プロジェクト・活動紹介

フレイル予防!プロジェクト

  • 活動目的
     日本や中国における健康福祉問題や子どもと高齢者、被教授者と教授者といった世代間における交流効果に関する調査研究を行っています。
     今年度は、小学生の近視の背景に関する研究やコロナ禍における高齢者のフレイルの実態に関する調査を中心として行っています。
    活動実績
     これまでに兵庫県内の姫路市、夢前町(現、姫路市)、新温泉町、西脇市、神戸市等において、高齢者の心身の健康に関する調査を進めてきましたが、ここ数年はフレイルに特化して調査を行っています。
     2019年度は、家島地区へゼミ生と一緒におもむき、調査を行いました。家島地区の高齢女性30名(平均年齢79.4歳)に協力いただき、フレイルを含む健康に関する簡単なアンケート調査を実施したのですが、分析の結果、高齢女性の食品摂取のバランス度は他の地区の高齢者と比較して良好(しっかりと栄養がとれている)であることがわかりました。
     その一方で、歩く機能や外出の頻度、ものを噛むといった口の機能は、同年齢の他の高齢者と比べて得点は低いことがうかがわれました。今後、追跡調査を実施し、これら機能の改善に向けたフィードバックができればと考えています。
  • 歩行テストの様子歩行テストの様子
  • シニアボランティアによる小学校での教育支援シニアボランティアによる小学校での教育支援

Go Top