兵庫県立大学 環境人間学部・研究科

食環境栄養課程

環境との関わりの中で営まれる「人間の食生活」の解明

  • 理念

    「食」は人のくらしを左右する重要なファクター

    「食」は、人間の健やかな成長や健やかに歳を重ねるために極めて重要であり、一生にわたって私たちの暮らしや健康に影響を与え続けます。 また、現代社会において、「食」を取り巻く環境は、文化・社会・自然環境からも大きく影響を受けています。たとえば、食生活の欧米化が進み、 メタボリックシンドロームなどの生活習慣病が急増しています。

    「食」を通じて健康な社会を実現するプロフェッショナルを育成

    こうした社会状況を改善するため、本課程では人間と環境に関する幅広い教養と豊かな人間性を有し、生命への尊厳と倫理観を備え、 栄養の専門職としての使命感と責任感をもって人々の健康と幸福に貢献できる人材を輩出します。育成したプロフェッショナルによる「食」を通じた健康な社会の実現により、 社会的貢献を果たすことを目指しています。

  • 教育内容

    基礎から応用までカバーする充実した科目群

    1~2年次では、教養科目、英語や情報関連科目とともに、栄養基礎科目群の講義と実験実習を受講し、基礎を身につけます。 フィールドワーク(2年次)では食品工場の見学などを通じて食と社会のつながりを学びます。2~3年次には、臨床系科目、衛生に関する科目などとともに、 管理栄養士の仕事に直結する臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論、栄養教育論とその実習、 および病院や保健所などでの臨地実習(現場での短期研修)を通して管理栄養士としての専門的実践能力を身につけます。 なお、実習ではグループワークも取り入れており、協調性や表現力を身につけ、リーダーシップを学びます。4年次では、研究室での卒業研究に加え、 インターンシップ(病院等の現場での学び)も選択できます。

    豊富な知識・優れた技能・実践力を習得 —専門家への道を切り開く—

    課程学生は、食と健康に関する多彩な講義や実験・実習を通して、知識とスキル、課題対応能力を身に付けます。 また最先端科学を反映した卒業研究により、論理的思考力や科学的探究力を養います。人間学を基盤とする環境人間学部において4年間学ぶことで、 社会や環境に関する広い視野をあわせ持つ「食」の専門家を目指します。

    資格を取得して専門家へ

    卒業時には栄養士資格を取得することができ、あわせて管理栄養士国家試験の受験資格も得られます。また、教職科目をあわせて履修することで、栄養教諭への道も開かれています。

    活躍が期待される分野

    食環境栄養課程では、豊かな食生活と健康な社会の実現に向けて、科学的視点と専門的実践能力を身につけ、 高度な栄養マネジメントを行うことのできる管理栄養士(保健・医療・福祉・教育・食産業などで活躍し、食環境づくりに取り組み、 人々の健康と生活の質(QOL)の向上に資する人材)の育成を目指しています。栄養教諭への道も開かれています。

  • 教員

    教授/伊藤 美紀子
    教授/坂上 元祥
    教授/坂本 薫
    教授/加藤 陽二
    教授/永井 成美
    教授/村上 明
    教授/吉村 美紀
    准教授/有満 秀幸
    准教授/木村 幸子
    准教授/中出 麻紀子
    助教/石坂 朱里
    助教/澤村 弘美
    助教/島田 良子
    助教/田中 更沙
    助教/森井 沙衣子