大学案内 Outline

新聞記事 2020年10月

10月29日(木) 新聞 毎日新聞(朝刊21面) 連載
▶県立大西はりま天文台の連載記事で、397年振りに大接近する木星と土星について、鳴澤真也天文科学専門員が執筆しました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台)
10月28日(水) 新聞 神戸新聞(西播版・朝刊26面)
▶本学附属高等学校2年(功績時の学年)の松尾まどかさんが、赤穂市文化奨励賞を受賞しました
担当 -
10月27日(火) 新聞 神戸新聞(朝刊24面)
▶24、25日に開催された加古川市陸上競技大会において、本学の若杉栞奈さんが一般高校共通女子円盤投げで1位となり、記録が掲載されました
担当 -
10月27日(火) 新聞 教育新聞 電子版 連載
▶スマートホン利用率の低年齢化について、本学の竹内和雄准教授のインタビューが掲載されました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
10月27日(火) 新聞 西日本新聞、熊本日日新聞
▶本学の五百旗頭真理事長が座長を務める「くまもと復旧・復興有識者会議」が、7月の豪雨災害で氾濫した球磨川流域の治水対策について提言したことが取り上げられました
担当 五百旗頭真理事長
10月27日(火) 新聞 朝日新聞(淡路版・朝刊29面) 連載
▶「あわじ 野の花 庭の花」の連載に、本学の田淵美也子准教授がミツバハマゴウについて執筆しました
担当 緑環境景観マネジメント研究科 田淵美也子准教授
10月26日(月) 新聞 神戸新聞(朝刊22面)
▶本学がリアルタイムイベントやバーチャルツアーで参加する、神戸医療産業都市の市民向けオンラインイベントのお知らせが掲載されました
担当  -
10月26日(月) 新聞 神戸新聞(朝刊7面)
▶兵庫県高校駅伝の出場権を懸けた西播地区予選会が25日に行われ、本学附属高等学校の女子チームが出場権を獲得したことが掲載されました
担当 -
10月24日(土) 新聞 神戸新聞(朝刊33面)、23日(金) 新聞 神戸新聞(朝刊31面)
▶新型コロナウイルスの影響で大学祭が例年通りに行かない中、本学の「商大祭」がオンラインで開催されることが掲載されました
担当 -
10月23日(金) 新聞 教育新聞 電子版 連載
▶中学校への携帯電話の持ち込みの対応が学校ごとに異なることについて、本学の竹内和雄准教授のインタビューが掲載されました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
10月23日(金) 新聞 神戸新聞(西播版・朝刊26面)
▶西はりま天文台に宿泊し、星空観察を楽しむ子ども向けの自然体験イベント「季節の畑と星を追っかけろ!」のお知らせが掲載されました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台)
10月22日(木) 新聞 熊本日日新聞
▶7月の豪雨災害で甚大な被害を受けた熊本県八代市坂本町で集落再生を学ぶ講演会が開催され、本学の澤田雅浩准教授が講師を務めたことが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 澤田雅浩准教授
10月22日(木) 新聞 神戸新聞(朝刊24面)
▶本学の城宜嗣教授が、2020年度の兵庫県科学賞を受賞したことが掲載されました
担当 生命理学研究科 城宜嗣教授
10月21日(水) 新聞 産経新聞 電子版
▶新型コロナウイルスの影響で注目を集めている「サブスクリプション」ビジネスについて、本学の川上昌直教授のコメントが掲載されました
担当 担当:国際商経学部 川上昌直教授
10月21日(水) 新聞 朝日新聞(淡路版・朝刊23面)連載
▶「あわじ 野の花 庭の花」の連載に、本学の澤田佳宏准教授がメガルカヤについて執筆しました
担当 緑環境景観マネジメント研究科 澤田佳宏准教授
10月20日(火) 新聞 神戸新聞(朝刊29面)、東京新聞 電子版、共同通信
▶本学の土居秀幸准教授の所属する研究グループが、海底下微生物群集に関する全球規模の調査を実施し、海底堆積物に生息する微生物群集の多様性を明らかにしたことが掲載されました
担当 神戸情報科学キャンパス 経営部 総務学務課
10月19日(月) 新聞 神戸新聞(地方版)、9日(金) 新聞 山梨日日新聞
▶兵庫県立大学高度産業科学技術研究所の内海裕一教授、山口明啓准教授の所属する研究グループが、X線・紫外線微細加工技術と精密射出成形技術を用いて作製した使い捨て検査ディスクを主要機能とする小型の免疫測定装置の開発に成功したことが掲載されました
担当 播磨理学キャンパス 経営部
10月18日(日) 新聞 読売新聞(朝刊33面)
▶新型コロナウイルス感染症への「正しい恐れ方」を子どもたちにどう教えるか、本学の冨永良喜教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 冨永良喜教授
10月17日(土) 新聞 神戸新聞(朝刊28面)
▶本学の加藤惠正教授が座長を務める、神戸市の新長田駅南地区再開発事業を検証する有識者会議の第2回会合が開かれ、市がまとめた検証案が示されました
担当 減災復興政策研究科 加藤惠正教授
10月17日(土) 新聞 神戸新聞(朝刊14面)
▶社会課題の解決と利益という、相反しがちな目的を追及するベンチャー企業を育てる経済産業省のプログラムに、本学も参加していることが掲載されました
担当 -
10月16日(金) 新聞 日本経済新聞(夕刊11面)
▶昨年東日本に深刻な被害をもたらした台風19号により明らかとなった「広域避難」の課題について、本学の木村玲欧教授のコメントが掲載されました
担当 環境人間学部 木村玲欧教授
10月16日(金) 新聞 神戸新聞(朝刊24面)、日刊工業新聞(29面)
▶本学と国立研究開発法人情報通信研究機構が、共同開発や人材交流を目的とした協定を結んだことが取り上げられ、太田勲学長のコメントが掲載されました
担当 法人本部 産学連携・研究支援課
10月15日(木) 新聞 毎日新聞(朝刊1面)
▶災害時に高齢者や障害者らを受け入れる「福祉避難所」の不足について、本学の室﨑益輝教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
10月14日(水) 新聞 神戸新聞(朝刊16面)
▶ユニバ―記念競技場で開催された兵庫陸上秋季記録会で、本学の平田泰一さんが男子円盤投げ(2キロ)の部で1位となり、記録が掲載されました
担当 -
10月14日(水) 新聞 日刊工業新聞
▶本学の中嶋誠二准教授、藤澤浩訓教授、清水勝特任教授らの所属する共同研究グループが、マルチフェロイック材料であるビスマスフェライトにマンガンを微量添加すると、高い電圧が発生することを発表しました
担当 姫路工学キャンパス 経営部
10月13日(火) 新聞 教育新聞 電子版 連載
▶文部科学省による小中学校と高等学校へのスマートホンの持ち込みに関する通知について、本学の竹内和雄准教授のインタビューが掲載されました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
10月13日(火) 新聞 朝日新聞(朝刊21面)
▶朝日新聞社が開催した「子どもとオンライン」がテーマの記者サロンで、本学の竹内和雄准教授が視聴者からの質問に回答したことが掲載されました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
10月13日(火) 新聞 朝日新聞(淡路版・朝刊31面)連載
▶「あわじ 野の花 庭の花」の連載に、本学の澤田佳宏准教授がツリガネニンジンについて執筆しました
担当 緑環境景観マネジメント研究科 澤田佳宏准教授
10月12日(月) 新聞 日本経済新聞 電子版
▶2019年の台風19号から1年となり、「広域避難」の課題について、本学の木村玲欧教授のコメントが掲載されました
担当 環境人間学部 木村玲欧教授
10月11日(日) 新聞 神戸新聞(姫路版・25面)
▶姫路市安富町関地区で約60年ぶりに復活した「弓引き行事」に本学の弓道部の学生が参加し、中嶋心音さんのコメントが掲載されました
担当 -
10月11日(日) 新聞 神戸新聞(西播版・24面)
▶たつの市にある播磨高原東小学校で、本学附属中学・高等学校の自然科学部、天文班の生徒が指導役となり、天体観測教室が開催されたことが取り上げられました
担当 -
10月11日(日) 新聞 読売新聞 電子版
▶2019年度までの5年間に教え子へのわいせつ行為などで懲戒処分を受けた公立学校教員の約半数が、ソーシャルネットワーキングサービスで被害生徒とやりとりをしていたことについて、本学の竹内和雄准教授のコメントが掲載されました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
10月9日(金) 新聞 神戸新聞(北播版・朝刊21面)
▶多可町立中町北小学校、中町中学校で互いを尊重した聞き方、話し方を学ぶ「ピア・サポート学習」が行われ、本学の竹内和雄准教授が講師を務めたほか、本学の学生がアシスタントとして参加したことが取り上げられました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
10月8日(木) 新聞 神戸新聞(朝刊10面)
▶兵庫労働局の連続寄付講座「労働法制度と労働行政の役割」が神戸商科キャンパスで開始され、経済学部3年の宮原由貴さんのコメントが掲載されました
担当 神戸商科キャンパス
10月7日(水) 新聞 朝日新聞 電子版
▶20年前の鳥取県西部地震の教訓を再認識しようと鳥取県が開催したフォーラムで、本学の室﨑益輝教授が基調講演を行ったことが取り上げられました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
10月7日(水) 新聞 西日本新聞
▶長崎大学などによる長崎県の雲仙温泉の地下構造調査に本学の後藤忠徳教授が協力し、地下データの収集を行ったことが取り上げられました
担当 生命理学研究科 後藤忠徳教授
10月7日(水) 新聞 毎日新聞(朝刊22面)
▶本学の研究チームが、国の特別天然記念物コウノトリの羽毛から食性を分析し、魚類の摂取量低下が絶滅の原因との推定結果を発表したことが掲載されました
担当  豊岡ジオ・コウノトリキャンパス 経営部
10月6日(火) 新聞 神戸新聞(朝刊26面)
▶7月の落雷で故障した西はりま天文台の「なゆた望遠鏡」が、3カ月ぶりに利用を再開したことが取り上げられました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台)
10月6日(火) 新聞 朝日新聞(淡路版・朝刊19面)連載
▶「あわじ 野の花 庭の花」の連載に、本学の田淵美也子准教授がコスモスについて執筆しました
担当 緑環境景観マネジメント研究科 田淵美也子准教授
10月3日(土) 新聞 神戸新聞(三木版・朝刊23面)
▶加齢に伴い身体の機能が低下する「フレイル」の予防に貢献しようと、本学と兵庫県立三木北高等学校が共同で立ち上げたプロジェクトについて取り上げられました
担当 環境人間学部 内田勇人教授
10月2日(金) 新聞 神戸新聞(朝刊22面)
▶新型コロナウイルスの影響でオンライン授業を続けていた本学が、後期から対面での授業を再開したことが取り上げられ、太田勲学長のインタビューが掲載されました
担当 太田勲学長
10月1日(木) 新聞 毎日新聞(朝刊23面)連載
▶県立大西はりま天文台の連載記事で、小さな望遠鏡では見ることが難しい、木星や土星の衛星について、大島誠人研究員が執筆しました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台)
10月1日(木) 新聞 朝日新聞(朝刊20面)
▶本学の竹内和雄准教授が運営に関わる、子どもたちがインターネットの使い方を見直すための「人とつながるオフラインキャンプ」について取り上げられました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
10月1日(木) 新聞 毎日新聞(朝刊22面)
▶本学の室﨑益輝教授らが募った熊本豪雨の学生ボランティア支援のためのクラウドファンディングが目標額を達成し、助成対象となる学生団体を募集していることが取り上げられました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
10月1日(木) 新聞 神戸新聞(西播版・朝刊20面)
▶佐用町・江川地区で“映像開催”された地域イベントで、西はりま天文台の鳴澤真也天文科学専門員の星空教室が開催されたことが取り上げられました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台) 鳴澤真也天文科学専門員
 

カテゴリーメニュー

ピックアップコンテンツ


   
ページ先頭へ戻る