新着情報

令和3年2月10日

本学の学部一般選抜を受験予定の皆様へ

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、本学が所在する兵庫県を始め、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府、京都府、愛知県、岐阜県、福岡県、栃木県に発令されていた新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が、3月7日(日曜日)まで延長され(栃木県を除く)、少なくとも前期日程(2月25日(木曜日))は宣言下での実施となりますが、本学の一般選抜については、文部科学省の定める「令和3年度大学入学者選抜に係る新型コロナウイルス感染症に対応した試験実施のガイドライン」に基づき、感染防止対策を講じたうえで、学生募集要項の内容のとおり個別学力検査等(2次試験)を実施します

 つきましては、各試験場における新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、自身も安心して受験できる環境を確保するため、以下のとおり要請いたします。(一般選抜募集要項の内容の一部再掲)

  • 1.医療機関での受診等

 発熱・咳等の症状がある受験生はあらかじめ医療機関を受診してください。
 また、他の疾患の罹患等のリスクを減らすため、各自の判断において予防接種を受けておくことを推奨します。

  • 2.追試験対象者

 該当する受験生は入学試験当日の正午(受付時間8~12時)までに、受験先のキャンパス学務課へ連絡してください。そのうえで、試験翌日の正午までに追試験申請書(別紙)及び医師の診断書や証明書等の提出がある場合、追試験を許可します。追試験の内容は募集要項を確認してください。

  • 新型コロナウイルス感染症に罹患し、試験日に入院中又は自宅や宿泊施設において療養中の者(感染の疑いがあると診断されている場合も含む)
  • 試験日が、感染者と濃厚接触した日の翌日から起算して14日以内であり、保健所等から濃厚接触者に該当するとされた者(ただし、下記3に該当するものは除く。)
  • 試験前日までに医療機関を受診しておらず、試験当日に37.5℃以上の発熱・咳等の症状があり、受験を控える者
  • ※ただし、試験当日に体調不良であること、又は体調不良であったことを証明できる試験当日中の医師の診断書等の提出ができる受験生に限ります。

  • 3.無症状の濃厚接触者への対応

 濃厚接触者であっても、以下の要件を満たす場合、申請を受け付けたうえで別室における受験を認めます。入学試験前日の正午までに受験先のキャンパス学務課へ連絡してください。

  • 初期スクリーニング(自治体によるPCR検査及び検疫所における抗原定量検査)の結果が陰性
  • 受験当日も無症状
  • 公共の交通機関(電車、バス、タクシー、航空機(国内線)、旅客船等)を利用せず、かつ、人が密集する場所を避けて試験場に行くこと
  • 4.試験当日における対応
  • 入学試験当日の朝に検温を行い、発熱していないかどうかを確認してから試験場に向かってください。37.5℃以上の発熱がある場合は、新型コロナウイルス感染症の可能性がありますので、必ず受験先のキャンパス学務課へ連絡し、受験について相談してください。
  • 各自マスクを持参し、試験場内では、昼食時以外は常にマスクを着用してください。ただし、本人確認において写真照合を行う際はマスクを一旦取り外していただくことがあります。
  • ※試験監督者をはじめ、入学試験に従事する本学教職員はマスクを着用して対応します。

  • 休憩時間や昼食時等において、他者との接触や会話を極力控えるようにしてください。
  • 各試験場においてアルコール消毒液等を設置していますので、試験室の入退出時等に手指消毒を行ってください。
  • 試験室の換気のため窓の開放等を行う場合があります。各自で温度調整できるような服装をして来場してください。
  • 昼食は各自で持参し、自席で静かに食事をとってください。食堂等の開放は行わず、当日学内で昼食を購入できる場所はありません。
  • 保護者等(受験生以外)の入構は原則認めません。
  • ★ 試験日の直前に実施予定会場のキャンパス内で感染者が発生した場合には、対象施設を消毒するなど可能な限りの感染防止措置を講じたうえで、予定された試験日に入学者選抜を実施することとしています。そうした事案が発生した場合には、予定どおりの試験実施に向けた消毒等の感染防止措置の対応を含めて大学ホームページでお知らせします。
   
ページ先頭へ戻る