重要なお知らせ

令和4年1月24日

兵庫県立大学学生の皆さんへ(23)
~感染急拡大の中で迎える学年末に向けて~

兵庫県立大学
学長 太田 勲

 学年末を迎え、学部、大学院の皆さんは定期試験のための勉学や卒業/修了に向けた卒業研究/特別研究のまとめと論文執筆に専念されていることと思います。知識を深め、学力を高める非常に重要な時期です。また、本学を巣立っていかれる方は、学びの集大成としてこれまでに修得してきた学問や苦労しながら取り組んできた研究の成果を論文にまとめ、後で読み直しても胸を張れる立派な卒業論文/学位論文を書き上げてください。勉学と研究に勤しんだ証として、きっと終生皆さんの心を鼓舞してくれるものと思います。

 さて、新型コロナウイルスは、過去2年間、一定期間ごとに変異と進化を繰り返しながら波状的に人間社会を襲ってきています。先週は、1日あたりの新規感染者数が全国で5万人を大きく超え、兵庫県でも3千人に近づく勢いとなり、関西3府県にも「まん延防止等重点措置」が適用される方向になりました。現在、猛威を振るっている「オミクロン株」は、感染力は強いけれど重症化しにくいと言われています。しかし、毎日の感染者数は幾何級数的な勢いで膨らんでいますので、重症化される方の絶対数も必然的に増えてきています。高齢者や基礎疾患を持つ方にとっては脅威となっています。私たちはこのことを十分認識して、慎重な行動をとらなければなりません。

 本学においても、新年を迎えた1月から本学学生の新規感染者数も急増しています。成人式後の旧友との会食、下宿やクラブ活動の友人との食事会等に起因した感染が多く見られます。これらのことについては、すでに副学長(学生部長)、副学生部長、学部学生部長の先生方を通して、皆さんに様々なお願いや留意事項としてお伝えしてきています。今一度しっかり確認してください。

 私からは、ただ一つ、兵庫県立大学の学生としての矜持とプライドをもって行動していただくことを強くお願いいたします。旧友や学友と交流することを否定するものではありませんが、常に社会のルールと自らの責任を自覚して、しっかりとした行動規範のもとで学生生活を送るようにしてください。

 皆さんとともに、未来に向け大きな希望を持って、雨上がりの明るい晴れの日を早く迎えたいと心待ちにしています。

   
ページ先頭へ戻る