兵庫県立大学 環境人間学部・研究科

研究科概要

「人、暮らし、自然」という未来の絵模様を描こう!​

環境人間学研究科は、人間と環境に関する学際的、融合的なアプローチを通じて、新たな環境創造を担う高度な識見、研究力をもった人材の育成を教育理念としています。この理念の実現に向けて、人間学の基本に立ちながら、社会のニーズに答える高度な専門知識と問題発見能力を持ち、かつ環境に関する諸問題を体系的・総合的に分析・解明できる能力を有する専門家の育成を目指しています。人、暮らし、自然についての様々な課題について、異なる分野の教員や学生が協力して課題の解決と社会の発展に取り組んでいます。​

後期課程においては、環境人間学の学理と方法論をさらに深く科学的かつ総合的に考究し、環境と人間のあり方を正しく理解し、もって環境問題に対して総合的で創造的な視点から対処しうる人材を養成します。​​​​​

人間環境部門(博士前期・後期課程)​

人間が地球とともに形成してきた環境を、思考や価値体系、および人間のからだの側面から考究します。人間の精神的活動に関わる哲学・倫理・宗教・人類学・文学・芸術・心理・学習および人間の身体構造に関わる健康・スポーツ・食を基軸として研究することによって、環境配慮のライフスタイルを探求します。人間環境に多角的な視点からアプローチし、デザインできる専門家の育成を目指します。​

社会環境部門(博士前期・後期課程)​

環境を、人と社会・自然とのつながりの側面から考究します。人間社会の構造・政策に関わる政治・経済・法律・情報・教育、社会学、及び環境保全の技術に関わる自然科学・地域・都市・建築を基軸として研究することによって、環境配慮の社会構想を探求します。よりよい社会環境を創造できる専門家の育成を目指します。​

共生博物部門(博士前期課程)​

生物多様性の保全と持続的利用の観点から、望ましい人と自然の関係構築を考究し、実践します。生物多様性と環境戦略に関わる領域において、県立人と自然の博物館、コウノトリの郷公園、および兵庫県森林動物研究センターの研究施設を活用し、身近な自然をフィールドとする実践的な演習を重視することにより、人と自然の共生の方策を提案できる専門家を育成します。