教員・学生の起業・スタートアップを応援します。

 科学技術振興機構(JST)の研究成果展開事業大学発新産業創出プログラム(START)スタートアップ・エコシステム形成支援事業として、現在、起業活動支援プログラム(GAPファンド)プログラムの研究開発課題の募集中です。
 2020年7月、「世界に伍するスタートアップ・エコシステム拠点形成戦略」(内閣府公募事業)に、神戸商工会議所、兵庫県、神戸市、大学、民間組織等で構成する「ひょうご・神戸スタートアップ・エコシステムコンソーシアム」が、大阪、京都のコンソーシアムともに、「グローバル拠点都市」として選定されました。拠点都市においては、大学発の新産業創出を活性化していくため、大学などが実施するアントレプレナー人材の育成、事業化に向けた研究開発に対して、国からの資金支援が行われることになっていますが、このたび、関西の14大学などが参画する「京阪神スタートアップアカデミア・コアリション」(主幹機関:京都大学)が、大学発新産業創出プログラムに採択され、起業活動支援プログラム(GAPファンド)プログラムが設けられることになりました。
 このプログラムを活用して、教員、大学院生が取り組む事業化に向けた研究開発への助成が行われます。
 4月28日(木曜日)から5月31日(火曜日)までの期間、研究開発課題が公募されますので、本学の教員、大学院生の積極的な応募をお待ちしています。

参考

 GAPファンド事業化に向けて、研究機関に属する研究成果と事業化との間のギャップを埋めるため、仮説検証のためのデータ(実験結果、計算結果)を得てPoCを得る、あるいは、試作品製作、ビジネスモデルのブラッシュアップ等を進めるための資金

応募要領・申請書

令和4年度起業活動支援プログラム(GAPファンド)
  • ※学生(修士課程、博士課程)が研究代表者となる場合は「確認書」が必要になります。

問い合わせ先

産学連携・研究推進機構
〒670-0962 姫路市南駅前町123番地じばさんびる3階
TEL:078-283-4560
E-mail:sangaku@hq.u-hyogo.ac.jp

 

ピックアップコンテンツ


   
ページ先頭へ戻る