研究シーズ・産学連携

兵庫県立大学人工知能研究教育センター(AIセンター)による人材育成支援

現在、クラウド技術の高性能化がAIによるビックデータ分析の活用を進展させる一方で革新的なAI(人工知能)チップの開発によりエッジ側の機能が高度化し、情報革命によって日常生活や経済活動が大きく変化しています。

兵庫県立大学はエッジコンピューティングからクラウドコンピューティングまでの幅広い情報分野の研究・教育を行っており、AI時代に欠かせない横断的な技術領域に対応できる技術シーズを持ちます。

これらの強みを活かしてAI社会に対応できる人材育成や社会貢献を担うべく、平成31年4月から本学産学連携・研究推進機構内に当センターを設置いたしました。

【人材育成・普及啓発の取り組み】

県の取り組みと連携し、中小企業・団体のニーズに応じたセミナー、研修会を開催しています。

1.普及啓発セミナー【随時開催】

(1) AI時代を切り拓くデータサイエンス【開催済】

AI・ビックデータを活用したマーケティング、データサイエンスを担う人材育成、身近な生活にかかわるAIの現状など、人工知能(AI)が私たちの生活にどのような変化をもたらすのかについて、消費生活・医療・教育など、身近な話題をテーマにしてわかりやすく解説します。

小橋昌司氏 笹嶋宗彦氏
年月日 会場 登壇者
平成31年4月29日(月曜日・祝)
16時00分~17時10分
平手 勇宇 氏(楽天株式会社楽天技術研究所東京シニアマネージャー)
小橋 昌司 氏(兵庫県立大学先端医工学研究センター長/工学研究科教授)
笹嶋 宗彦 氏(兵庫県立大学社会情報科学部准教授)

(2) AI(人工知能)&自動運転の技術の基礎と最新動向【開催済】

AI(人工知能)・IoT(Internet of Things:モノのインターネット)が、生活や経済活動においても身近なものになってきました。自動運転についても、全国各地で実証実験が行われるようになり、実用化が見えてきたと言われています。AIや自動運転がいまどの段階にあるのか、より実用化に近づけるための課題は何か、今後どのような方向に進んでいくのかということを、技術的な部分を押さえながら、わかりやすく解説します。

松井伸之氏
年月日 会場

登壇者・テーマ

令和元年7月1日(月曜日)
18時00分~20時00分
松井 伸之 氏(兵庫県立大学産学連携・研究推進機構 人工知能研究教育センター研究部長)
「現代AI概論:産業界に不可欠となったAI技術の基礎と最新動向」
本丸 勝也 氏(インターネットITS協議会関西支部長、名古屋大学未来社会創造機構招聘教員、兵庫ベンダ工業取締役 )
「自動運転の技術的な課題」

2.講習会(入門編・初級編)【計画中】

入門編(半日)から初級編(1~2日)での集合研修を開催します。

【例】「人工知能とは」「Phython入門」「機械学習体験」入門編+「教師あり学習(回帰・分類)」「ディープラーニング体験」。

3.中級編【随時募集中】

中小企業のAI人材の育成を支援するため、ハンズオン研修で従業員向けの研修を行います。

内容
  • 大学の講義並み(概ね20時間程度)の講習(授業)を行います。あらかじめ講義内容については企業ニーズにあわせて綿密にうちあわせさせていただきます。
  • 講習会で利用するパソコンなどは派遣先の企業で用意いただきます。(普段から利用している端末が望ましい)
  • カリキュラムにしたがって講習を行いますので、企業において氏名された方が全カリキュラム通して受講することを想定しています。
受講対象
  • 受講者についてもITに関する一定の知識を求め、事前・事後の課題なども準備しています。
費用など
  • 講義内容、アシスタントの有無などにより、本学規定の経費をいただきます。事前打ち合わせ、教材準備、計算リソース準備などの費用も含みます。
  • 他機関の専門家派遣制度と同程度までの補助制度がありますので、一定金額は利用者の負担が軽減されます。
  • 教材・教育手法などのノウハウについては兵庫県立大学に貴族します。
    例:「機械学習に必要となる数学・統計学」「Matplotlibによるグラフ作成」「Scikit-Learnによる機械学習」「Scikit-Imageによる画像処理」「Pandasによるデータ分析」「Tensorflowによる深層学習」

ピックアップコンテンツ

   
ページ先頭へ戻る