兵庫県立大学 環境人間学部・研究科

学部カリキュラム

学びの流れ

環境人間学部での学びは下図のように①〜③の三つの段階があり、学年があがる中でステップアップしていきます。そして、この全体を下支えする学びとして、「自分をデザインする」ことについても学びます。

①共通教育

全学共通教育は大学での学びの土台に当たるものであり、以下の三つの科目群で構成されています。
「自主自律支援科目」
「グローバル化時代のアカデミックスキル科目」
「教養教育科目」

全学共通教育の詳細はこちらをご覧ください。

なお、環境人間学部の学生はこれらの科目を1年次に主として姫路工学キャンパスにおいて工学部や理学部の学生とともに受講します。

②専門基礎教育(人間学科目)

専門基礎教育では、1年次に専門教育の基軸としての「人間学」を深く学ぶとともに、文理にまたがる「多様な専門」について幅広く学びます。そして、2年次には「フィールド」にでて現場の課題について理解を深めます。この「人間学」「多様な専門」「フィールド」は本学部の重要なキーワードです。

専門基礎教育の詳細はこちらをご覧ください。

□ポイント
多くの大学では、入学と同時に学科等に所属するので入学後に専門分野を変更することは容易ではありません。しかし、本学部では入学時には専門系に所属せず(食環境栄養課程を除く)、1年次に多様な学問に触れることで自分の興味や適性について熟考する期間がある点が特徴的です。

③専門教育

2年次からは4つの専門系(人間形成、国際文化、社会デザイン、環境デザイン)のいずれかに所属し、それぞれの専門についてより深く学んでいきます。

人間形成
「人間の精神的・身体的発達」の解明とその促進
国際文化
環境との関わりから生まれる「人間の精神文化と言語」の解明と創造
社会デザイン
人間が暮らす「社会・コミュニティ」の解明とそのデザイン
環境デザイン
人間が暮らす「自然・生活空間」の解明とその創造
食環境
栄養課程
環境との関わりの中で営まれる「人間の食生活」の解明と創造

専門教育の詳細はこちらをご覧ください

自分をデザインする力

本学部では、教員から一方的に学ぶだけでなく、学生が自分自身で学びをデザインし、自分の未来を創り出す力をつけるためのサポートシステムを設けています。「自分のことをよく知る」「目標と計画を立てる」「計画を実行に移し、活動を記録する」「目標や計画に対する成果をまとめて、振り返る」。このように、学生が目標に向けて行動をし、学びのステップアップサイクルを回していくことを大学が支援し、学生が社会に出るために必要な力を身につけていくためのサポートを行っています。
> 兵庫県立大学 大学教育再生加速プログラム
> パンフレット

シラバス

シラバスはこちらから

資格

取得できる資格・免許

環境人間学部では下記のような免許、資格を取得することができます。
※食環境栄養課程のみ

教員免許 高等学校教諭1種
(保健体育)
中学校教諭1種
(保健体育)
栄養教諭1種※
他の国家
資格等
取得資格 栄養士※
受験資格 ・ 一級建築士(要実務経験2年)
・ 二級建築士(実務経験不要)
・ 管理栄養士※

教育ポリシー

教育ポリシー(学部)についてはこちらから