大学案内 Outline

新聞記事 2020年12月

12月25日(金) 新聞 河北新報
▶本学の室﨑益輝教授が座長を務める、総務省消防庁主催の消防団員の待遇に関する検討会の初会合が開催されたことが取り上げられました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
12月25日(金) 新聞 神戸新聞(朝刊22面)
▶本学とマリスト・ブラザーズ・インターナショナル・スクールとの間で、留学生確保に係る覚書を締結したことが掲載されました
担当 神戸商科キャンパス 経営部(国際交流・学生課)
12月25日(金) 新聞 神戸新聞(朝刊3面)
▶災害時の避難所運営と新型コロナウイルス感染防止の両立に、多くの自治体が苦慮していることを受けて、本学の室﨑益輝教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
12月25日(金) 新聞 神戸新聞(朝刊15面)連載
▶本学の五百旗頭真理事長が、連載記事「未来をつむぐ歴史」において、新型コロナウイルス感染症に対する各国の対応について執筆しました
担当  五百旗頭真理事長
12月24日(木) 新聞 毎日新聞 電子版
▶本学の大迫義人教授と県立コウノトリの郷公園江崎保男園長が、GPSを用いてコウノトリの移動パターンを分析したことが取り上げられました
担当 地域資源マネジメント研究科 大迫義人教授
12月24日(木) 新聞 朝日新聞(朝刊22面)
▶阪神・淡路大震災の復興事業、新長田駅南地区の再開発について神戸市が検証結果をまとめたことを受けて、本学の澤田雅浩准教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 澤田雅浩准教授
12月24日(木) 新聞 朝日新聞(朝刊1面)、毎日新聞(朝刊22面)、神戸新聞(朝刊1面)、23日(水) 新聞 神戸新聞(夕刊1面)
▶阪神・淡路大震災の復興事業、新長田駅南地区の再開発について、本学の加藤加藤惠正教授が座長を務める有識者会議の意見を踏まえ、神戸市が検証結果を発表したことが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 加藤惠正教授
12月22日(火) 新聞 日本経済新聞(夕刊)
▶大規模災害による被災地復興のための合意形成や金銭支援について、本学の室﨑益輝教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
12月22日(火) 新聞 神戸新聞(但馬版・朝刊25面)
▶地域資源マネジメント研究科が開催したオンライン公開講座で、子どもたちが火山の仕組みについて学んだことが取り上げられました
担当 地域資源マネジメント研究科 佐野恭平助教
12月22日(火) 新聞 朝日新聞(淡路版・朝刊25面)連載
▶「あわじ 野の花 庭の花」の連載に、本学の田淵美也子准教授がヒイラギモチについて執筆しました
担当 緑環境景観マネジメント研究科 田淵美也子准教授
12月21日(月) 新聞 産経新聞(夕刊5面)
▶学校現場などでの防災教育を研究するため設立された、本学の諏訪清二特任教授が会長を務める「防災教育学会」の第1回大会が開催されたことが取り上げられました
担当 諏訪清二特任教授
12月18日(金) 新聞 両丹日日新聞
▶本学と鳥獣被害対策で連携する京都府福知山市が、鳥獣被害対策に専従する正規職員「鳥獣対策員」を新設したことが取り上げられました
担当 -
12月19日(土) 新聞 産経新聞(朝刊22面)、18日(金) 新聞 神戸新聞(朝刊1・30面)、日本経済新聞(朝刊39面)
▶阪神・淡路大震災からの復興計画を先頭に立って推進した元神戸大学長、新野幸次郎さんが亡くなったことを受けて、五百旗頭真理事長、室﨑益輝教授の追悼のコメントが掲載されました
担当 五百旗頭真理事長、減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
12月18日(金) 新聞 神戸新聞(朝刊26面)
▶約400年ぶりに大接近する木星と土星について、本学の鳴澤真也天文科学専門員の解説が掲載されました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台) 鳴澤真也天文科学専門員
12月18日(金) 新聞 朝日新聞(名古屋版・朝刊25面)
▶高校生が大学での学びに触れる「プロフェッサー・ビジット」が愛知県立瑞陵高校で開かれ、本学の川嶋宏彰教授が講義を行ったことが取り上げられました
担当 社会情報科学部 川嶋宏彰教授
12月17日(木) 新聞 毎日新聞(朝刊25面)
▶県立大西はりま天文台の連載記事で、冬に見られる1等星、りゅうこつ座のカノープスについて小倉和幸天文科学専門員が執筆しました
担当 自然・環境科学研究所(西はりま天文台)
12月16日(水) 新聞 神戸新聞(明石版・朝刊25面)
▶明石市教育委員会が東京パラリンピックの正式種目「ボッチャ」の講習用動画制作に取り組んでおり、本学の学生も収録に参加したことが取り上げられました
担当 -
12月16日(水) 新聞 神戸新聞(夕刊1面)
▶緑環境景観マネジメント研究科2年の菅井暁乃さんらが、淡路市内でヤギ2頭による除草実験を進めていることが取り上げられました
担当 -
12月16日(水) 新聞 読売新聞(朝刊17面)
▶新型コロナウイルス感染症拡大により、不安を抱える子どもたちへの配慮について、本学の冨永良喜教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 冨永良喜教授
12月15日(火) 新聞 神戸新聞(淡路版・朝刊31面)
▶南海トラフ地震への備えを考える「津波防災フォーラム2020」が開かれ、本学の大学院生が防災劇を発表したことが取り上げられました
担当 -
12月15日(火) 新聞 神戸新聞(朝刊11面)
▶「第11回ひょうご新聞感想文コンクール」で、本学附属中学校1年の佐原小麦さんが摺河学園賞を受賞しました
担当 -
12月15日(火) 新聞 朝日新聞(淡路版・朝刊27面)連載
▶「あわじ 野の花 庭の花」の連載に、本学の澤田佳宏准教授がシマサルナシについて執筆しました
担当 緑環境景観マネジメント研究科 澤田佳宏准教授
12月15日(火) 新聞 日本経済新聞(朝刊43面)
▶神戸市中心部のJR三ノ宮駅再整備計画が停滞していることを受けて、本学の加藤惠正教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 加藤惠正教授
12月12日(土) 新聞 読売新聞(朝刊28面)
▶第10回自治体災害対策全国会議が開かれ、本学の室﨑益輝教授が講話を行い、木村玲欧教授が討論第1部で座長を務めたことが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授、環境人間学部 木村玲欧教授
12月12日(土) 新聞 毎日新聞(朝刊24面)
▶退任を表明した井戸敏三兵庫県知事の、阪神大震災の復興に携わった功績について、本学の室﨑益輝教授のコメントが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
12月12日(土) 新聞 神戸新聞(淡路版・朝刊25面)
▶緑環境景観マネジメント研究科2年の尾谷悠介さんと嶽山洋志准教授が、コロナ禍でも楽しめる「デジタルスタンプラリー」を企画したことが取り上げられました
担当 緑環境景観マネジメント研究科 嶽山洋志准教授
12月10日(木) 新聞 朝日新聞(朝刊19面)、神戸新聞(朝刊24面)
▶自然災害による被災に備える「兵庫県住宅再建共済制度」の推進会議が開かれ、本学の室﨑益輝教授が討議に参加したことが掲載されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
12月9日(水) 新聞 神戸新聞(夕刊1面)
▶姫路城下の町屋を保存しようと、地域住民による活動が始まり、調査に同行した本学の土川忠浩教授のコメントが掲載されました
担当 環境人間学部 土川忠浩教授
12月9日(水) 新聞 朝日新聞(朝刊20面)
▶本学の竹内和雄准教授が運営に関わる、小中学生がネット漬けの生活から抜け出すために参加したキャンプの後の、フォローアップキャンプについて取り上げられました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
12月8日(火) 新聞 朝日新聞(淡路版・朝刊19面)連載
▶「あわじ 野の花 庭の花」の連載に、本学の澤田佳宏准教授がアゼトウナについて執筆しました
担当 緑環境景観マネジメント研究科 澤田佳宏准教授
12月7日(月) 新聞 神戸新聞(丹波版・朝刊25面)
▶「丹波竜フェスタ」が開催され、本学の三枝春生准教授が「篠山層群の角竜とその世界」について講演したことが掲載されました
担当 自然・環境科学研究所 三枝春生准教授
12月6日(日) 新聞 朝日新聞(朝刊28面)
▶18歳未満の少女に性行為を伴う接客業をあっせんする事例が後を絶たないことを受けて、本学の竹内和雄准教授のコメントが掲載されました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
12月3日(木) 新聞 読売新聞(夕刊8面)
▶文部科学省が携帯電話やスマートフォンの中学校への持ち込みを条件付きで認めたことを受けて、本学の竹内和雄准教授のコメントが掲載されました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
12月1日(火) 新聞 朝日新聞(淡路版・朝刊23面)連載
▶「あわじ 野の花 庭の花」の連載に、本学の田淵美也子准教授がツワブキについて執筆しました
担当 緑環境景観マネジメント研究科 田淵美也子准教授
12月1日(火) 新聞 神戸新聞(西播版・朝刊24面)
▶本学附属中学校、高等学校が、姉妹校協定を結ぶオーストラリア・ウィルトン高校の生徒たちと、オンラインを活用した交流に取り組んでいることが取り上げられました
担当 -
 

カテゴリーメニュー

ピックアップコンテンツ


   
ページ先頭へ戻る