大学案内 Outline

記者発表詳細 2017年10月

平成29年10月18日(水曜日)

ドローンによる水生生物調査が可能に! ドローン採水システムによる環境DNA調査法を確立

趣旨

兵庫県立大学 土居秀行(どいひでゆき)准教授、山口大学 赤松良久(あかまつよしひさ)准教授、ルーチェサーチ(株) 渡辺豊(わたなべゆたか)氏、奈良女子大学 片野泉(かたのいずみ)准教授、神戸大学 源利文(みなもととしふみ)准教授らの研究グループは、新たに開発したドローン採水システムにより水を汲むことで、環境DNAから魚類の生息を把握する手法を確立し、平成29年10月18日付けで、国際陸水海洋学会の科学誌(Limnology and Oceanography: Methods)電子版に発表します。


内容等

研究論文名
Water sampling for environmental DNA surveys by using an unmanned aerial vehicle
著者
  • 土居秀幸(兵庫県立大学大学院シミュレーション学研究科)
  • 赤松良久(山口大学大学院創成科学研究科)
  • 渡辺豊(ルーチェサーチ(株))
  • 後藤益滋(山口大学大学院創成科学研究科)
  • 乾隆帝(山口大学大学院創成科学研究科)
  • 片野泉(奈良女子大学研究院自然科学系)
  • 永野真理子(兵庫県立大学大学院シミュレーション学研究科)
  • 高原輝彦(島根大学生物資源学部)
  • 源利文(神戸大学大学院人間環境学研究科)
3名の著者は第一著者として同等に貢献した。
公表雑誌
Limnology and Oceanography: Methods
公表日
日本時間 10月18日午後1時(13時)
詳細
別紙のとおり

平成29年10月2日(月曜日)

「スマートテクノロジー 新技術説明会 2017」の開催について

趣旨

兵庫県立大学、大阪府立大学、大阪市立大学の公立3大学は、科学技術振興機構との共催で、11月9日(木曜日)に、JST東京本部別館(於:東京都千代田区)1Fホールにて「スマートテクノロジー新技術説明会2017」を開催します。
このイベントは一般企業や公設試験研究機関、その他大学との連携に関心のある方を対象に研究成果の社会還元活動(技術移転)することを目的に、「環境・エネルギー」、「ライフサイエンス」、「材料」、「計測・分析」「情報・通信」の分野から、3大学の選りすぐりの特許技術(未公開出願も含む)9テーマを発明者自ら説明いたします。また、会場では発明者と直接ディスカッションすることができる個別相談会も実施します。

内容等

日時
平成29年11月9日(木曜日)10時30分~15時55分
[開場(受付開始)時刻:10時00分]
場所
JST東京本部別館1Fホール(東京都千代田区五番町7 K'S五番町)
内容
①新技術紹介(9テーマ)、②個別相談会、③展示紹介
対象
一般企業、公設試験研究機関、その他大学との連携に関心のある方
定員
100名
参加費
無料(要申込)
JST新技術説明会WEBサイトの「お申し込み」より
詳細
別紙のとおり
主催
公立大学法人兵庫県立大学、公立大学法人大阪府立大学、
公立大学法人大阪市立大学、国立研究開発法人科学技術振興機構
問い合わせ
(個別相談予約 連携・ライセンスについて)
  • 公立大学法人兵庫県立大学 産学連携・研究推進機構 知的財産本部
    電話:079-283-4560 Fax:079-283-4561
    E-mail:sangaku@hq.u-hyogo.ac.jp
  • 公立大学法人大阪府立大学 研究推進本部 URAセンター
    電話:072-254-9128 Fax:072-254-7475
    E-mail:URA-center@ao.osakafu-u.ac.jp
  • 公立大学法人大阪市立大学 産学官連携推進本部 URAセンター
    電話:06-6605-3550 Fax:06-6605-2058
    E-mail:sangaku-ocu@ado.osaka-cu.ac.jp

(新技術説明会について)
  • 科学技術振興機構 産学連携展開部 産学連携プロモーショングループ
    電話:03-5214-7519 E-mail:scett@jst.go.jp
   
ページ先頭へ戻る