兵庫県立大学 環境人間学部・研究科

キャンパスの歴史

姫路城北西に位置する環境人間キャンパスは、閑静な住宅街の中に位置しています。本キャンパスの歴史は、1923(大正12)年に旧制姫路高等学校が設立されたときにはじまります。1926(大正15)年に、本館と講堂、その他校舎が竣工しました。当時は一面の田園地帯で、姫路市外から伸びるまっすぐな道路の向こうに、洋風の木造校舎が見えていました。現在は本館の一部と、講堂がキャンパス内に残されています。

<年表>

  • 1923年 旧制姫路高等学校設立
  • 1926年 本館、講堂など竣工
  • 1948年 学制改革により旧制姫路
    高校募集停止
  • 1949年 旧制姫路高等学校跡地は神戸大学の管轄下となる(姫路分校)
  • 1949年 姫路工業大学(県立)設置
  • 1950年 姫路工業大学短期大学部設置 (姫路市伊伝居)
  • 1957年 姫路短期大学に名称を変更
  • 1964年 神戸大学姫路分校廃止 
  • 1965年 姫路短期大学(県立)が新在家本町のキャンパスに移転
  • 1997年 姫路短期大学学生募集停止
  • 1998年 姫路工業大学環境人間学部を新在家本町に設置
  • 2002年 姫路工業大学大学院環境人間学研究科を設置
  • 2004年 県立大学の統合により兵庫県立大学が設置される

往時のキャンパス(昭和初期)

  • キャンパス全景

  • 正門付近

  • 正門前の蘇鉄

  • 正門から姫路城

  • 校舎

  • 学寮

  • 柔剣道場

  • 図書館

  • 化学教室

  • 昭和16年

  • 2018年現在