兵庫県立大学 環境人間学部・研究科

専門教育(系・課程)

環境人間学部の専門教育は環境と人間の暮らしにかかわる5つの領域で構成されています。

5つの専門の相互関係は、環境と人間の暮らしへのアプローチが、「文系から」か「理系から」か、また、「人間から」か「環境から」か、で下図のように表現できます。

1)系の配属
食環境栄養課程は入学段階で配属が決まっていますが、それ以外の学生は2年進級次に配属を決定します。4つの系には受け入れ人数に限度を設けており、希望者が多い系の配属では1年次の成績などが考慮されます。

2)専門科目
系の学生は2~4年次にかけて約150科目にものぼる専門科目の中から、各系が示す履修モデルを参考に履修する科目を選択します。食環境栄養課程では必修科目が多いことから約50科目が開講されています。

3)専門ゼミナール
3年次から個々の教員が開講する専門ゼミナール(研究室)に所属し、より専門に特化した学習を行います。このため、2年次から専門ゼミナール選びを進めます。各ゼミナールには受け入れ限度人数があり、希望が多い場合は成績等が考慮されます。

4)卒業研究
4年次では、専門ゼミナール(研究室)の教員の指導のもと卒業研究に取り組みます。卒業研究では調査・実験や文章執筆だけでなく、中間発表、最終発表といったプレゼンテーションの場もあり、学部での学びの集大成と位置付けられています。
​​

カリキュラムマップ

各系・課程のカリキュラムマップはこちらからご覧ください。