大学案内 Outline

記者発表 2020年5月

5月29日(金)
発光による衝突後効果の変化を利用するアト秒「ストップウォッチ」- 原子の内殻過程をアト秒で追及する新しい手法 -
▶本学と上智大学の小杉聡共同研究員・小池文博共同研究員・東善郎客員教授、および量子科学技術研究開発機構、ソルボンヌ大、理化学研究所の研究グループは、原子の多段階内殻緩和過程の時間依存をアト秒オーダーでプローブすることに成功しました
担当 播磨理学キャンパス経営部
5月18日(月)
進化すると色素タンパク質が増える?- 珪藻の光化学系I-集光性色素タンパク質複合体の立体構造解明 -
▶本学の菓子野康浩准教授、理化学研究所堂前直ユニットリーダー、京都大学伊福健太郎准教授、基礎生物学研究所内山郁夫准教授、神戸大学秋本誠志准教授は、岡山大学異分野基礎科学研究所の長尾遼特任講師らの共同研究グループとの共同研究で、海産性珪藻の光化学系I-集光性色素タンパク質複合体の立体構造解析に成功しました
担当 播磨理学キャンパス経営部
 

カテゴリーメニュー

ピックアップコンテンツ


   
ページ先頭へ戻る