重要なお知らせ

令和2年4月9日

兵庫県立大学学生の皆さんへ(2)
緊急事態宣言を受けて

兵庫県立大学
学長 太田 勲

 日本においても新型コロナウイルス感染症の拡大が危機的状況となり、4月7日、政府は兵庫県を含む7都府県に対して緊急事態宣言を発令しました。それを受け、兵庫県は県内大学に対して発令期間中(~5月6日(水曜日))臨時休業するよう要請を出しました。

 本学では、その要請を踏まえて、学生の皆さんに本学HPやユニバーサルパスポート等で既にお知らせしているように、授業開始時期の再延期やキャンパスへの学生の原則立入禁止など苦渋の決定をしました。早期に授業が開始できることを願っていますが、現在は学生の皆さんの健康を守ることと社会全体への拡大防止を図ることを最優先しなければなりません。

 学生諸君には、このことを十分理解したうえで、自己の健康管理に一層留意するとともに、日常生活等において本学学生の名に恥じない適切な行動を心がけるよう訴えます。皆さん、この機会に自分の置かれている立場と社会的責任を改めて考えてみましょう。

 今回の決定事項で学生の皆さんに直接関係することは以下の3点です。

  • 前期授業の開始日を原則5月7日(木曜日)としました。
  • 5月6日(水曜日)までキャンパスへの学生の立ち入りを原則禁止にしました。
  • 第17回兵庫県立大学入学宣誓式を一旦中止としました。

※1. 国家試験の受験資格取得、その他に関連して、全ての履修学生が勉学に専念できる環境が担保できる科目については遠隔授業に限って認めていますので、一部の学部、研究科では4月20日(月曜日)から遠隔授業が開始されます。各自所属の学部、研究科の情報を常にウオッチするように注意してください。

※2. 論文執筆、その他研究推進上やむを得ない事情があるときは指導教員が当該学部長/研究科長等に申し出れば認められる場合があります。

※3. 4月6日に予定していた例年の宣誓式を、簡素化して4月15日に実施する予定にしていましたが、一旦中止として新入学生の授業開始に合わせて私の祝辞を動画配信する予定にしました。

 このように、皆さんには意図しない形で、一定の制約の下自由な時間が生まれました。この時間を如何に有効に活かすかが皆さんの将来に大きな影響を与えます。この状況を奇貨として教養を高めたり、語学や情報のスキルを磨いたり、これまで積み残してきた分野の勉強に取り組むなど、自己研鑽に努めることを希望します。

 なお、この間、皆さんが高いモチベーションを維持しながら毎日を過ごせるかということも心配しています。どんな些細な相談でも結構ですので心配なことがあれば、それぞれの学部/研究科の学務担当課まで直接連絡、相談をするようにして下さい。本学は学生ファーストを基軸としています。

 学生諸君の健康と社会全体の安全を祈りながら、各学部/研究科と連携して早期の授業再開に向けて努力したいと考えています。皆さんも頑張ってください。

新型コロナウイルス感染症への本学の対応【まとめ】
   
ページ先頭へ戻る