大学案内 Outline

テレビ・ラジオ 2019年12月

12月24日(火) テレビ NHKテレビ
▶「NHKニュース」にて、阪神・淡路大震災から25年を前に「みなと銀行」が行ったアンケートの結果、震災で被害を受けた企業はリスクの分散など災害の備えについての意識がより高いことがわかったことを受けて、本学の加藤恵正教授のコメントが放送されました
担当 減災復興政策研究科 加藤恵正教授
12月10日(火) テレビ NHKテレビ
▶Eテレ「ハートネットTV」に本学の竹内和雄准教授が出演し、 「デジタル性被害」の問題について話しました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
12月9日(月) テレビ 東海テレビ
▶「ニュースOne」にて、ソーシャルネットワークサービスを通じて子どもたちが犯罪に巻き込まれるケースが増えていることを受けて、本学の竹内和雄准教授によるコメントが放送されました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
12月9日(月) ラジオ ラジオ関西
本学の竹村匡正教授が「時間です!林編集長」に出演し、「健康と医療を「情報の力」でシームレスに!」と題し、健康と医療データについて話しました
担当 応用情報科学研究科/社会情報科学部 竹村匡正教授
12月8日(日) テレビ サンテレビ
▶「サンテレビニュース」にて、阪神・淡路大震災から25年を前に、神戸市のNPO法人「CODE=海外災害援助市民センター」が開催したシンポジウムに、本学の室﨑益輝教授が参加したことが放送されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
12月6日(金) テレビ NHKテレビ
▶「NHKニュース」にて、首都直下地震により専門家が起こり得ると考える被害を、事象ごとに結びつけて時系列に並べた「被災ツリー」について、本学の室﨑益輝教授のコメントが放送されました
担当 減災復興政策研究科 室﨑益輝教授
12月5日(木) テレビ MBSテレビ
▶「MBSニュース」にて、1日に開催された子どもたちがスマートフォンの安全な利用方法を考える「OSAKAスマホサミット」について取り上げられ、本学の竹内和雄准教授のコメントが放送されました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
12月3日(火) テレビ 熊本テレビ
▶「TKUニュース」にて、子どもたちがスマートフォンの安全な利用方法を考える「スマホサミット」について取り上げられ、コーディネーターを務めた本学の竹内和雄准教授による、中高生3000人のアンケート結果の報告などが放送されました
担当 環境人間学部 竹内和雄准教授
   
ページ先頭へ戻る