高校生のための生き物調査体験ツアーin台湾」が開かれ、本学の太田英利教授が講義や模擬実習を行い、日本と台湾の高校生が生物調査の意義を学んだことが掲載されました
担当 自然・環境科学研究所 太田英利教授
8月28日(水) 新聞 神戸新聞(朝刊10面)
▶本学経営学部の當間克雄教授のゼミ生が、印刷会社の(株)甲南堂と連携し、「国際フロンティア産業メッセ」の会場での同社のPRに参加することが掲載されました
担当 政策科学研究所 當間克雄教授
8月27日(火) 新聞 神戸新聞(東播版・朝刊27面)
▶加古川市教育委員会が9月1日に開く「いじめ防止市民フォーラム」で、本学の竹内和雄准教授がパネルディスカッションのコーディネーターを務めることが掲載されました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
8月27日(火)  新聞 神戸新聞(朝刊20面)
▶8・9日に開催された明石市夏季陸上競技記録会で、本学の藤原和輝さんが一般高校中学100メートル・同200メートルで、水畑樹さんが一般高校5000メートルで、平田泰一さんが一般円盤投げで、建部美月さんが一般高校中学400メートルでそれぞれ1位となり、記録が記載されました
担当 -
8月26日(月) 新聞 兵庫ジャーナル(2面)
▶スイス・ジュネーブで開かれた第72回世界保健総会で、本学の大学院看護学研究科3年生の胡沁さんが、国際看護師協会を代表してスピーチしたことが掲載されました
担当 -
8月24日(土) 新聞 神戸新聞(丹波版・朝刊25面)
▶2014年8月の丹波豪雨から3年が過ぎた2017年に、丹波市補助金の不正受給が明らかとなり復興に影を落とす市島町の前山地区について、本学の室﨑益輝教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
8月24日(土) 新聞 神戸新聞(朝刊3面)
▶本学の加藤恵正教授が座長を務める「兵庫県地域創生戦略会議」が23日に開かれ、県の将来の政策目標などについて議論されたことが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 加藤恵正教授
8月23日(金) 新聞 産経新聞(夕刊1面)
▶農業用の役割を終えたため池の管理について、大阪府のため池再生事業「オアシス構想」に基づき整備されるため池もある一方、全国一ため池の多い兵庫県では、本学のほか神戸大、京都大が連携する「東播磨フィールドステーション」がため池を地域資源として活用する方法を模索していることが掲載されました
担当 ー
8月22日(木) 新聞 山陽新聞digital
▶岡山県保育協議会保育会の創立60周年記念式典が21日開催され、本学の木村玲欧教授がセミナーを行ったことが掲載されました
担当 環境人間学部 木村玲欧教授
8月22日(木) 新聞 毎日新聞(朝刊23面) 連載
▶県立大西はりま天文台の連載記事に高山正輝研究員が、重力による相互作用で形状に変化をもたらし合う、渦巻銀河と不規則銀河について執筆しました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台)
8月22日(木) 新聞 産経新聞(朝刊23面)
▶兵庫県内の高校生や大学生らでつくる「阪神・淡路大震災」広報チーム「チーム・リメンバー117」の初会合が開かれ、本学2年生の林凌大さんのインタビューが掲載されました
担当 -
8月22日(木) 新聞 神戸新聞(朝刊27面)
▶本学の室﨑益輝教授と人と防災未来センターの小林郁雄上級研究員、甲南女子大学生らが東日本大震災で被災した岩手県沿岸部を訪問し、被災地を見て回ったほか、室﨑教授、小林上級研究員が講演を行ったことが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
8月20日(火) 新聞 読売新聞(朝刊30面)
▶「第24回全日本高校・大学生書道展」で、本学の川端真由美さんが優秀賞に選ばれたことが掲載されました
担当 -
8月20日(火) 新聞 神戸新聞(朝刊21面)
▶12日にウインク陸上競技場で開催された姫路市民体育大会陸上競技の部で、本学の平田泰一さんが円盤投げで1位となり、記録が掲載されました
担当 -
8月20日(火)  新聞 神戸新聞(三田版・朝刊)
▶兵庫県内各地に妖怪の伝説がある理由について、本学の大平和弘講師(兵庫県立人と自然の博物館研究員)による、災害の記憶や生活の知恵、悲惨な事件を後世に伝えようという、先人のメッセージであるという解説が掲載されました
担当 自然・環境科学研究所 大平和弘講師
8月16日(金)  新聞 神戸新聞(朝刊14面)
▶2019年版の情報通信白書によれば、今後情報通信技術(ICT)のさらなる重要性が増す一方人材不足が懸念されている中で、本学も今年社会情報科学部を新設し人材育成に力を入れていることが掲載されました
担当 社会情報科学部
8月13日(火)  新聞 JIJI.COM
▶本学の井上寛康准教授、早稲田大学の戸堂康之教授らが、南海トラフ地震による国内の生産額の減少が52兆円の規模に上るとの試算を、13日付で科学誌ネイチャー・サステナビリティーに発表したことが掲載されました
担当 シミュレーション学研究科 井上寛康准教授
8月10日(土) 新聞 毎日新聞(朝刊26、31面)
▶兵庫県佐用町で20人が犠牲となった豪雨災害から10年となる9日、追悼式と「つどい」が開かれ、本学の室﨑益輝教授が講演したことが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
8月10日(土) 新聞 神戸新聞(東播版・朝刊25面)
▶兵庫県加古川市尾上町の養田南町内会が、災害対策について考える研修会を開き、本学の阪本真由美准教授が講話を行ったことが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 阪本真由美准教授
8月10日(土) 新聞 神戸新聞(西播版・朝刊24面)
▶西はりま天文台で開かれる、ペルセウス座流座群の観察会のお知らせが掲載されました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台)
8月9日(金) 新聞 山陽新聞digital
▶7月13日に岡山市で開かれた「防災セミナーin岡山」で、本学の室﨑益輝教授が災害時における「共助」の重要性について講演したことが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
8月9日(金) 新聞 神戸新聞(北播版・朝刊21面)
▶兵庫県多可町内の全小中学校8校の児童、生徒代表が集まって開かれた「小中学生サミット」で、いじめをテーマに意見交換が行われ、本学の竹内和雄准教授が進行役を務めたことが掲載されました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
8月9日(金) 新聞 毎日新聞(朝刊26面)
▶佐用町水害発生から10年を迎える9日、防災を考える「つどい」が開かれ、本学の室﨑益輝教授が講演することが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
8月7日(水) 新聞 神戸新聞(東播版・朝刊25面)
▶高砂市の将来像について市職員と若者が議論する「高砂未来一日研究所」に本学の学生7人が参加し、経営学部4年の高野仁志さんのインタビューが掲載されました
担当 -
8月7日(水)新聞 神戸新聞(朝刊28面)
▶次々と起こる災害に対処するため、兵庫県内の土砂災害警戒区域の全ての危険箇所を早急にハード整備していくことが難しいことを受けて、本学の室﨑益輝教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
8月6日(火) 新聞 毎日新聞 デジタル版
▶兵庫県の天然記念物「皿池湿原」で25日、見学会が開かれ、本学の石田弘明教授が貴重な生態系が残る皿池湿原の魅力を解説することが掲載されました
担当 自然・環境科学研究所 石田弘明教授
8月6日(火)  新聞 神戸新聞(朝刊21面)
▶3日に加古川運動公園で開催された「加古川ナイター陸上競技記録会」で、本学の清水祥吾さんが共通800メートルで、水畑樹さんが一般・高校5000メートルで、平田泰一さんが一般円盤投げで、建部美月さんが共通200メートルでそれぞれ1位となり、記録が掲載されました
担当 -
8月6日(火) 新聞 神戸新聞(朝刊30面)
▶2009年の県西・北部豪雨を機に佐用町が「災害モニター」制度を導入したこと等を受けて、本学の室﨑益輝教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
8月5日(月) 新聞 神戸新聞(朝刊27面)
▶兵庫県内で22人の死者・行方不明者を出した県西・北部豪雨からまもなく10年となり、災害のたびに教訓が塗り替えられてきたことを受けて、本学の木村玲欧教授のコメントが掲載されました
担当 環境人間学部 木村玲欧教授
8月5日(月) 新聞 神戸新聞(西播版・朝刊22面)
▶県西・北部豪雨から10年となる9日、佐用町で防災リーダー研修会を兼ねた特別講演会が開かれ、本学の室﨑益輝教授が特別講演を行うことが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
8月5日(月) 新聞 読売新聞(朝刊29面)
▶本学の学生約70人が兵庫県警に協力し、中高生らがインターネットを通じて知り合った大人と、食事などをした見返りに金銭などを受け取る「パパ活」を取り締まる活動を行っていることが掲載されました
担当 -
8月4日(日) 新聞 毎日新聞 デジタル版
▶姫路環境人間キャンパスで3日、除虫菊を使った蚊取り線香作りや、相生市の「相生野瀬かんぴょう」を削って干す体験会が開催され、親子連れや学生約70人が参加したことが掲載されました
担当 姫路環境人間キャンパス
8月3日(土) 新聞 神戸新聞(朝刊10面)
▶「ひょうご企業探訪」のコーナーで、本学の山口隆英教授のゼミ生小森菜々子さんがスイコー(株)を訪れ、会社の歴史や業務展開などについて取材しました
担当 国際商経学部 山口隆英教授
8月3日(土) 新聞 神戸新聞(朝刊26面)
▶本学の室﨑益輝教授も講師を務める、「ひょうご防災リーダー講座」の受講者募集のお知らせが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
8月3日(土) 新聞 神戸新聞(夕刊9面)
▶医療現場での外国人にも分かりやすい「やさしい日本語」の普及を目指す国立国際医療研究センターが、関西では初めて本学の看護学部で講座を開くことが掲載され、竹村和子助教のコメントが掲載されました
担当 看護学部 竹村和子助教
8月2日(金) 新聞 神戸新聞(姫路版・朝刊23面)
▶姫路信用金庫が、本学と共同研究を行う兵庫県内の企業が対象となる、「ひめしん研究開発支援助成金」を交付する企業3社を発表し、贈呈式を行ったことが掲載されました
担当 産学連携・研究推進機構
 

カテゴリーメニュー

ピックアップコンテンツ


   
ページ先頭へ戻る