大学案内 Outline

新聞記事 2020年6月

6月30日(火) 新聞 神戸新聞(西播版・朝刊26面)
▶文部科学省主催の「大学入試のあり方に関する検討会議」に、本学附属高等学校2年生の原真里さんが「外部有識者」として参加したことが取り上げられました
担当 -
6月29日(月) 新聞 朝日新聞(朝刊24面)
▶災害からいのちを守るために重要なハザードマップについて、本学の阪本真由美教授、諏訪清二特任教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 阪本真由美教授、諏訪清二特任教授
6月28日(日) 新聞 産経新聞(朝刊20面)
▶本学の学生もアルバイトで講師を務める、神戸市主催のオンライン学習支援事業の対象を中学3年生だけでなく2年生まで拡大し、実施期間も3月末まで延長することが取り上げられました
担当 -
6月27日(土) 新聞 両丹日日新聞
▶京都府福知山市が本学に依頼した「シカ生息密度推定調査」をもとに、新しい市鳥獣被害防止計画を策定したことが取り上げられました
担当 -
6月26日(金) 新聞 神戸新聞(朝刊16面)
▶本学の五百旗頭真理事長が、連載記事「未来をつむぐ歴史」において、各国の新型コロナ対応により明らかとなった社会の脆弱性について執筆しました
担当 五百旗頭真理事長
6月25日(木) 新聞 建設通信新聞DIGITAL
▶内閣府の戦略的イノベーション創造プログラムにおける「市町村災害対応統合システム開発」の一員として、本学が研究開発グループに参画していることが取り上げられました
担当 -
6月25日(木) 新聞 毎日新聞(朝刊21面)連載
▶県立大西はりま天文台の連載記事で、太陽の表面温度よりその外側の大気「太陽コロナ」のほうが高温であるという不思議な現象について、高山正輝研究員が執筆しました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台)
6月25日(木) 新聞 神戸新聞(但馬版・朝刊21面)
▶朝来市から地域資源マネジメント研究科に出向している波多野哲哉さんが、梅雨の時期にだけ飛ぶ希少種のチョウ「キマダラルリツバメ」を捕獲したことが取り上げられました
担当 -
6月24日(水) 新聞 JIJI.COM
▶本学の竹内和雄准教授が座長を務める文部科学省の有識者会議で、これまで禁止されていた中学校への携帯電話の持ち込みが条件付きで容認されたことが掲載されました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
6月24日(水) 新聞 神戸新聞(朝刊1面)
▶丹波地域で世界最小の恐竜卵化石が確認されたことを受けて、本学の池田忠広准教授のコメントが掲載されました
担当 自然・環境科学研究所 池田忠広准教授
6月23日(火) 新聞 神戸新聞(朝刊6面)
▶本学の豊田正博准教授らが講師を務める、兵庫県内の農業者を対象にした「農福連携」の研修会のお知らせが掲載されました
担当 緑環境景観マネジメント研究科 豊田正博准教授
6月20日(土) 新聞 神戸新聞(三木版・朝刊21面)
▶太陽に月が重なり、1部分を隠す「部分日食」が21日に観察できるのを前に、西はりま天文台の小倉和幸天文学専門員による観察のポイントが掲載されました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台)
6月19日(金) 新聞 神戸新聞(朝刊23面)
▶大阪北部地震から2年を迎え、兵庫県内の保育施設の11.9%が現行の耐震基準を満たしていないことを受けて、本学の室﨑益輝教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
6月18日(木) 新聞 神戸新聞(朝刊22面)
▶本学の五百旗頭真理事長の提案で、ポストコロナを見据えた社会のあり方を考える「ポストコロナ社会兵庫会議」が発足したことが掲載されました
担当 五百旗頭真理事長、減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
6月18日(木) 新聞 毎日新聞(朝刊21面)
▶災害からの避難手段の一つである在宅避難について、本学の室﨑益輝教授のインタビューが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
6月18日(木) 新聞 読売新聞(朝刊25面)
▶姫路市の工業炉建設会社「広築」が兵庫県に700万円を寄付し、姫路工学キャンパスにある最先端工学機器整備に充てられることが掲載されました
担当 姫路工学キャンパス
6月18日(木) 新聞 読売新聞(朝刊27面)、毎日新聞(朝刊23面)、産経新聞(朝刊22面)、神戸新聞(朝刊4面)、JIJI.COM
▶本学の五百旗頭真理事長が宮内庁参与に就任することが掲載されました
担当 五百旗頭真理事長
6月17日(水) 新聞 神戸新聞(朝刊24面)
▶開設から30年を迎えた西はりま天文台の歩みと取り組みについて、特集記事が掲載されました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台)
6月14日(日) 新聞 神戸新聞(朝刊10・11面)
▶2019年度兵庫県水泳ランキングが発表され、本学附属高等学校の白根兵悟さんが男子200メートル自由形で9位に、元西聖莉さんが女子50メートル平泳ぎで7位にランキングしました
担当 ―
6月12日(金) 新聞 神戸新聞(西播版・朝刊18面)
▶西はりま天文台で、約500株のラベンダーが見頃を迎えていることが掲載されました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台)
6月11日(木) 新聞 朝日新聞(朝刊18面)
▶子どもたちのインターネットやスマートフォンの安全な利用について、本学の学生3人によるインタビューが掲載されました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
6月10日(水) 新聞 神戸新聞(地方版・朝刊)
▶三田市内の小中学校のカウンセラーらを対象とした研修会で、本学の冨永良喜教授が講師を務めたことが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 冨永良喜教授
6月10日(水) 新聞 日本経済新聞(朝刊27面)
▶ポストコロナを見据えた社会について、本学の五百旗頭真理事長のインタビューが掲載されました
担当 五百旗頭真理事長
6月8日(月) 新聞 毎日新聞 電子版
▶新型コロナウイルスの影響で困窮する留学生への政府の支援策について、本学の園田節子教授のコメントが掲載されました
担当 国際商経学部 園田節子教授
6月8日(月) 新聞 西日本新聞 電子版
▶新型コロナウイルスの流行により、災害時の車中泊増加が予想されることについて、本学の室﨑益輝教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
6月6日(土) 新聞 毎日新聞(朝刊21面)
▶新型コロナウイルス感染拡大の影響で休校が続いた子どもたちの心のケアについて、本学の冨永良喜教授のインタビューが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 冨永良喜教授
6月4日(木) 新聞 神戸新聞(但馬版・朝刊17面)
▶学生支援も兼ねたコウノトリ生息地の管理アルバイトに、本学地域資源マネジメント研究科の藤田大空さんが参加していることが掲載されました
担当 -
6月3日(水) 新聞 神戸新聞(三田版・朝刊18面)
▶三田市が開催予定の市内の中学校のカウンセラーらを対象とした研修会で、本学の冨永良喜教授が講師を務めることが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 冨永良喜教授
6月3日(水) 新聞 日本経済新聞(朝刊27面)
▶新型コロナウイルス感染の第2波への備えについて、本学の室﨑益輝教授のインタビューが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
6月2日(火) 新聞 毎日新聞(夕刊1面)
▶本学の冨永良喜教授らが子どもたちの心のケアのために作成した「心とからだのチェックリスト」が注目を集めていることが取り上げられました
担当 減災復興政策研究科 冨永良喜教授
6月1日(月) 新聞 毎日新聞(朝刊23面)
▶本学の竹内和雄准教授がコーディネーターを務めた、大阪と兵庫の公立小中高の教員たちによるネット座談会の要旨が掲載されました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
 

カテゴリーメニュー

ピックアップコンテンツ


   
ページ先頭へ戻る