重要なお知らせ

令和2年5月1日

授業料等の減免制度を拡充します

 新型コロナウイルス感染症の影響等で授業料の納付や生活費の確保が困難となった学生のみなさんが修学を継続できるよう、本学では、国の修学支援新制度も踏まえ、今年度から新たに、次のとおり授業料等の減免制度を拡充します。(詳細は文書であらためてお知らせします。)

  ※ 減免に該当しない場合でも、一定要件を満たす場合には、納付猶予(延納)又は分割納付が可能

 また、国による修学支援新制度により、一定要件を満たす日本人学部生の方は、授業料等の減免と併せて日本学生支援機構の給付型奨学金の支給が受けられます。それ以外の学生の方についても、要件を満たせば従来からある貸与型奨学金の支給が受けられますので、生活費の確保が困難な方は活用をご検討ください。

日本学生支援機構の給付型奨学金・貸与型奨学金の詳細は、こちらを参照ください。

家計急変した学生への対応について(給付型奨学金も同様)

 減免は、通常は前年又は前々年所得によって判定していますが、国の修学支援新制度と同様、家計が急変した場合は、急変後の所得の見込により要件を満たすことが確認できれば対象とすることとし、現在具体的な取扱いを検討中です。

前期授業料の納付・減免申請等について

 前期授業料の納付については、5月中旬に5月末を納期限とする納付書をお送りする予定ですが、納期限までに減免、納付猶予(延納)等の申請を行っていただけるよう準備を進めています。詳細については、納付書の送付に合わせてお知らせしますので、しばらくお待ちください。

   
ページ先頭へ戻る