重要なお知らせ

令和2年8月27日

令和2年度後期授業について

兵庫県立大学
学長 太田 勲

 10月1日から開始となる令和2年度後期授業について、各学部・研究科のディプロマポリシーを達成するために必要な教育と感染防止の両立を図るため、以下のとおり実施しますのでお知らせします。

  • 基本方針
  •  十分な感染防止対策を施したうえで、原則対面授業を実施します。

     ただし、受講生数の多い授業など、対面授業を行う上で十分な感染防止対策を講じることが物理的に困難な場合は、対面によらない授業形態(web配信等)での実施となります。

    各科目の授業形態は、学部・研究科ごとの判断となりますので、学部・研究科からの連絡を確認してください。

  • 授業を受けるうえでの心構え
  •  後期授業は、授業科目によって授業形態が異なります。
     また、学期途中であっても、今後の地域の感染状況や学内での感染者の発生によっては、対面から対面によらない授業形態に切り替える可能性があります。

     後期を迎えるにあたり、学生一人一人が「感染しない・させない」行動に日々努めることはもとより、どのような授業形態にも対応できるよう、大学に通学するための生活環境とweb授業を受講するために必要な情報環境(PCやWi-Fi等)を整えるよう、可能な限り、夏季休業中に準備してください。

  • 教育上の配慮
  •  健康状態や生活環境によっては、通学が困難な場合もあるかと思います。
     事情によっては、授業を受けるための教育上の配慮を検討しますので、所属学部・研究科にご相談ください。

     上記2でも記載したとおり、今後の新型コロナウィルス感染症の感染状況等に応じて、授業形態を見直すこととしますので、大学及び各学部・研究科のホームページや学内専用システム(UNIVERSAL PASSPORT)など、引き続き、大学からの情報発信にご留意ください。

本部事務局教育企画部教育改革課

   
ページ先頭へ戻る