大学案内 Outline

記者発表詳細 2019年9月

令和元年9月25日(水曜日)

ミトコンドリア膜中での呼吸酵素の活性化の仕組みの解明


内容等

発表内容要旨
細胞小器官であるミトコンドリアの膜にある呼吸鎖の末端酸化酵素であるシトクロム酸化酵素は、酸素を水に変換し、生物の主要エネルギー、ATPの産生に関わっています。兵庫県立大学、大阪大学の共同研究グループは、シトクロム酸化酵素が活性化されるしくみを分子構造に基づいて明らかにしました。この酵素の2量体構造は既に解明されていましたが、この酵素はミトコンドリア膜中では、主に単量体及び単量体が他の複合体と会合した超複合体という形態で存在します。その形態の生理的な意義はこれまで不明でしたが、今回単量体と2量体の酵素活性と原子レベルで決定された分子構造の比較から、単量体化により酸素を水へ変換するために必要なプロトン(水素イオン)の取り込みが促進される可能性が強く示唆されました。このしくみは生体内でのエネルギー生産のバランス制御において重要であると考えられます。
この研究成果は、米国科学アカデミー紀要「Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America」に掲載されるのに先立ち、9月18日付けでオンライン公開されました。
今回の研究では、兵庫県立大学の杉村高志教授(有機化学)らが新規の界面活性剤(3OM)を合成、伊藤・新澤恭子特任准教授(生物化学)らが単量体酵素が活性型であることを示し、3OMを用いて単量体酵素を結晶化、村本和優准教授(生物物理学)及び大阪大学の青山浩准教授(構造生物学)、山下栄樹准教授(蛋白質結晶学)らが大型放射光施設SPring-8を利用したX線結晶解析を主に担当しました。このように、物質科学・生命科学という異なる分野の研究者が、互いの結果を常にフィードバックしながら、連携し共同で進めることで研究が大きく前進しました。

詳細
別紙のとおり
問い合わせ先
兵庫県立大学大学院生命理学研究科 特任准教授 伊藤・新澤恭子
電話:0791-58-0185   E-mail:shinzawa@sci.u-hyogo.ac.jp
兵庫県立大学大学院生命理学研究科 准教授 村本和優
電話:0791-58-0323   E-mail:muramoto@sci.u-hyogo.ac.jp
兵庫県立大学播磨理学キャンパス経営部 次長兼総務課長 中谷忠彦
電話:0791-58-0101   E-mail:u_hyogo_harima@ofc.u-hyogo.ac.jp
同時資料
提供先
大阪科学・大学記者クラブ、兵庫県政記者クラブ、西播磨県民局記者クラブ、中播磨県民センター記者クラブ
(大阪大学から)文部科学記者会、科学記者会

令和元年9月19日(木曜日)

令和元年度兵庫県立大学大学院経営研究科学位記授与式について

趣旨

兵庫県立大学経営専門職大学院経営研究科の第9期修了生の学位記授与式を次のとおり挙行します。


内容等

日時
令和元年9月27日(金曜日)14時45分~15時30分
場所
兵庫県立大学神戸商科キャンパス 本部棟 大会議室
修了予定者数
地域イノベーションコース 6名
医療マネジメントコース  9名
介護マネジメントコース  7名
経営研究科のコース紹介
  • ビジネスイノベーションコース(履修期間2年)
    • 大学学部新卒者を対象に、平日に開講される科目の履修を中心としたコース
    • 国際企業社会で実践的に活躍できる人材を育成

  • 地域イノベーションコース(履修期間1年6ヶ月)
    • 社会人(企業の経営幹部、事業承継者等)を対象に、主に土曜に開講される科目の履修を中心としたコース
    • 理論に裏打ちされた実践的マネジメント能力を備えた経営のプロを育成

  • 医療マネジメントコース(履修期間1年6ヶ月)
    • 社会人(医療従事者等)や大学学部新卒者を対象に、主に土曜に開講される科目の履修を中心としたコース
    • 高度なマネジメント能力を備えた医療機関における将来の運営管理者を育成

  • 介護マネジメントコース(履修期間1年6ヶ月)
    • 社会人(医療・介護従事者等)や大学学部新卒者を対象に、主に土曜に開講される科目の履修を中心としたコース
    • 卓越したマネジメント手法を駆使する介護経営に関わる人材を育成

※医療マネジメントコースは平成22年4月に、介護マネジメントコースは平成26年4月に、日本の経営専門職大学院では初めて設置
※ビジネスイノベーションコース及び地域イノベーションコースに、高度な経営理論を身につけ地域経済活性化に貢献する中小企業診断士を育成する「中小企業診断士養成課程」を併設(履修期間2年)

(注)ビジネスイノベーションコース及び中小企業診断士養成課程は、履修期間が2年間となっており、今回は対象外。
式次第
別紙のとおり
問い合わせ先
兵庫県立大学神戸商科キャンパス 経営部 国際交流・学生課
電話:078-794-5220

令和元年9月18日(水曜日)

みなと銀行・兵庫県立大学連携講座『地域企業の戦略と経営』の開講について

趣旨

兵庫県立大学は、みなと銀行(頭取 服部博明氏)との産学連携協力協定(平成27年12月締結)に基づき、昨年度より標記講座を開設しています。本年度も、学生が地域企業の事業活動や経営戦略、地域貢献に対する理解を深め、将来への視野を広げるため、同行の企画により、県内企業の経営者等から自社の戦略と経営を講義いただく科目を後期に開講します。

なお、みなと銀行は本年4月に発足20周年を迎え、本講座は同行の「20周年記念事業」に位置付けられています。


内容等

開講科目名
『地域企業の戦略と経営』
開講期間
令和元年10月4日(金曜日)~令和2年1月28日(火曜日)
開講場所
兵庫県立大学 神戸商科キャンパス 教育棟Ⅱ C102
(〒651-2197 神戸市西区学園西町8-2-1)
開講時限
原則、金曜日3限目(13:00~14:30)
講義概要
みなと銀行及び同行取引先の企業経営者等を講師として、各業界マーケットの特徴や戦略等について講義
講師テーマ
及び講師
別紙のとおり
(参考)平成30年度の履修者数は203名(経済・経営学部2~4回生)で、学生の反応も良く、講義を担当された企業経営者からも好評を得ています。
問い合わせ先
兵庫県立大学神戸商科キャンパス
学務課長 三谷 まゆみ
TEL:078-794-5196

令和元年9月13日(金曜日)

兵庫県立大学国際商経学部グローバルビジネスコース(GBC)留学生 秋季入学式(Entrance Ceremony)の開催について

趣旨

神戸商科キャンパスでは、国際商経学部GBC留学生の第1期生としてアジア、東欧など10の国・地域から40名の留学生を迎え、秋季入学式を下記のとおり実施します。
併せて、入学式が実施される国際学生寮の愛称が決定しましたのでお知らせします。

GBC留学生秋季入学式(Entrance Ceremony)の開催

開催日時
令和元年9月20日(金) 10時30分~11時15分(開場:10時)
実施場所 
兵庫県立大学 i-Square(国際学生寮)(神戸市西区学園西町8丁目2番1号)
   
参加者数(予定)
【留学生】 10か国・地域 40人(別紙のとおり)
【ご家族等】 約 20人
主な出席者
【来賓関係】
 兵庫県知事
 兵庫県議会議員(議長、地元選出議員)
 留学生出身国の総領事 等
【大学関係】
 学長、副理事長、副学長、事務局長、学部長 他
   
プログラム
(1) 開 式
(2) 学長式辞
(3) 来賓祝辞
(4) 来賓紹介
(5) 新入学生代表宣誓 ※Ms Shukla Anushka(インド出身)
(6) 新入生紹介
(7) 大学関係者紹介
(8) 閉 式
   
その他
式は英語で実施(日本語逐次通訳・配布資料あり)    

国際学生寮愛称募集結果について

愛称名
「i-Square」(アイ・スクエア)
・全学、一般より公募
・「建物の四角」と「交流の広場」をイメージ
・international(国際)、 information(情報)、 intelligence(知性)、interaction(交流・対話)の4語の頭文字である「i」をかけている。
   
募集期間
令和元年5月1日~5月31日    
応募総数
96通(本学学生81名、教職員12名、一般3名)    

問い合わせ先
兵庫県立大学 神戸商科キャンパス 経営部国際交流・学生課 課長:那波
電話:078-794-5310

令和元年9月11日(水曜日)

兵庫県立大学「知の交流シンポジウム2019」 の開催について

趣旨

兵庫県立大学では、本学の最先端の研究成果を産業界・地域社会に向けて発表する「知の交流シンポジウム2019」を、神戸商工会議所会館において開催します。
当日は、理化学研究所 松本理事長 による「これまでの科学、これからの科学」と題した特別講演のほか、神栄株式会社 小野社長、株式会社OKAMURA 岡村社長の特別講演も予定しています。
また、ポスター発表(97件)と本学教員の講演(6名)も予定しています。ぜひ、お越しください。

内容等

日時
9月27日(金曜日) 10時30分~19時10分(交流会時間も含む。)
場所
神戸商工会議所会館(神戸市中央区港島中町6-1)
・講演会場:3階 神商ホール
・ポスター展示:2階 イベントホール
主催
兵庫県立大学知の交流シンポジウム実行委員会
(構成団体:兵庫県立大学、兵庫県企業庁、(公社)兵庫工業会、神戸商工会議所、(公財)ひょうご科学技術協会、(公財)兵庫県立大学科学技術後援財団、淡水会後援基金管理運用委員会)
内容(タイムスケジュール)
  • 10時30分~10時35分 開会挨拶
              山﨑副学長兼産学連携・研究推進機構長
  • 10時35分~10時40分 太田学長挨拶
  • 10時40分~12時00分 一般講演(4テーマ)本学教員が担当
  • 12時00分~13時00分 <昼食・休憩>
  • 13時00分~13時05分 来賓あいさつ(久元神戸市長)
  • 13時05分~13時45分 特別講演1
              神栄株式会社 代表取締役社長 小野 耕司 氏
              演題:「130年企業の新たな挑戦!」
  • 13時45分~15時05分 ポスター発表
  • 15時05分~15時45分 一般講演(2テーマ)本学教員が担当
  • 15時45分~16時25分 特別講演2
              株式会社OKAMURA
              代表取締役社長 岡村 武和 氏
              演題:「東南アジアにおけるインフラ供給事業への
              取り組みと人材育成」
  • 16時25分~16時35分 <休憩>
  • 16時35分~17時25分 特別講演3
              国立研究開発法人理化学研究所 理事長 松本 紘 氏
              演題:「これまでの科学、これからの科学」
  • 17時25分~17時30分 閉会挨拶
              長野産学連携・研究推進機構副機構長
  • 17時40分~19時10分 交流会(参加費:3,000円)
              ※学生を対象とした優秀ポスター賞表彰も実施
参加費
無料(交流会を除く)
申込方法
所定の参加申込書に企業/団体名、参加者氏名、連絡先電話番号、交流会への参加の有無などを明記のうえ、ファクス又はEメールでご連絡ください。
チラシ・参加申込書
別紙のとおり
申込先・問い合わせ先
兵庫県立大学 知の交流シンポジウム実行委員会(兵庫県立大学産学連携・研究推進機構内)
電話:079-283-4560  FAX:079-283-4561
E-mail:sangaku@hq.u-hyogo.ac.jp
   
ページ先頭へ戻る