重要なお知らせ

令和3年6月21日

兵庫県立大学学生の皆さんへ(18)
~対面授業を順次再開します~

兵庫県立大学
学長 太田 勲

 本県を含む10都道府県に発令されていた第3次の緊急事態宣言は、沖縄県を除いて6月20日をもって解除されました。

 東京、大阪、京都と同時に発令された4月25日からの約2か月間、県の要請に応えて教育の質保証に留意しながらオンライン授業等を活用してきましたが、このたびの宣言解除を受けて、兵庫、大阪をはじめとする関西とその周辺地域の状況を勘案し、十分な感染防止対策を施した上で順次授業形態の基本を対面に戻し、より多くの学生がキャンパスで学友と机を並べて学べるようにします。

 しかし、新型コロナウイルスは、ワクチン接種が進んでいるとはいえ、まだ緒に就いたばかりですので集団免疫といえる段階に至るには時間を要しますし、新たな変異株も見つかるなど、まだまだ予断を許さない状況にあります。加えて、兵庫県は、引き続きまん延防止等重点措置の対象となっています。

 そのため、対面授業を基本とする授業形態に戻るに当たっては、本学として可能な限りの感染防止対策を取りますが、これには、学生の皆さんの協力が不可欠です。過去のメッセージでも伝えてきましたが、一人ひとりが感染防止意識をしっかりと持ち、自分だけでなく、周囲の人たちにも影響が及ぶということを十分考えて自らを律すると共に、各キャンパスの指示に従って行動することが求められます。

 昨年度から取り組んでいるオンライン授業については、DXが本格化する将来に備えて、より教育効果の高いデジタルコンテンツやICTの利活用等について研究を進めています。しかし、大学教育の心髄はキャンパスというアカデミックな空間で、教師から魂を揺さぶられるような講義を直接受けたり、実験や実習で感動的な体験をしたり、先輩や同輩、後輩たちと語り合い、議論し、切磋琢磨したりすることにあります。対面授業と課外活動の再開に向けた環境整備を急ぐ所以です。活気が戻ったキャンパスでしっかり学び、ニューノーマルの時代を切り拓いていく人材として羽ばたいてもらいたいと願っています。

 そのような充実した大学生活を過ごせる日が一日でも早く来るための対応策の一つとして、本学は新型コロナワクチンの職域接種をキャンパスで実施することを決定し、準備を進めています。強制するものではありませんが、接種可能な学生の皆さんはぜひワクチン接種をされるようお願いします。自分自身の予防のためにも、また社会全体の感染リスクを低減するためにも、現実的で有効な対応策であることを十分考慮してください。対面授業や留学など様々な可能性に溢れたかけがえのない学生生活の時間を、早く取り戻せることを願っています。

 現在、学生の皆さんと教職員の接種について意向調査を行っています。入力期限が本日(6月21日)となっています。最終的な希望は改めて確認しますが、文部科学省と厚生労働省にワクチン接種を申請するための大切なデータとなりますので、未回答の学生の皆さんは回答をお願いします。

   
ページ先頭へ戻る