新着情報

令和2年12月9日

本学における新型コロナウイルス感染者の発生について(第7報)(12月9日)

12月9日(水曜日)、本学関係者の新型コロナウイルス感染が判明しましたので、以下の通り公表します。

なお、本学では、感染者及びそのご家族等への配慮と個人情報保護のため、氏名等は公表いたしませんので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

ご本人の早期の回復をお祈りするとともに、本学では、今後も新型コロナウイルス感染症拡大防止に全力で努めてまいります。
  • 感染者の年代等
  •  20代、男子学生(播磨理学キャンパス所属)

  • 入構の状況等
  •  当該学生は、昨日感染が判明した学生の濃厚接触者であり、本日PCR検査を実施した結果、夕方に陽性が判明しました。
     当該学生は、12月7日(月曜日)に播磨理学キャンパスへ入構していたことを確認しました(構内ではマスク着用)。
     また、濃厚接触者については、現在保健所が調査中です。

  • 今後の対応等
  •  12月10日(木曜日)は、高度産業科学技術研究所を除き、引き続き播磨理学キャンパスを一時封鎖することを決定しました。したがって、10日(木曜日)は、やむを得ない教職員以外、構内への立ち入りを一切禁止し、対面授業・研究活動・課外活動等は実施いたしません。

    ※ 感染した学生・ご家族の人権尊重・個人情報保護に関して、十分なご理解とご配慮をお願いいたします。

   
ページ先頭へ戻る